カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » えのひと » 2019/5/25 カルセプ大阪オフ日記

さるたにさん主催のカルドセプトリボルト対戦オフin大阪に参加しました。

この記事について
1.オフ会は良いぞ!
2.ブックの内容とか公開しないぞ!
3.メモしてないので誰と対戦したかも覚えてないぞ!
4.細かいところどころか試合の重要な部分も覚えてないぞ!

1戦目:ロングホーン
使用ブック名は「金のバビルサ」、水グースの走り本で一番調整を施したブックです。
全体では水2人、地2人。ただし他3人は攻めっ気たっぷりな様子。
序盤に踏んだ(のはこの試合だったかな?)ため手持ち魔力が少なくなったもののイエティグースでリカバリー。
コンジャラー召喚のバ=アルにフェイトで突撃しましょうとの助言を頂くも(1位の独走を止める可能性のある人の手札破壊はないので)華麗にスルー。その後トランスのためにグースを使わない特攻をしたり、1位が魔力を持っているのにトランスを抑止するためにドレマジを保持するなど細々としたテクニック、この時が1番頭が働いていましたね。このドレマジ保持中に天然トランスしようとした人がいましたがそれはアカンと皆から野次。誰だったかは失念してしまいました(すっとぼけ)。

2戦目:ダイヤモンド
使用ブック名は「平均ダイヤ」、風のフラットランドブックです。
全体では風1、地2、無1。このマップは侵略より走りが向いてると判断しコストと防具を減らすも以外と戦闘寄りな雰囲気。
トレジャーレイダー+エナジーフィールドで妨害&収入を得るも防具を拾えずに属性石を買う機械になってしまう。
防具がない状態でセフトが見えているのでレベル上げからのランドトランスも止められている、のだがセフトされたのは密命カード。すぐに捨てられたような気がします。
なんだかんだあってスラストブロウで拠点をずらされてそのままなし崩しで負けてしまいます。
集中力が欠けてきてるーとな感じたのはこの試合から。
別卓ではクラスターバーストの焼きブックの話題が……、4戦目に使う予定だったのに、この時のえのひとの心情よ。

3戦目:ロングホーン(ブリードあり)
使用ブック名は「三角形の底辺」、がっつり風の侵略本。名前の由来は不明。
4人それぞれ違う属性でめずらしーと思いました、まる。
慣れない連戦の疲れからか不幸にも≪黒塗りの高級車≫(通行料1.5倍ブリードドラゴン)に追突してしまう。枯渇を条件に示談しました。
神竜に地変されないために拠点クリーチャーを移動させるテクニックに感動しつつもバインドミスト+素ダイスで神竜を殴り倒して可能性が見えてきます。
エアーシフトで地変しても殴り倒されると判断してそのまま水で連鎖を伸ばすことに。3人が互いを妨害し合っている間に奮闘するも間に合わず。
1本道の水土地に4人のブリードドラゴンが並んでいたのが印象的で可愛かったです。

4戦目:ダイヤモンド(ブリードあり)
ブック名は「焼畑農業の光」、クラスターバースト入りの走り地ブックです。「煌」の字が見つからなかったので光になりました、なお由来は不明。
全体では地2、水1、粉とか色々4色1。
クラスターバーストを見せているのにパウダーイーターとかグーバとか置いていいのかと口プレイ。ぽこぽこ置かれる地クリーチャーに焼かれない程度に増えていく粉。つら……。
序盤に属性石をドカーンと買う3人に対して全く買っていないまそっぷさんが僕のオブリタレートをセフトしてドカーン! 宝石屋の前にいたので石を全部売ってから2発目ドカーンからの石買いドカーンで高速リカバリー。2発をモロに受ける被害者、これがカルドセプトだ。
中盤だと思っていたことにまそっぷさんが宝石屋で魔力を調整してグーバをトランス、一気に終盤になってそのまま走りきられてしまいました。まそっぷさんが勝っただけでどうしてこんなに驚かれるのか。

5戦目:ロングホーン
ブック名は「戦人に花と死」、地主体のアセンブルブックです。
またしても全員が違う色、めずらしーと思いました、にじゅうまる。
序盤の立ち回りが普通の地援護ブック、というよりも地クリしか来ない。えのひとさんの密命なんだろー、アセンブルです。途中で900Gほど持って周回しそうな人がいたのでレベル5の土地を作られないためにフラクシオンを打つ頭脳プレー。なお、今になってあの土地の基本価値120Gだったよなあと思いかえす。この密命フラクシオンのおかげかまだアセンブルとばれてない?
そして中盤以降に引いてくるイエティ、ファイアービーク、ムシュフシュにダンピールと物騒なクリーチャー達。しかし手札の都合でアセンブルを目指すのは諦めることに。かーっ!
試合は最終ラウンドまでもつれ込む。レベルを上げたグローブをアースシフトしようとするもあからさまなムーブのためシャッターで咎められてしまう。魔力が届かずにゲームセット、1位ならず。0アセンブル。

1位になれた試合はなかったもののどれも1位になるだけの可能性を残したゲームになったなというのが自己評価。
オフ会はいいぞ!

0

この記事への反応

ユーザー情報

えのひと えのひと

このユーザーの最新の記事

このユーザーのリンク集