カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » たまちょん » 2018/10/27(土)第1回ブリードの極み(ナンバー8対戦会)

どうも、たまちょんです。
10月の代々木リボルトを終え、使用率の低いカードやブリードドラゴンの可能性を探りたく思い、「ブリードなし」以外のフロアルールで4人対戦の会を企画しました。

事前アンケートやTwitterでのブリードドラゴンの評価より、現時点では1dayトーナメントほど人を集めるのは難しいと判断し、ひとまず対戦会という形でスタートすることにしました。急な募集にもかかわらず、第1回は私含め4名のセプターが集まりました。キセノンさん、グリッサンドさん、かめさん、ありがとうございます!

■第1回 2018/10/27(土)ナンバー8対戦会

・フロアルール「1枚制限」…ブリードカード(レアリティE)は2枚入れることができます。
・ナンバー8 8000G 30R 60秒

・その他詳細は twipla をご参照ください。

■対戦結果
優勝者はたまちょんさんです。おめでとうございます!(自演)

キセノンさんのご厚意で動画を配信してくださいました。
ありがとうございます!
https://www.twitch.tv/videos/328032325

■使用ブック(敬称略)
・たまちょん「風ハイランダ」
ブリード1…80/35 年齢の力:火地斬鉄、ブリード2…年齢の力:水風斬鉄


・キセノン
ブリード2体とも 80/80 火 先制:魔力奪取

■参考情報
ブリードドラゴンの育成(アールさんの記事)
2017/8/12 アールさん主催 ブリードあり3人大会(ナンバー8/ナチュラル)
2017/8/26 ひろよしさん主催 ナンバー8大会 → 結果

■次回予定

優勝者特典に下記の決定権があります。折を見て次回の開催を決めたく思います。
・開催日
・フロアルール
・ブリードに関する規定
・マップ

■あとがき

・「ナンバー8」所感

一本道やモーフ土地が多く、上手く連鎖を組んだ水や地のラントラ入りブックが強いと考えます。交差点以外は侵略を受けづらく、手札の防具を守ってネガティブ呪いに気をつければ十分逃げ切りが可能なマップという印象です。しかし後述のフロアルール「1枚制限」では安定した走りが難しく、今回のレギュでは侵略要素を兼ね備えたブックが強いと考えました。

・「1枚制限」所感

4積みがほぼデフォルトとなっているギフトやリープが1枚になり、手札事故や高額土地の回避が難しい可能性が高くなりそうです。ドレインマジックやフラクシオンの魔力干渉系、マジカルリープやHW8の移動系、バインドミストやシニリティなどのネガティブ呪い、各種ドロースペルなどをバランス良く採用するのが、なんとなく安定しそうに思えました。特にブリードのメタとなるターンウォール、スクイーズ、クラウドギズモなども1枚限りにつき、ブリード無双する未来が予想される…と考えていました。

・実際の対戦

みなさんブリードの育成に余念がなく、神龍がかすむスペックの怪獣たちが跋扈する対戦になりました。何より対処札が限られているため、一度出してしまえば場を制圧してしまいます。特に高HPの防魔ブリードはどうしようもないレベルでの堅さでした。何はともあれ、皆さん1体以上はブリードを配置し、ST80が行き交う地上戦を堪能できたことと思います。

試合の流れとしては、10R辺りまででみなさん順調にクリを配置、LV4が乱立する場となりました。中盤、たまちょんのヨーウィLV5天トラ現金をキセノンさんがフラクシオンして有利になるも、干渉が集中し逃げ切りづらい感じに。LV5マスターモンクに踏みが入り、たまちょんが有利になります。最後はバイミスからの直踏み侵略であわやと言う場面でしたが、スペクターローブが忖度してLV5トルネードが防衛成功、そのまま決着がつきました。

ナンバー8らしい対戦会になり、当方の所感もいいところを突いていたように思います。また次回も開催したいと思いますのでよろしくお願い致します。

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown

ユーザー情報

たまちょん たまちょん
@tamasher1
0259-0878-7021

カードゲーム出身のセプター。カルドセプト歴はEXplus1年とリボルト2年。ブックカバーとブック名は妥協するべからず(戒め)。

このユーザーの最新の記事

このユーザーのリンク集

セプタータグ(Revolt) 静的

セプタータグ(Revolt)静的 設定なし