カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » 吉永さん » ストーリーモードを初期ブックでプレイすると楽しい

今期のレギュには興味を持てない

私は4人戦か同盟戦が好きでよくランクかコープで遊んでいるのですが、今期の「ノーマル ダムウッド3人戦」「ランク フェネック3人戦」「コープ 3鍵協力戦」にはどれも魅力を感じず、酔狂でストーリーモードを初期ブックでプレイしてみようと思いました。

初期ブックでのストーリーモード

完全にランクの代わりというか暇つぶしだったのですが、やってみると結構面白い。ストーリー自体久々ということもあり、楽しめました。一回のチャレンジで負けることなく全ステージクリアしてやるという気概をもってプレイすると、敵が強くなる後半に差し掛かるにつれ緊張感が増していきます。足スペルのほとんどない初期ブックで事故でLV4、5を踏んだらかなり厳しく、また、自分でなくても他のCPUが振込みをした場合も相当きついことになります。もちろんカルドは対人戦が至高ですが、初期ブックというハンデを持ったストーリーモードは「ゲームをやっている」という実感が強いのです。

簡単なステージ・難しいステージ

最序盤は当然どこも簡単ですが、中盤以降に関して言及すると、一本道のマップは踏みが発生する危険が高いため難易度が高く、聖堂のあるマップはCPUがほとんどプレイヤーの護符に干渉できないため簡単な傾向があります(ストーリーモードではコラプはカザテガでワールウィンが1枚持っているだけ)。また、同盟戦は味方CPUがプレイヤーの守れるはずもない土地のレベルを安易に上げてしまい、そこを奪われた場合のフォローが難しいようなことが起こるため、やや味方CPUの思考の傾向を把握したプレイが必要となります。

 

最終面の天空の祭壇は、踏みの事故は有りえますが、邪心のマジボ2枚とバルベリトのテレキ1枚イビブラ1枚だけに気を付ければ護符を大量に買って連鎖を作れば勝ちなので簡単です。

苦戦したステージ

私が初期ブックでストーリーモードをやったのは一周なのですが、苦戦したのはクレイトス1(VSピケット・セレナ)、プロムスデル同盟(相方セレナ・敵ライバーン・敵バルベリト)です。苦戦したというのはすなわち面白かったということでもあります。この二試合に関しては対人戦にも劣らない程ドキドキして試合を楽しみました。

 

クレイトス1は一本道のため高額地の回避がしづらく、フライでさえ遠くの高額を踏んでしまう可能性があり、苦戦しました。普通のブックならばリコール4枚でこまめに城に戻って方向転換をするところですが、初期ブックではそういった調整がしづらいのです。

 

プロムスデル同盟は、護符マップのためCPUがうまく扱えない護符を自分だけが運用できる優位性をもって途中まで余裕で進んでいたのですが…相方のセレナの突飛な行動に終始ため息をつかされっぱなしでした。

動画

私事ですが、以前からずっとカルドのプレイを録画できる環境が欲しいと思っていて、偽トロキャプチャの代わりにwebカメラを使用することで安価に環境を整えられないかと思い、最近その環境の構築に勤しんでいます。5,000円程で最低限の環境は作れるので、「カルドのリプレイが欲しいが偽トロに数万円は出せない」という私と似た需要を持った方のため気が向けば記事にするかも知れません。

 

以下は、上に挙げた面白かった「クレイトス1」「プロムスデル同盟」の録画になります。勝ったか負けたかは忘れてしまいました。画質はしょぼいですが、興味のある方はどうぞ。

(クレイトス1)

 

(プロムスデル同盟)

 

 

発売から1年以上経ち、普通のカルドに食傷気味の皆さん、是非一度「ストーリーモードの初期ブック縛りプレイ」をやってみてはいかがでしょうか。

0

この記事への反応

  • ZAKUROZAKURO (2013年11月25日)

    初期ブック(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

    突然のコメント、失礼します。
    ストーリーモード初期ブック仲間がいると聞いてテンションあがりました!

    嘗てのPS時代、私には対人環境が無く
    メダル集めも終えてしまった時に始めたのが
    ストーリーモードの初期ブッククリアでした。

    それ以来PS、PS2、DS、3DSと4タイトル程、
    初期ブッククリアをやってきました。

    対人戦を始めるまでは
    自分では結構誰でも思いつく縛りだと思っていたのですが、
    意外と自分の周りには初期ブック縛りをしている人がおらず
    このような形で同志を見つけることが出来、嬉しい限りです。

    ちなみに今作の私の戦績はブック火風で19戦16勝3敗。
    負けた試合は確かクレイトス3、カザテガ、ゼネスだった気がします。

    この記事で同志が増えることを願っております。
    それでは。

  • 吉永さんyoshinagasan (2013年11月25日)

    >ZAKUROさん
    コメントありがとうございます。
    ソフトを買った時まずストーリーをクリアするのですが、これはカード入手の度に
    新カードを足しているので初期ブックに近いですが違うブックなんですよね。

    昨今のカルドセプトは対人戦メインで楽しむ方がほとんどだと思うので、
    通信対戦機能のなかった旧作ではいざ知らず、純粋な初期ブックでストーリークリアを
    なさっている方は意外と少ないのかも知れません。
    いつでもネット対戦ができるならあえて一度クリアしたストーリーモードをプレイする理由はないわけですから。

    私は今回のプレイではアップロードしたクレイトス1、プロムスデル同盟を含め3戦程敗北しかけましたが、運よく全勝でクリアすることができました。ゼネス戦はやっていませんが。
    しかし初期ブック縛りの条件下で難しいマップで何度かプレイする場合、毎回勝てる自信がありませんし、逆に研究次第で常勝できそうな気もします。その辺りのバランスも非常に面白いと思います。

    ゴブリンよりも次第にブックに入れられなくなるファイターをかたどった「戦士の哀愁」のメダルがこの縛りで手に入ればいいのにと思います。