カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » アワユキ » 【プチ企画】カルスタの第100回大会を勝手にお祝いしてみる

日々白熱した対戦が繰り広げられる、対戦サポートサイト「カルスタ」。
ここでは2週間のスパンで、指定されたマップの成績を競う「大会」が開催されています。
連続する5戦の最良成績で順位が決まり・・・という前置きは、以前もやりましたね。

そんな大会ですが、今年の11月に通算100回目を迎える予定となっています。
第1回から3年10ヶ月、ほぼ4年ですね。それだけ長い期間運用されているということで、サイト作成者には頭が上がりません。
その記念すべき100回目の大会。初心者セプターとして、些細なことでも何かできることはないか、と考えました。

そこで思いついたのが、今回のプチ企画というわけです。
というわけで今回は、そのプチ企画の内容について書きます。要は告知です。
完全に自己満足の内容となっておりますが、そこは大目に見てください。

プチ企画の概要

あまり引っ張りすぎてもよろしくないので、早速プチ企画の結論を書きます。

第100回大会の上位入賞者に、記念の絵を描きます!

・・・とまあ、要はこれだけです。大会を予選としたトーナメントを期待していた方には申し訳ないですが、企画/運営力皆無なのでご了承ください。
代わりと言っては何ですが無償で描きます。というのは「依頼とリクエストを受けない代わりに無償」が自分のスタンスであるためです。
お金取れるほど責任持てないのもある^q^

詳細としては

この結論が全てなので特に追記することは無いですが、一応詳細を書きます。
ルールは単純明快。「第100回大会が終了した時点で、なるべく上位にいること」です。
この記事を書いている時点では、上位3名を対象にする予定でいます。
後々人数が増減する可能性はありますが、1位の方は確実に対象に含めます。
複数名が同率になった場合どうするか、については、実際にそうなってから考えます。

大会終了からの流れ

第100回大会が終了し順位が確定した後、記念絵を描く対象となる方にトゥイッターで連絡します。
できればDMで直接やり取りしたいですが、諸事情あって不可能な場合はリプライです。
こちらからコンタクトを取れない、所謂鍵垢の方の場合は、どなたかに代理を頼みます。
まずそこで記念絵を「希望/辞退」するかを尋ねるので、回答をお願いします。
なお、ここで辞退者が出ても対象の繰り下げは行いません。

記念絵を希望する場合は追加で名前、アバター、規定数までのクリーチャーを聞きます。
名前はセプター名でなければならない、という制約は無いですがそのまま絵に記入するので、記入されて困る名前は指定しないようご注意ください。
アバターについては、なるべくご自身で使用しているものを指定してください。

規定数までのクリーチャー

この「規定数」についてですが、この部分が順位によって変動します。
ひとまず現時点で想定している上位3名の場合、その内訳は1位が4体、2位が2体、3位が1体となる予定です。
規定数「までの」と銘打っている通り、それより少ない数を指定しても構いません。ただ0体は流石に困るので、最低1体は指定していただきたいです。
なお、今回はリボルトに登場するクリーチャーに限定します。見た目もリボルト準拠です。


そしてこれらの指定を基に、記念絵を描かせていただきます。
それ以外の要素(絵の雰囲気など)については、アワユキの気まぐれとなります。完成時期も未定となりますが、不測の事態が起きない限りは早めに完成させるよう心がけます。
全員分が描き上がってからトゥイッターのタイムラインに公開、の流れを汲みます。そのためタイムラインに公開されて困る名前は指定しないでください。大事なことなので云々。

仕上がりイメージ

ここまで書いておいてアレですが、自分は趣味お絵描き勢であるため、イラストレーター級のものは流石に用意できません。
そこで「クオリティとしてはこんな感じ」というのを、見本として紹介します。
アバターにバトル少年を、クリーチャーにバルダンダース、シェイプシフター、スペクター、レムレースを指定した場合の完成例がこちらです。

クリーチャーのチョイスと自分のモチベによっては、小数点以下の確率でクオリティが上がる可能性もありますが、ひとまず「このクオリティで来るんだな」と思っておいてください。
因みにサンプルの選定基準は勿論アワユキの趣味です^q^

おわりに

というわけで、カルスタの第100回大会を記念したプチ企画の告知は以上となります。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
このプチ企画は単純にお祝いの面もありますが、アワユキにとっては挑戦でもあります。
というのも、カルドセプト関連ではこれまでも4回ほど記念絵を描いたのですが、その全てを突発的に描いていました。
これは個人的に、予定がある状態を苦手としているためです。いくら趣味でも使命感を持った途端、何も手につかなくなりやすいのです。
「依頼とリクエストを受けない代わりに無償」のスタンスは、これも理由です。
それを克服するためと言うと語弊がありますが、とにかく挑戦でもあるのです。

100回目の大会はどのマップになるのか、高度な情報戦が繰り広げられ得意なマップが選ばれるよう調整する人が現れるのか・・・
それはまだ分かりませんが、ひとまず今回はこの辺で失礼させていただきます。

7+

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown