カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » kokkyu » 護符。

護符。 (2012年8月28日)

前置きに意味はない。いつものこと。

仕方ないから、見ていられないから、悔しいから。
まぁ理由はそんなところ。
だから僕は護符戦の基礎の基礎を置いておく。 

拾うも好し、拾わぬも好し。

 

護符を購入するとき、のこと。

護符を購入するとき大切なのは、タイミングと購入量。 
土地のレベルが低いうち、連鎖が多くないうち、
自分の色の護符を必要な分量だけ購入するのが大原則

何連鎖で達成するの?LV上げは何回するの?

この辺りは、試合中に逐一計算しなくても、
試合前にあらかじめ計算しておけばいい。
何パターンか計算しておくと、試合中に迷わない。 

自分が護符についてハッキリ理解するまでは絶対に相乗りとかしない。 

※多めに護符を買う意味とデメリット

干渉等を受けることを前提に、終盤の伸び幅を確保する行動。
達成に対して過剰な利益を生むことで、
最終盤での有利を取ろうとする行動。
干渉要素が多くなると見越しての防御行動であると覚えておこう。 

ただし、余計な分量の護符を買うという行動は、
増資が遅れて相乗りされたり、スペルやクリーチャー、アイテム代が逼迫したり。

そこに費やした現金を回収するためにはやっぱり周回が必要になる。
端的に言って 時間を損失する と肝に銘じておく。

護符の過剰購入は同時にリスクも伴う行動。
勿論、コラプションやヒートインプなどに対して脆弱になるなど、
言うに及ばずといったところ。

 

護符を売却するとき、のこと。

護符資産を持ち続けることに意味があるケースもある。
しかし、基本的に護符は売却目的で購入するものと考えるべき。
護符を買って、土地のレベルを上げて、上がった護符を売ったお金で、
土地のレベルをまた上げるというのが基本的な護符マップでの動き。

50枚買った護符を、護符ボーナス欲しさにずーっと持ち歩いてる、
かわいそうな感じのセプターをよく目にする。
結果、高額を踏んだ時に護符を売っている……落涙を禁じ得ませんねぇ。 

 

護符を買うタイミング、のこと。

護符を買って、土地を上げて、護符を売って、土地を上げる。
この行動には根本的弱点が存在する。

はじめに護符を買った後、土地のレベルを上げるまでの間に、
不可避なタイムラグを挟んでしまうこと。
この間に、踏み、ドレマジ、コラプ他諸々の干渉を受けてしまうと、
大きく増資が遅れ、そのままドロップアウト……とか。

勿論、最初の護符を買う前に多額の現金を保持したまま
のこのこ聖堂に向かっているプレイヤーは、
格好の ドレマジの標的になる。

この辺りのフォローの方法も諸処編み出されている。
代表的なのが、先上げトランスという手法。
ただし、今作はランドトランスがやや弱体化しているので、
旧作ほどの爆発的な威力を叩き出す程の威力はない。

が、連鎖の構築しやすい広めのマップでは相変わらず、
有効な手法の一つになるので覚えておく。

 

※先上げトランスの手法

まず護符を買う前に土地のLVを上げてしまう。
(場合によって10枚程度買う)
5~6連鎖を確保し、聖堂の近くでランドトランスや通行量などを利用し、
LVアップした土地を手放し安くなった護符を購入する。
このとき再度レベルを上げるための現金は残しておき、
すぐさまレベルを上げる。

このとき大切になるのは、聖堂の近くに拠点の候補を用意しておくこと。

 

今回はこのくらいで。

 

聖堂は嘗て僕のラストリゾートであった。
聖堂は事故らないから。
運の介在する余地が、聖堂にはなかったから。
ダブルディーラーなるクリーチャーが現れるまでは。

 

 

0

この記事への反応

  • bubon (2012年8月28日)

    勉強になります。先上げトランスを初めて知りました。護符戦の強い人は、こういう事を考えて戦ってるんですね。

    私は、東エリアと西エリアの左右を間違えない事以外は考えてませんでした。

  • kokkyukokkyu (2012年8月28日)

    >>ぶぼんさん
    コメントあざーっす。

    もっと一足飛びにカルドセプトのいろんな戦術を知りたいなら、
    16bitsさんが管理する「重力制御」というサイトを熟読するとよいです。
    3DS版への対応はまだ未定みたいですけど、
    初級セプターに必要なほぼ全ての内容が網羅されています。

    っていうか、重力制御を読み込んでる人に僕の文章なんて不要なんですけどね…。

ユーザー情報

kokkyu kokkyu
4725-7896-6271

さしてつよくもなく ひどくよわくもない。カルドセプト恐怖症の歌うセプター。余談ですが僕はLoveボタンが嫌いです。押すくらいなら、コメントを。

このユーザーの最新の記事

このユーザーのリンク集