カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » Rai-ta » ラストリボルト祭りに参加しました

皆さまお疲れ様でした。
簡単ですが、個人的なログを

今日のメイン役割 

先日の記事でも書かせてもらいましたが、今回はプレイヤーとしてではなく、
運営側として参加させてもらいました。

木曜日に突発的に発生した、打ち上げ会場下見会にて、当日はアナウンスと全体的な仕切りを任されました。

心がけたこと 

りちょさんのことをよく知っている人からすると「え、なにこの真面目キャラ???」と思われたかも。
今日はとにかく「ゆっくりしゃべる」「丁寧にしゃべる」「(なるべく)断言する」を心がけて話しました。

オフ会初心者の方(がいらっしゃるかも?)が、内輪の会みたいな流れができて、その中で孤立してしまわないよう、
自分は中立の位置から、情報を適切に流す、というのを心がけようと思いました。(一部肩入れしていた部分もあるかもですがw)
特に今回は、りちょさんのことを知らない人が多い会でしたので、変なところでフラストレーションを溜めてしまわないように、というのがありました。

取りまとめて感じたこと

普段からイベントを回しているわけでない方々の、言ってしまえば寄せ集め、なので、最初はちょっとだけあたふたしました。
起こったできごと、と判断。
1. 切断が起きてしまったんだけど、どうするんだっけ? → 10R過ぎてるのでAIの成績を採用!
2. 差し入れで飲み物をいただいたんだけど、コップがない。。。 → 紙コップとマジックを買ってきてください。お金は部長がきっとなんとかしてくれる!
3. 卓の読み上げが大変だぞ。。。。 → おお!こんなところに実物投影機が!これを使おう!!!
4. 部長のMacがスリープしちゃって集計できない!! → 部長の試合が終わってからパスワード解除してもらおう

部長さんの前準備がよかったおかげで、解決しにくいトラブルもなく、運営は楽々でした。

りちょさんリザーバ登録への系譜

今回は、部長の3DS本体、カイチさんのネット未経験ROMを借りるという感じでブック作りからの参加。
謎のブリードドラゴンというものを知り、ここで初めて、今回のレギュレーションでの禁止がグリードではなく、ブリードであることを知る。

まずは適当にブックを作り、ラクーン、、、ない。
ROMにマップがDLされておらず、やむなくゴールドバグを回して調整。

その後、野良試合を受けてくれたフィラさんと対戦、、、できない。
本体に更新パックがなく、、、、

WiFiがなく、、、

本体のバージョンが低く、、、

カルドセプトでの対戦は、大変だなぁ。。。。
# テザリングさせてくれたフィラさんありがとうございました。

対戦!!

ブックはこんな感じ。ラマで移動を制御しながら、本線が水、競り負けた時には風で連鎖を組んで、多分属性石使えば、3連鎖くらいでも上がれるだろう、という発想のブック。マジカルリープをHW6に換えて、後半の踏み期待も込めた構成に落ち着かせました。

はじめてのリボルト - noya
ティラノサウルス1カタパルト1インフルエンス2
デコイ1ストームスピア1ウォーターシフト1
リビングアムル1バタリングラム1エスケープ1
G・イール1ゴールドグース1クインテッセンス1
アプサラス2 ターンウォール1
カイザーペンギン1 ドレインマジック2
シーボンズ1 フライ1
ゼラチンウォール3 プロフェシー1
ブラッドプリン3 ホープ3
ヘルグラマイト1 マジカルリープ2
リリス2 メタモルフォシス1
ナイト2 リミッション1
ホーリーラマ3 ピース2
ヘイスト3
ホーリーワード82
クリーチャー22アイテム4スペル24
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

誤算1: 属性石の価値変動が思ったより違う。
買った、上がった、増えたというイベントにのみ反応し、土地の総価値に依存しない、というのが、どうも肌感で捉えきれず。
購入単位が50Gから(護符の5倍)というのもつかめず、うまく使いこなせていなかった感

誤算2: 打点が思ったより高い
自分の感覚だと、80点(HP50+Lv3)がかなり硬い方なのですが、アイテム込みで100点程度の打点があり、結構誤算。

誤算3: ダウン状態が思ったより解除されない
周回直後においたクリーチャのダウンが解除できず苦戦することがチラホラ。

誤算4: 城がない
ラクーンではS砦周りでの動き。S砦を最後に回った場合、S→Sと回ることに意味があるとわかったのはゲームの途中。
ゲートの通り順というのがかなり重要だなと思った。

顛末

対戦相手はアワユキさん(風)カイチさん(風)ヤドゥさん(謎)

初手にクリーチャ3枚、プリン、ラマ、ヘルグマライト。初手のダイスでプリンを水におくことができ、幸先良いスタート。。。と思いきや、直後のヤドゥさんのクラスターバーストを被弾し、プリンが即死。
これによりヘルグマライトの配置条件を満たせないターンが3ターンほど続き、かなり辛い展開に。ぐぬぬ。
仕方ないので周回して属性石を買いたいところで、スピードペナルティというカードについて尋ねる。

  • これは、一番遅い人から吸うんですよね?
  • いいえ、一番早い人から周回数の差分吸います

むむむ。
この後、3回スピードペナルティを被弾することに。(最後は6周差で600G)

この後も、テンポが取れず。無念の4位。
結果

反省

カードを知らないとはいえ、周回差を参照するカードを見た以上、周回ペースを落として行くべきだった。
結果、風を止める抑止力がなくなって、追いつけなくなったという感じ。
20Rあたりでこの判断ができていれば、最後の1発は別の人(多分カイチさん)に当たっていたと思う。
場を読む力が圧倒的に落ちてる。

総論

試合は残念ながら力及ばず、でしたが、トータルとして楽しむことができました。
主催のウェザリング部長、半年くらいに渡る企画お疲れ様でした。

当のりちょさんではありますが、これを機に、リボルト参戦!、、、ということは、やっぱりちょっと無く、
都合があうイベントがあれば参加するかもなぁ、という感じです。

Twitter見ていればわかると思いますが、カルドセプトに限らず、MtGやボードゲーム、楽器(サックス)、場合によってはプログラミングなどに造形がありますので、
カルドセプトに限らず、また誘っていただければ、幸いでございます。

こんな感じで。

特にオチも無く終わる。

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown