カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » テレコム » 覚え書き~ブック~

ここ最近思ったことを何かに残しておきたいなーと思ったのですが、twitterにまとめられる自信が無かったのでこちらで。カルドブログのリハビリも兼ねて何かあったら書きたいなと思います。

まあそんなこと言って書かないのが自分だったりするので、どうなるのか分かりませんが。

ブック

3月9日のskype対戦にて使用したブック(スパイクス)。結果は何ともって感じでしたし、そもそも細かい調整も出来てないんですが、投げっぱなしにするのもあれなんで軽く解説。

と、その前に自分のブックの組み方を少しだけ。以前のキネラの時もそうでしたが、基本的に自分は既存のブックを元にしてブックを組みます。これは単純に自分があまりブックを組むのが得意ではないというのもありますが、もう一つの考えとして、「人のブックには何かが眠っているかもしれない」というのがあります。

それは採用されているカードだったり、何かと何かのコンボだったり、あるいは全体の構築だったり。こういった自分には気づけないものを見つけて、それを引き出しに入れて持っておくのは非常に大事なことじゃないかなーと思っています。

もう少しカルドに時間を割ければそれで済む話かもしれませんが…。

ちょっと話がそれましたが、このブックを作るにあたって思い出していたのは16bitsさんの「鮮血のジュレ」。このブックを見てから、火ブックにゼラチンアーマーを何度か試してはいたのですが、今回のブックはそれを改めて組んでみた物な訳ですね。

ちなみに前に仮に組んでみたのがこんな感じ。想定マップがジャンクションなので一概に比較は出来ませんが。

この時からずーっと考えてたのが、「ゼラチンを持った横移動をすると自分の土地がダウンする。そもそもダウンしていると横移動できない。」ということ。だからこそダウンしていても動かせるチャリオットを入れてみたりしたわけですね。

で、今回のブックに関しては不屈のショッカーを入れることで、そういった横移動する動きをやりやすく出来ないかなーと。こっちの方がチャリオットよりは理に適っている気がします。

ちなみにショッカーもメルさんのブックに採用されていたのを見てなかったら思い付いてないと思います。こういったブレイクスルーが出来る方は本当に羨ましい。

その他の部分に関しては、個人的に無難にまとめた形です。一応グレムリンアイを仕込んでワンチャンス土地が落とせるようにはしてますが、基本的にはレベル上げてトランスが勝ち筋になると思います。ちょっと浮いてるレディビジョンは1回も使ったことないカードだったので試験的に入れて使用感を試そうとした感じですね。

今見るとやっぱりグローブは必要かなーと思いますし、アイテムの選別ももう少し考えたいところ。あとは中途半端なドリームテレイン2枚を何かと差し替えたいなーと、いろいろ思うことはあるのですが、その辺はまたどこかでやってみたいなと思います。少なくとも今のディスティニーストーンが終わった後になるでしょうが。

 

また何かネタが思いついたら何か書こうと思います。

0

この記事への反応