カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » hydechandayo » 【オフレポ】2019.10.05 町田カルドセプトオフ

どうも、カルドラリーグ3位ひでちゃんです。

10月5日(土)に東京での予定があり、町田オフに参加してきました。

直前にサンダーさんの名前が追加されてちょっとテンションがあがりました。

〇推奨マップについて

Ⅰ.ダイヤモンド(タワー)

マップが広くてグローブが伸びやすい。さらに司令塔にアクセスしやすいため、基本的にはどこでも落ちると考えた方が良さそう。

N砦の付近をどうやって踏まないようにするかも、技量が問われそうです。

 

Ⅱ.ロングアーケード(ストーン)

 

魔法石あり、マップが広くてグローブが伸びやすいですが、きちんと伸ばす場所を考えれば、侵略に対しての警戒度はダイヤモンドタワーに比べては落としてもよさそう。

なんと、このマップは複属性とモーフしかない(!)ので、アイディア次第では色々面白いことが出来そうな面白そうなマップです。

分岐次第で周回歩数が大きく変わるのでリモートスイッチもワンチャン!?

 

カルドラリーグの熱も冷めやらず、またロングホーンリーグも始まっており、誰も練習に付き合ってくれなさそうだったので(付き合ってくれなかった)、今回は方向性だけ決めてぶっつけで対戦することに。

 

推奨のマップの癖が強すぎる…

 

〇用意したブック

〇ダイヤモンドタワー

Ⅰ.風紀を守れ

風紀を守れ - hydechantikusho
リビングアムル1ウォーロックディスク2エアーシフト3
リビンググローブ3グレムリンアイ1ギフト4
ミストウィング4ストームアーマー1シャッター1
キリン2スペクターローブ1スニークハンド2
グレムリン2トパーズアムル1セフト2
テュポーン3 フラクシオン2
ナイキー2 プロフェシー2
マッドハーレクイン2 ホーリーワード83
ランドドレイン3
リミッション3
クリーチャー19アイテム6スペル25
タワーを想定。

スパイダー用のブック、tedloaさんのpressがベースでダイヤモンドタワーの特性に合わせてチューニング。

〇クリーチャー比率の変更
ダイヤモンドタワーはそれなりに土地数があり、序盤の置き負けが勝敗に直結しないため。

〇手札破壊カードの枚数の変更
広いマップであり

++++++++++++++++++++
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

Ⅱ.風紀を乱せ

風紀を乱せ - hydechantikusho
リビングアムル1グレムリンアイ1エアーシフト3
リビンググローブ4ストームアーマー2ギフト4
バードメイデン1ナパームアロー1スニークハンド3
ミストウィング3ブーメラン1ドレインマジック1
グレムリン2リアクトアーマー2バインドミスト2
テュポーン4 フォーサイト1
マッドハーレクイン4 フラクシオン1
ホーリーワード84
メタモルフォシス2
リミッション3
クリーチャー19アイテム7スペル24
タワーを想定。

レイピアさんの風への諦念をベースにダイヤモンドタワーの特性に合わせてチューニング。

ブック自体が3年近く前に公開されたものであり、環境の進展に合わせてカードの組み合わせを変更しています。
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

ミストウィング入りの風本を2冊用意。

「風紀を守れ」はtedloaさんの「press()」をベースに、手札破壊を攻守に転用できるスニークハンドを搭載した形。

「風紀を乱せ」はレイピアさんの「風への諦念()」をベースにしたもので、上のブックよりも侵略に寄せた構築。一卵性双生児のブックを作ることを意識しました。

北側投資からの踏み狙いが強いので、足廻りはマジカルリープではなく、できるだけ北側の一本道を通らずに、動線を自由にできるリミッションと定点確保のホーリーワード8(&ホーリーラマ6)。

 

〇ロングアーケード(ストーン)

Ⅰ.波動の勇者

波動の勇者 - hydechantikusho
リビングアムル3スフィアシールド2インフルエンス2
リビンググローブ3グレムリンアイ2エスケープ1
バードメイデン2 ギフト4
マカラ4 プロフェシー2
グーバクイーン2 マジカルリープ4
スクリーマー2 ランドトランス3
マッドハーレクイン3 ランドドレイン4
リモートスイッチ2
リリーフ1
ロングライン2
バリアー2
クリーチャー19アイテム4スペル27
ストーンを想定、不屈を多めに搭載し、いつでも地変やトランスを仕掛けたかった。

モーフがあることを考えれば、属性は絞った方が良いことに気が付いた。
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

Ⅱ.ヌーンのヨガ

ヌーンのヨガ - hydechantikusho
リビングアムル3ワンダーチャーム3ウォーターシフト2
アンダイン4 エスケープ1
ヘルグラマイト2 ギフト4
マイコロン2 タイニーアーミー2
マカラ4 ドレインマジック2
ルーンアデプト3 フォーサイト1
マジカルリープ4
メタモルフォシス2
ランドトランス2
ランドドレイン4
ヘイスト3
マスファンタズム2
クリーチャー18アイテム3スペル29
ストーンを想定。火ブックなし水被り(2~3)の場を想定し、速度勝負に持ち込みます。

このマップではマッドハーレクインやマーシャルモンクにチャリオット等を絡めることで実質マカラとして運用できるので、速度で置いていかれないように構築しています。

このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

「波動の勇者」はとにかく強いと思ったクリーチャーを詰め込みました。

ブックタイトルは、不屈の心を持った某ポケモンのイメージはもちろんですが、リモートスイッチに強い波動を感じことから名づけました。

「ヌーンのヨガ」は実際の対戦を通してブラッシュアップしたものを公開。このマップは連鎖が比較的容易に組めるので、アンダインは当然強いよね?という発想です。

どちらの本にもマカラを4枚採用していますが、これは、スペル行使機会に連鎖を増やす要素として、モーフがたくさんあるマップでも特A評価してもいいカードと考えたからです。

リリーフがあれば、モーフ土地にもマカラを気軽に配置しやすくなります。

 

〇1回戦:ダイヤモンド(タワー)

オフ会場に到着し、主催のたまちょんさんにご挨拶したところで、開始時刻となり、早速対戦へ。

ピートロさんはオフ会初参加との事で、「普段はライトフロアメインで活動をしています。カルドブログ等で情報収集をしていて、今回、関東でのオフ会の存在を知り出てみようかなと思いました。」とのことです。

限界集落のカルドセプト村ですが、こうして新しい方が来ていただけると嬉しいですねえ…(仙台から来たやばい人と思われてそう、実際やばい人)

同卓はヌーンさんと、npz(サンダー)さん。いきなりガチ卓に放り込まれて可哀想と思いながら、いざ、対戦!

使用したのは、【風紀を守れ】。

ピートロさんは火、ヌーンさんは地、サンダーさんは(!)。

サンダーさんが火の侵略本を使うところを見るのは初めてなので面食らいました。

出足からヌーンさんが好調で、6連鎖+1,000G以上の現金+スペルラントラと走るための要素が全てが揃いサクッ上がれそうな展開になります。

しかし、ピートロさんのブックにはフレイムデュークやターコイズアムルなどのカードがあり、ヌーンさんの投資を牽制しながら、たくさんの土地を取っていきます。

サンダーさんは、ティアマト+バイミスを手札に抱えていたり、ひでちゃんもテュポーンムラサメ(スニークハンドでサンダーさんから盗んだ)・グレムリングローブ等の侵略要素を握っていて、重たい展開になります。

N砦付近に土地を抑えたヌーンさんがほか3人を踏ませられるタイミングでレベル5に投資し勝負に出ます。しかし、これで決着するほど勝負は甘くなかった…

 

ひでちゃん、神ダイスで回避しながら、比較的安全そうなナイキーに増資。

 

サンダーさん、バイミスを絡めて横付けのティアマトで侵略しレベル5を奪取。

 

ひでちゃん、マジカルリープを使用し司令塔に突っ込み、グレムリン+トパーズアムル使用でサンダーさんが奪ったレベル5ティアマトを奪います。

 

その後に奪ったレベル5の火土地を、サンダーさんとヌーンさんに踏んでいただきました。

 

踏みも絡んだ胡散臭い勝ち方でしたが、そうでなくても風5-1-1-1&火5-1-1の複属性連鎖を組めており、面白い勝ち方ができました。

 

〇2回戦:ロングアーケード(ストーン)

たまちょんさん、ergoさん、ピートロさんとマッチング。

たまちょんさん水、ergoさんバードメイデン入りの火、ピートロさん地。

使用したのは【波動の勇者】。

バリアーを採用しており、HW系統で周回を短縮できないので、リモートスイッチによる周回短縮を試みています。

リモートスイッチは分岐スイッチがないマップでは1枚ドローの効果があり、ブック復帰までついているので、カルドセプトリボルトにおける唯一の「ブック復帰するドローソース」ということになります。

それに気づいた参加者一同喝采(どうやって使うんだ…)。

ということで、リモートスイッチの強さを見せるべく、試合開始…!

 

たまちょんさんが、即時売買やマイコロンの連鎖獲得を絡めながら、ぐんぐん伸びていきます。

ergoさん、ピートロさんも軽いクリーチャーで固めていて、かなりの速度が出ています。

 

ひでちゃんもリモートスイッチを手札に抱え相手の周回方法を牽制しますが、どうも役に立ってないので、違う話をしているときに、そっとディスカードします(ディスカードも誰にも気づかれない)

 

マカラが2枚引けたのでで連鎖を組みますが、やはり色が合わないので連鎖がなかなか取れない。

 

中盤以降は、高打点のグローブグレムリンアイをチラつかせながら走りに行きますが、どう頑張っても手数が足りません。

 

最後の詰めでたまちょんさんがマイコロンに投資。 5-4-4-1-1の形を狙いに行きます。

 

ergoさんが達成を止めつつ空き巣を狙うためにそのマイコロンレベル4にエグザイルを打ちます。

 

だが残念、隣にはひでちゃんのマッドハーレクインが!

移動して空き巣に成功、ひでちゃん5-4-4-1-1の形に。

 

しかし、ゲームはすぐには終わりません。

 

次ラウンド、たまちょんさんが、ひでちゃんのレベル1マッドハーレクインを踏み、カイザーペンギン+リビングアムルで侵略、連鎖を削りに来ます(これで5-4-4-1で8,000には届かない)。

 

だが、隣にはマカラが…!場には2体のマッドハーレクインが配置されており、HPが20伸び、マッドハーレクインは生存します。

 

このまま入城に成功し、勝利を納めました。

 

たまちょん「チクショー!」

 

 

〇ランチ

せっかく東京に来たので美味しいラーメンとかを食べたかったのですが、ヌーンさんオススメのカレー店があるというので、そこでランチ。

皆さんご存知、CoCo壱番屋っていうんですけどね?

 

そこで、ヌーンさんが新しく買った財布を自慢してました。

「財布買ったよ!いいでしょ!?」

ヌーンさんの赤のイメージにすごく似合ってると思います。

 

ヌーンさんは最近仕事が忙しくヨガをサボっているそうです。

カルドセプトばっかりやってると、健康に悪いぞ!

 

saikoさんが午後から参戦するかもしれないというので、なのさんと3人でドミニオンでもやろうかという流れに。

結局saikoさんは来れず。また遊びましょう!

 

 

〇3回戦:スパイクス3人戦

こっきゅんさんとサンダーさんとスパイクス。

ジャンクションをやろうと思ったのですが、3人では若干広いマップということになるため、スパイクスに変更になりました。

ブックはendさんの「フラセンス」を軸にしたものを使用しました。

 

こっきゅんさん地、サンダーさん風、ひでちゃん水。

 

サンダーさんはグレムリンによる侵略要素があるものの、さっさと拠点化してしまいグレムリンによる侵略はそこまで警戒しなくてもよさそうな盤面になりました。

サンダーさんが早かったものの、こっきゅんさんの連鎖切りによって、達成にはあと連鎖が1必要な状況になります。

そんな中、ひでちゃんがフラットランドをしっかり決め5-3-3-3-3-1の形に。達成18R。

こっきゅんさんがブラックナイトを採用しており、対戦中ずっと頭に引っかかっていましたが、採用理由を聞いて腑に落ちました。

 

〇4戦目 ロングアーケード(ストーン)

tedloaさん、サンダーさん、フィラさんと同卓。

先の試合ではリモートスイッチの強さを実証出来なかったので、リモートスイッチを採用しないブックを使用することにしました。

使用したのは【ヌーンのヨガ】。

ヌーンさんに今後はヨガをサボらずに、イケメンを維持して欲しいという強い気持ちをブックタイトルにしました。

ヌーンさんこの卓にいないけどな!

蓋を開けると、サンダーさん風、tedloaさん水、フィラさん多色。

初手からミラーワールドが起動し物騒な展開になります。tedloaさんはヨガ(アンダイン)入れてるわけないし、アンダイン伸ばせば大丈夫やろ…

それぞれが、ミラーワールドに気を使いながらクリーチャーを配置していきます。

 

ランドトランスは手札に来ないものの、早上がりを目指して11Rにマカラをレベル5に投資。

次のラウンドでは、tedloaさんのマカラを奪うことで場のマカラを1匹にすることに成功します。

 

その後、tedloaさんが四連鎖からラントラを仕掛け速度勝負に。

サンダーさんのレベル5ヨーウィも誰か踏みそうな状況でもありましたが、誰も踏まず危機を脱します。

 

ミス(*)や、胡散臭いダイス12もありながら、最終的にはたくさん踏んでもらって勝利!

 


*終盤に連鎖をあと1つ組み込めばあがれるteldoaさんをがんじがらめにするために、土地3つのtedloaさんにランドドレインを仕掛けた場面がありました。

ここは一番土地を持っていた人にランドドレインを打ち、周回ボーナス込みでレベル5をもう一つ作ったほうが数ラウンド早上がりできたようです。

周回ボーナスまで把握して立ち回らなければならないことを痛感しました。

 

○5回戦 ロングアーケード(ストーン)

なんとここまで負けを知らずに来てしまいました。

 

敗 北 を 知 り た い。

 

最終戦は、今日初対戦のなのさん・アワユキさんと、本日2回目のロングアーケードのergoさん。

 

先ほど、ergoさんはヌーンさんはタイマンでボードゲームで遊んでおり、お二人の素敵な笑顔が見ることができました。

tedloaさんがお二人でボードゲームで遊んでいることに気づき、「よく見ているなぁ…」と思いました。

 

一日ゲームばっかりで体が硬くなってきたので、対戦前に唐突にアンダインのポーズのモノマネ。

ヨガの力見せたるわぁ…

とかいいつつスタンバイ。

 

当然全勝優勝を狙って使用するのは【ヌーンのヨガ】。

 

しかし、初手でアンダインをドローしてしまいます。

まだヨガの力を見せるには水領地が足りません

 

アワユキさんはウェイストワールドを仕掛けたため、4枚採用したマカラは130Gの高級オブジェに成り下がりました。

なのさんはメガロドン、ergoさんはマミーなどのNで軽いクリーチャーを採用しており、割と自由に行動していましたが、ひでちゃんはタイニーアーミーやマジカルリープなど重いスペルが多く苦しい立ち回りを強いられます(レイオブロウってなんだよチクショー)

 

ウェイストワールドで現金に苦しみますが、2体目のヨガの配置に成功。

「おまえ… Nだったんか… 好き…」

 

よく見たらアンダイン君は55円のNクリーチャーでした。

レア度Sだとてっきり(アワユキさん、ergoさんは知ってた模様)。

 

そして、周回短縮のためにマジカルリープを使用しマカラを配置。カルドセプトではよく見る光景ですが、なんとこの挙動に270Gも浪費します。

なんと贅沢なマカラなのでしょう!

※連鎖が足りないのでやむをえない

 

この1手でだいぶ速度的には遅れ、なのさんが優位に。

 

タイニーアーミーを決め、4-4-1-1-1の形にもっていきますがどう考えても間に合わない。

 

なのさんがメガロドンをレベル5に投資してあとは上がり、の場面でergoさんにレベル4ヨガを踏んでいただきます。

 

ヨガの力を見せたる!!!

 

シルバンダッチェス+グレートタスカーの本気侵略を素手で耐え(5連鎖100+地形効果40)、もう1体のヨガに投資し、5-4-4-1-1。これで光ります。

 

「チクショー!」

 

次のラウンドで、なのさんのダイスは足り達成。なのさんが勝利を収めました。

やっぱりヨガよりサメだわ…訳:ウェイストワールド下でのマジカルリープとマカラ&レベル4ラントラ狙いは相当重く、立ち回りがきつかったです)」

 

ゲーム内のどこかでウェイストワールドが外れる盤面があると思っていましたが、そうはならず。アワユキさんがコンセプトを徹底して実践していました。

 

〇表彰式・二次会

3戦目のスパイクスはエキシビジョン扱いで、対戦成績には反映されておりませんが、5戦4勝でオフ会初優勝を収めることができました!やったね!

賞品もいただきました。このサイズなら仙台も持って帰れそうです、たまちょんさん、こっきゅんさん、ありがとうございます!

 

優勝者コメント「たまちょんさんの新婚旅行のお土産を食べて、婚活絶対成功させます!こっきゅんさんのメモ帳で魔宝石計算完璧にします!なのさんのメガロドンは金輪際許しません!」

 

初参加のピートロさんコメント「カルドセプトオフに始めて参加させていただきましたが、こんなに楽しくゲームができるなんて思っていませんでした、是非機会があったらまた参加させてください、今日は本当にありがとうございました。」

 

ヌーンさん「アンダイン弱くない?バインドミスト+ティアマトで確定で落ちるよ?」

 

 

2次会では優勝者特権でビールをご馳走になりました。ごちそうさまでした。

そして、大学時代からの友人と飲むために神奈川を離脱し、夜のTOKYOに消えていきました。

参加者の皆さん、ありがとうございました。また、よろしくお願いします。

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown