カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » kokkyu » ドレインのはなし

ドレインのはなし (2017年7月27日)

頭文:ドレマジはやめてマナを入れよう!


下水道セプターのみなさま、こんばんは。

前回はドレインマジックに存在する歪みを照らしてみた。
が、正直あれはやり過ぎというか、あれに着眼してプレイング構築や
システム構築を引き出せるならそもそもかなり上手いプレイヤーでしょう。

(というかドレイン上手いプレイヤーはカルド上手いプレイヤーなのでは?)

具体的に歪みを実際に利用するのは、構築軸とプレイ軸の両方。
とくに他のカードとの「挟み込み」を意識する場合、重要な指針になり得る。
(カルドセプトの経験が長くても、この辺を意識してるプレイヤーは少ないような気がする)
(この辺のコントロールに長けてくると、単なるカードのぶつけ合いよりさらに深いカルドになる)

さて、わたしは動画観戦勢で殆ど実戦はやらないんだが。
動画見ててちょっと気になるというか…ドレインマジックの使い方については、
凡そちゃんと分かってるプレイヤーが少ないように思う。
(観戦中にちっがーーーーう!って叫ぶのは、概ね、ドレインの撃ち先や保持の判断である場合が多い)
(完全に思考が老害なんだが、個別の試合に口は出さないので、野球の観戦みたいなものだと思って欲しい)

上級者の言う臨機応変に対応とかいう言葉は、初級者や中級者にとっては猛毒
ただブックに放り込んでおくだけなら、マナ等の増幅にしておいてくださいと心から願う。

(この点に限って言えば、もっちー氏の過去発言「使えないならマナいれとけ」を全面的に支持する)
(カルドセプトのブックにテンプレートは存在しない)

(汎用ブック、などという発想は基本愚考。ランダムにマップが選ばれるレギュレーション向けの発想)
(まぁ尤も、汎用ブックなどと言い出す輩は私のテキストなど要らんやつなんだが)

毎度だが前提知識として、過去DS版の重力制御のドレイン項程度は
読んでいる事を求めることとする。


ドレインマジックに関しては大いなる誤解が存在する。

というのも、
・妨害と収入を同時にできるの強いから
・踏みに備えたいから
・トランスに備えたいから
だからドレインマジックを入れる、入れなければ不安、
という考えが未だに罷り通っているように思う。

声を大にして言おう、
収入と攻撃とを両方できるから強いというのは誤解だ
踏みとトランスに備えて持つというのは有効な状況が相当限定される
あと、ドレインマジックの持ち運びは相当重い。対応力の高いカードではない

そして、ドレインマジックをやたらめったら保持すると、
現金の保持が抑制、土地への投資が促進され、
結論としてはLV4が増産されて踏みゲーの度合いが高まる。
もしものためのドレイン保持が踏みゲーを引き起こしていることを知るべきだ。


ドレインマジックをブックに入れる目的は、基本的には、
・現金をほぼ全額持ち歩く戦術
・天然トランス戦術
・LV5トランス戦術
に対するアンチとしての採用である。

以下の発想を目的にすると概ね威力が減退するか、
不合理な選択を引き起こしやすい。

どの選択にせよ、ドレインマジックの保持や投入は、
現金輸送を抑制し、土地への投資を促進し、結果として踏みが発生しやすくなる点を
十分に理解して運用せねばならない。

・LV4トランス戦術
これはドレインマジックでは十分に対応できない。
11145の状態からであれば、4を売って5を作ることで隙をほぼ消せてしまう。
或いは11144の状況であれば4を売却して1145とし、次の周回ボーナスで1155としてもいい。

・踏みに対する備え
これはよく見る「もしも踏みがあったらと考えてドレイン保持」というやつ。
実際には誰が踏むかは長期的には運任せなので、順番にかなり左右される。
うまく当てることが出来ても踏みがLV5であればドレインのみで止めるほどの威力はない。
更に今回のリボルトでは投資が即座に可能で、過去作よりさらにタイミングがシビア。
むしろ高額踏みから自分もおこぼれを貰って並走できるようにという程度の効果しかない。
踏みに備えてドレイン保持し、高額乱立で踏みを誘発するのは本末転倒。

・つよいマナとしての運用
得られる金額ベースにしてマナ相当で考えると(50G↑は50G以上へのドレインの行使を意味する)
1周目50G=434G↑にドレインを当てることでマナ程度の収入を叩く。
同じく2週目100G=600G↑
3週目150G=767G↑
4週目200G=934G↑
一見すると相手の魔力が減って自分が儲かっているのでこれは非常に強いように思える。
が、相手の魔力が上記の条件を満たすタイミングを狙わねばならない点を考えると、
自分の達成速度に寄与しようとすれば、なかなか難しいということが分かる。
つよいマナとしての運用は、現実的ではない。
(他人をいくらイジメても、自分が勝ちやすくなるとは限らないのがカルドだ)
(足し引き干渉についての計算は重力制御にあるので割愛する)

概ね、ドレインマジックよりその他の汎用性の高い増幅を入れた方が、速度に寄与する。


逆に、ドレインマジックが世の中に全くなければ、
天然トランスorLV5トランス天国になってしまう。
この状況は相当ゲームの展開が早く、最速16R程度でゲームが終了してしまう。
普通のブックは16Rで上がるようには設計されていないので、
ここには介入が必要となる場合が多い。


他にもドレマジ論はいっぱいあるけど、そのうち重力制御がリボルト対応したら、
この項目は要らない子になると思う。

 

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown