カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » ゆめまくら » ロングホーン考察

どの色が強いのか?

 

カルドセプトリボルトwiki引用

ノーマルでは、最短周回ルートを通る場合、初回のダイスで
火水土地に止まれる確率が50%、地風土地は27.78%、と随分な差ができている。
2回目のダイスまで含めると、火水土地に1回は止まれる確率が72.61%、地風土地は47.53%、と若干緩和されるものの1.5倍以上。
特定属性が有利というよりも、2属性ブック推奨と見るべきか。

火水が強いとなると、どっちでいくか火だとNゲート周りが風火と並んでいるため殴り合いになりやすい往復で戦闘が発生しやすいのでなおさら、代わりに水に強くでれる。水の場合はNゲート周りが地水の並びで殴り合いになりにくいのが強み

風は火が強いマップのためNゲート周りで殴られることが多いので少々キツめ、地は安定しやすいが風と同じく最初土地が取りにくいので他のマップに比べれば少しスピードが出ない印象。ただ風地ともにSゲート周りで踏みが期待できる点が強み

周回の仕方

1周目は遠回りしても、最終的な歩数は変わらないただしリープでの周回短縮に影響がでるのと手持ちが厳しくなることも

リープでの周回短縮について

最後にSゲートを通ってリープすると16歩か20歩で周回できる。(何もしなかった場合は30歩)なおかつその次の周回も短縮されて合わせて18歩の周回短縮となるので強い。そのため最初の周回は遠回りせずに最短で通るほうが後々楽になることも多い

 

どこが踏ませやすいのか

Sゲート周りここは上げ得、Nゲート周りと違って戦闘による干渉が発生しにくいのに加えて一本道で避けにくい、さらに最後にSゲートを通ってからリープを使えば周回短縮できるが、避けるためにリープ使ってくれれば相手の手を遅らせることもできる

Eゲートの横の複属性土地は踏み期待は高めな代わり、干渉を受けやすいのとレベルを上げると他のNゲートを優先的に回るようになるので、相手の高額土地を踏ませるアシストをしてしまうことも

Nゲート周り火水土地は往復するため踏みの可能性が高い、往復する場合約17%~28%での踏みが期待できる。ただし高額土地になるとあまり通ってくれなくなるため相手が折り返しのところに入って来た時に上げると吉

 


 

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown