カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » hydechandayo » ライトフロア覚書【年末年始は9万字】

あけましておめでとうございます。

最近は、カルスタが集まらないので、気が向いたときにライトフロアに潜っています。

4人戦8,000Gと3人戦7,000Gは全く違うゲームという認識を持ったので、思考を整理することにしました。

結論から言うと、【コストを意識したブック構成・プレイングを徹底したい】ということを言葉を変えてつらつらと書いていきます。

興味のある方は続きをご覧ください。

■周回ボーナス
(m,n)=(周回数,領地数)とする

○シンプルブランチ・ミドルサークル
100+10(m-1)+30n
○スパイクス・ロングホーン・イン・ヤン
120+12(m-1)+30n
○ツインリング
150+15(m-1)+30n

8,000Gに慣れたセプターが7,000Gに取り組むにあたって、必要な連鎖数が1少なくて済むということで、四人戦に比べて早上がりも可能なのではないかと考えてしまいがちです。

しかし実際のところ、領地ボーナスが4人戦に比べて少なく、またゲートボーナスも少ない魔力の捻出しづらいマップが多いことから、早上がりには結構苦労することになるのではないかと思われます。

特にシンプルブランチでは、その傾向は顕著で、周回したにもかかわらず手持ち魔力が300Gも増えず、思ったように伸ばせない・ほとんど全てのクリーチャーがダウンしてしまっていて踏みに期待しないと最後のアクセルが踏めないということになりがちです。

そのため、2022年1月現在では、この問題をバンディット、アマゾン、ウィッチ、ドワーフマイナー、500G獲得系の密命カードで解決しようとされている方がいらっしゃいました。

■シャッター・バリアー
ライトフロアで最も評価しているカードです。

3人戦の特性上、干渉を低コストで捌き切るための手段としてこれ以上有効なカードは思いつきません。

バリアーは残り二人での潰し合いを促進するカード、シャッターはバリアーで捌ききれなかったカードを処理します。

なお、4人戦では評価値の高いセフトはアイテム類を捌ききれず、なおかつドレインマジックの提示時間が比較的短めになりがち(基本的に魔力が足りず、現金の補填としてドレインマジックが使われることが多い)なので、セフトを手札で持て余すことが多くなると思われます。

■不屈・リリーフ
周回ボーナスが期待できない&マジカルリープでの周回短縮メリットが得られにくいマップが多いということで、投資したい土地がダウンしているため投資先できないという状況が頻発しがちです。

これらを解決する低コストのカードとして、不屈とリリーフが強いと考えました。これらの要素はバインドミストやシニリティなどのネガ呪いの機能時間を1Rに抑えることが出来るため、防衛の面でも見かけ以上に幅広い使い道があったりします。
※たとえば、バイミスのかかったクリーチャーをノーチラスに交換するには80G必要だが、リリーフで配置済のノーチラスと差し替えるのは30Gで済む

特にマカラ+リリーフの組み合わせはウォーターシフトに頼らずとも高速での連鎖形成や、天トラを意識した魔力調整を可能にしており、速度とコストの節約に大きく貢献します。
※過去記事のどこかにも書いてあるような気もする

■ギフト
コストの面からも3人戦でも入れ得カードです。2位以下で使用できれば、実質ノーコストでカードを引くことができます。

■ブック

ライト水2 - hydechandeshita
リビングアムル2エンジェルケープ2ウォーターシフト3
G・イール2ストームシールド1ギフト4
G・ノーチラス3リアクトアーマー2シャッター4
アクアデューク2ウォーロックディスク1ドレインマジック2
イエティ1 プロフェシー1
フェイト2 マジカルリープ3
マカラ4 ランドドレイン3
ミストウィング3 リリーフ2
バリアー3
クリーチャー19アイテム6スペル25
解説が思いつきません

クリーチャーとアイテムとスペルの枚数を見ただけでなにをしたいかはっきり分かります
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

以上の発想を基に作成したブックです。

派手なカードは採用されていませんが、動作安定性も高く、即興性の高いプレーも可能で、使い込むほど味が出るブックかと思います。

レディビジョンやアステロイドの引き打ちには対応できないですが、ポイズンマインドを採用して未来予知するよりは、やるべきことが他にあるので、対策を断念することにしました。

以上

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown