カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » ヨシ » 女神杯準優勝しました ~汗と涙のダイス2~

うぬぼれと報い

「俺ジムでダイス鍛えてるからさあ」

 そんな冗談が十八番だった私。なんとなくですが、運は良い方だと思っています。そんな私のラッキーなダイスやドローを見た友人達には「ヨシ力がある」なんて冗談めかした評価をされたりしていました。

 そのヨシ力がこの様だよ!

ダイスで2以上出せば達成のシーンで見事2を出してしまい絶望するヨシ

 図はダイスで3以上出せば達成のシーンで見事2を出してしまい絶望するヨシです。

 「ヨシです」じゃねーよ! くそったれが! なんで勝てないんだよ! 最後3以上出せば良いだけだろうが! 出せよ! 27R目にもこのラウンドに2回侵略されなければHW8で確定勝利って場面を城ビタダイスで移動侵略&ヘイスト1/3に踏み抜かれてリヴァイアサン侵略されてしまうとか、なんなんだよ! チクショウ! チクショウウウウウウウウうがあああああああ!!

 と言うわけで、こんばんは女神杯準優勝のヨシです。優勝した八朔さんめ! マイン族滅亡しろ!

 と言うわけで、女神杯の振り返りです。

予選福島オフ

 決勝をJUNCTIONにした段階で勝負は決まっていたんだよ! JUNCTION攻略は後ほど日記をしたためようと思います。

女神杯本戦準決勝
 

 準決勝動画はこちらからです。

 http://www.youtube.com/watch?v=LzdR92Q7WIU

 私のブックは、アールさんの水ブックに影響を受けた水と、風かぶりが強く疑われる場合にかぶせてアドバンテージを得るガルーダブックの二つが本命でした。

カッコウ(by ヨシ)
コロッサス1グレムリンアムル1アンチエレメント2
シェイドフォーク2スティンクボトル1インフルエンス1
デコイ2ニュートラクローク1シンク1
G・イール2パワーブレスレット2チャリオット1
アンダイン3ブーメラン1ディジーズ1
グレンデル3 ドレインマジック2
フェイト2 バイタリティ2
ブラッドプリン3 ファインド1
ボジャノーイ2 ヘイスト3
リザードマン1 ホーリーワード61
ホーリーワード84
リコール3
リフォーム1
クリーチャー21アイテム6スペル23

 水のグレンデル主軸のブックです。マジックブーストが無く、クリーチャーコストも重めなので、いかに遅延をかけていくかがキモになります。

イヌワシ(by ヨシ)
デコイ1アワーグラス1アンチエレメント2
ウェンディゴ1ウィンドアムル1インフルエンス2
ガルーダ4ウィンドシールド1シャッター1
ケンタウロス2カウンターシールド1セフト1
スプライト3グレムリンアムル1ターンウォール1
スレイプニル1ブラックオーブ1ディジーズ1
ナイキー2ライフスティーラー1ドレインマジック2
ナイト2 バイタリティ1
ホーリーラマ3 ファインド1
マスターモンク1 フライ2
ホーリーワード84
リコール4
リフレクション1
クリーチャー20アイテム7スペル23

  風が被ったときに、被り相手との削りあいを避けつつ、他を蹂躙できるようにしたブックです。攻め手の多様性を確保し、いざというときのガルーダ対決にも強くなっています。

 準決勝の相手はnekomeさん、破魔矢さん、Evyさんの3人。nekomeさんは何度もスパーさせて頂きましたが、その中では水が多い印象、取りあえず水と読む。Evyさんは自称デコイ4積みブックと言うことですが、さすがに信じるかよ! カナリア対戦は初めてでしたが、カルコロのログをあさると風が多いのか? 破魔矢さんは地が多い印象。しかし、絶対に一癖二癖あるブックを使うに違いない! リフォームの撃ち先をよく考えなければ! Evyさんが風を使ってくる自信がイマイチ無かったので、対応力のある水をnekomeさんとの同色被りを意識したチューンに。

 蓋を開けてみると、おおむね予想通り。しかし、nekomeさんのスペルが完全に同色殺し対応になっており冷や汗。ウィークネスからのグレンデルパワブレを意識し、カウンターを持たれたらターンウォール、被ったアンダインはターンウォールかティラニーで殺すと恐ろしいブック。やべえ、スパーの時はターンウォールまで入って無かった気がするんですけど! ランプロ入れてくるべきだった! 不幸中の幸いが、ウィークネスが序盤にだぶついたこと。コレがしかるべきタイミングでドローされてたら大変だった……。

 破魔矢さんはレーシィテレキプロウ。レーシィプロウの良いところは伸び幅が見えにくいところだと思っています。4連鎖レベル3からなら、200Gの投資で一気に総魔力2200Gアップ! そうはさせるかと徹底マーク。私がレベル3レーシィにシンクを打ち込みレベルアップを抑制すると、nekomeさんはピースをたたき込んで戦闘そのものを妨害。「えー、そこまでされるか」とぼやいていましたが、レーシィ野郎には当たり前です!

 Evyさんはフラットな風。ガルーダがそれなりに伸びます。私とnekomeさんは水を食い合う運命ですし、破魔矢さんが妨害を受け続けるので相対的に有利に。しかし、クリティカルな状態になれば必ずテレキがEvyさんを襲うであろうと予想し、ウェンディゴの横にグレンデルを配置しておいたのがばっちりハマりました。7500Gに達するも、テレキ一発で一気にぐらつきます。序盤にこの展開を見越してわざわざグレンデルを横移動させておいたのは、個人的にはベストプレイだったと思っています。

 ヨシ、nekomeさん、Evyさんが6000Gでほぼ横並び。Evyさんが有利な形でしたが、39R目に破魔矢さんがこれから通る場所のレベルを上げたところ「今から通過して、ジャストで止まれば高額領地を奪えるから」という理由でテレキを喰らって失速。幸運にも恵まれ、なんとか勝利を収める事が出来ました。ヨシ6352G、Evyさん6326Gという鍔迫り合い、いやはや勝てて良かった……。

女神杯本戦決勝

 決勝動画はこちらです。

 http://www.youtube.com/watch?v=I0cVsnmoSpo

 決勝の相手は八朔さん、ハチさん、サナミツさんの3人。八朔さんはスパーで当たったときには水、本戦では風、風、地と使っている。うーん、読めない。ハチさんはどうやら火ブックに一番自信がある様子で、ずっとソレを使っているのを見ていたので火を予想。サナミツさんは、全くわかりません! 結局一番使い慣れている水をやや火を意識してチューン。

 蓋を開けてみると、ハチさんとサナミツさんが火被り。正直このマップ火が被るともうお通夜だと思います。食い合いでリソースをどんどん割いていく二人。ラッキー、コレは私にとっては追い風だ!

 八朔さんは風ブック。ダイスがかなり良い感じ、北の風土地3つをさらっと抑え、競合相手もいない。まずい、形で負けてるぞ。HW6を使ってアイテムが無いうちにラマを殴り殺すなどするも、それでも連鎖の維持は十分。火属性の二人の矛先が八朔さんに向けられないのもしんどい……。

 しかし20ラウンド。この試合で一番良いプレイだと思ったのがこの「交渉」でした。八朔さんの8歩先の自領地に止まったサナミツさんに「そこをレベル上げると八朔さんがHW8でサナミツさんの高額領地を回避できなくなるので良いと思います」と必死に交渉。私だけの利益では無く、サナミツさんにも利益がある提案だったので乗って頂けました。これで2歩先のサナミツさんのレベル4、5歩先と7歩先のヨシのレベル4に対して、形が良い八朔さんに素ダイスを振らせます。幸いにも私のレベル4を踏んでもらい形勢逆転。この交渉はずっと狙っていたものでした。

 26ラウンド。サナミツさんにオールドウィロウを持たれ、万が一の通行料搾取を避けるためにも南エリアは回りたくない、そんなときにすばらしい転送円ダイス! 入城してボーナスを得て、一気にレベル5を造成。総魔力7140GでHW8が手持ち、次にHW8で確定だ!

 しかし次のラウンド、サナミツさん城ダイスで移動侵略されてパワーブレスレットを使わされてしまいます。しかしそれでも総魔力は7050G! HW8は使える……、しかし無情にも八朔さんにヘイスト1/3でリヴァイアサンを踏み抜かれてしまう! くそったれ、勝たせろチクショウ! 達成妨害要素以外を見る余裕が無かった私は、迂闊にもボーテックスを見逃してしまい、無駄なリコールとデコイ交換を行ってしまいました。ぐぐ、レベル4を落とされてしまう。まずいこのままでは……。

 とにかく、八朔さんがギリギリ達成ラインにのっている、少しでも削らないと……という体で城横のウェンディゴをシェイドフォークで討伐。しかし本命はここからのチャリオットでの水連鎖復帰。ハチさんの地変があれば多少持ちこたえられるとはいえ、かなりギリギリの状態、なんとか急いで俺も達成ラインにのせないと……。しかし、連鎖復帰のめどが立った。これでパワブレを引いてくれば、レベル4も取り返せる!

 その後ハチさんがサナミツさんをバンディットで殴り、パワーブレスレッドが使えない魔力に。チャンス到来! 憎きゴーレムを殴り倒して、4連鎖復帰! みんな「ドレマジ引いてくれば……」とか言ってますけど、違いますから! これで、これであとはチャリオットを使って3以上を出せば俺が達成ですから……! 夢にまでみた、オフライン大会の優勝の称号が……! 運命のダイス……っ!!!

 

 

 2

 うあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!! 

 そして茫然自失の私を横目に、八朔さんが勝利のファンファーレを鳴らしました。また、タイトル取れなかった……。

ヨシ力よりもケツ力(けつぢから)

 正直、割り切れない感情はあります。27Rに八朔さんにリヴァイアサンを踏み抜かれた時は吐き気がしましたし、試合後はお酒飲まないとやってられませんでしたし、八朔さんが達成した後うつむきっぱなしでちょっと泣きました。なんで、なんであそこで表彰されているのが俺じゃ無いんだ……。悔しい、妬ましい、憎たらしい!

 しかし、そんなネガティブな感情がわき上がるのと同時に、以前面白い話を聞いたことを思い出しました。

 さかのぼること数年。カルドセプトDSをプレイなさっていたwakaさんという方が、日記の中で「ケツ力(けつぢから)」という言葉を使っていました。もうその日記は削除されてしまっているのでご紹介は出来ませんが、wakaさんの造語でとても前向きな言葉でした。

 カルドセプトは運の要素をもろに受けます。また、妨害の指向性が強いので「あの妨害を撃たれなければ勝てた!」ということも往々にしてあります。そうすると、なんで自分じゃ無くてあのセプターが勝ったのだ! 納得がいかない! と思う事もあるのではないでしょうか。

 でもそれは、wakaさんに言わせれば「ケツ力があったから勝った」のだそうです。

 そう、例え1位が妨害を受けても、2位が圧倒的な差をつけられていれば妨害された1位のプレイヤーには及びません。終盤に妨害や何か想定外のことが起こったときに1位をまくれる位置についていたからこその勝利なのです。その終盤どん尻まで振り絞ってあった自分のリソース、それこそが「ケツ力」なのです。

 そう考えると、私はケツ力に笑い、ケツ力に泣きました。

 準決勝、Evyさんが破魔矢さんの行動を読み違えてレベルを上げたという「幸運」。もしも、コレが別の土地をレベルアップしていたら私の勝利という結末にはならなかったでしょう。しかし、その勝利を呼び寄せたのはその幸運だけでは無く、nekomeさんのクリティカルな侵略に備えてレベル5造成を避けたり、インフルの残り枚数をカウントした上でEvyさんのレベル3を殴り殺して蓄えた、私のケツ力なのです。何者にも非難されない、私の勝利です。

 残念ながら敗れた決勝も、まだ水土地が少ない状態で踏まれやすいモーフにアンダインを置いてしまいパワブレを使ったり、ボーテックスを見逃してデコイ交換のためにリコールを使ってしまったりして、私がケツ力を浪費してしまったからかもしれません。八朔さんがヘイストでリヴァイアサンを踏み抜けたのも、踏み抜けるだけの風クリーチャーを維持していたからでしょう。それをダイスのせいにするくらいなら、もう1連鎖確保しておけば良いだけの話。ケツ力の無さを、ダイス運のせいにしてはいけないのです。ぐぐ、認めましょう! 完敗でしたっ!

女神杯まとめ

 というわけで、今度こそ心から。ちょっとまだ妬んでしまっているけれど、それは俺の個性なので。

 八朔さん、女神杯優勝おめでとうございます! おぼえとけよチクショウ! 今後も技術とケツ力を鍛えていく所存なので、是非またリベンジをさせてください。よろしくお願いします!

 そしてこの場を借りまして、主催のウェザリングさん、女神杯で対戦して頂いた皆様へご挨拶させて頂きます。本当に楽しい対戦会をありがとうございました、八朔さんにレベ4踏ませたときの高揚感も、試合後の胃の痛みも、全部まとめて宝物にします。まだ俺のカルド坂は始まったばかりだぜ……! セプトサイコー!

0

この記事への反応

  • fira (2013年2月27日)

    第一部 完 !

    ヨシ先生の次回作にご期待ください。

    —————-

    試合お疲れ様でした。最後の 2 まで含め、盛り上がった試合でしたね~!

    0

  • Evy (2013年2月27日)

    ヨシさんと久々に対戦しましたが、、やっぱ強いっす!!
    ・自分が伸びやすい環境を、どう活かすべきか。
    ・中盤のクリーチャ―交換は、どうすべきだったか。
    ・テレキ持ちフルラウンド展開で、何を注意しなければいけないか。

    力不足でした。自分の地力、経験数、そしてケツ力。 全てが不足していた故の敗北。完敗です。

    準決勝、決勝観戦、その後のジョナサン、そして翌日も。
    楽しい時間でした、ありがとうっ!!

    0

  • JOSYUAJOSYUA (2013年2月27日)

    決戦当日のマクドでの「オレも優勝してぇよ…」という切実なつぶやきは、正直録音して家宝にしたいぐらいでした。そもそもあのオコチャマの「やったー、ゆうしょうしたー」の声は、一体何に優勝したんでしょかね?

    0

  • hamaya025509hamaya025509 (2013年2月27日)

    当日はお疲れ様でした。

    いいですねえ、吐き気がする試合というのは。私も少しだけ経験がありますが、価値ある試合で
    完全に試合に集中して心の底から勝ちたがってるときにしか味わえない。それほどの試合が出来た
    というのは羨ましい限りです。今度は私が勝ちますよ!

    0

  • yoshiyoshi (2013年2月28日)

    フィラさん
     次回作はハッピーエンドで!

    Evyさん
     私も意図しない要素の力を借りなければ勝てませんでした、今度は
    完勝を目指して!

    ヨシュアさん
     いいよね、優勝……(真顔) ポケモンかなんかですかねえ。

    破魔矢さん
     「本気になる」というのは私の特技の一つだと思います。
    すかしたプレイヤーなんてつまらんのですよ! 泥臭く!
     

    0

  • えすあーのれ (2013年2月28日)

    八朔さんが6出してリヴァ落としたときって
    6じゃなくて7で砦に止まっても
    ナイト+パワブレでグレンデル落ちてなかった?

    その場面では「あ、止まるんだろうな」とか思ってみてたんで
    それほど運悪いと思わなかったな。
    最終盤ではエンターテイナーっぷりを魅せてくれましたがw

    おつかれさまでした。
    見てるだけでしたが超楽しかったよ~

    0

  • yoshiyoshi (2013年3月1日)

    えすあーのれさん
     あっ、はいっ、本当ですっ、気付いてませんでしたっ。

    0