カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » キセノン » 代々木リボルト2018 オフ会レポート 1/n

先日行われたウェザリングさん主催の大会「カルドセプト代々木リボルト2018」に参加してきました。

カルドセプトの対戦オフ会にはこれまで何度か参加させていただいており、先日はついに自分で開催してしまうほどにハマりこんでいますが、今回は今まで参加してきたものとは規模がまるで違い、参加者50人超えの大規模な大会となりました。

これほど大きな大会を滞りなく進行していったウェザリングさんとスタッフさんたちの手腕には驚かされます。楽しい大会を本当にありがとうございました。

 

以上でオフレポ終わり…… にすると確実に怒られてしまうので、覚えている限りで対戦の内容を書いておきます。各試合について、実際に使用したブックとその選択理由、実際の対戦の経過について書いていきます。

(記憶のみで書いているので、間違っていたらご指摘をお願いします……

1回戦 バトルワゴン

使用ブック

自分が先日開催した大阪オフで、参加者だったテレコムさんが使用していた風ブックをそのまま拝借しました。個人的にリボルトのブック構築に関しては最も信頼を置いているセプターのひとりです。(媚び)

 

クー・シー、イエローオーガ、マッドハーレクインなどの強いカードで連鎖を形成・維持してトランスで逃げ切ることを主眼に置いたブック(だと思います)。

テュポーン、グレムリン+チェーンソーorアングリーマスクといった、地ブックや水ブックに悠々と走らせないような干渉要素も盛り込まれた、とてもバランスのいいブックといえるでしょう。いかにも優等生という感じがしますね。

 

このブックを選択した理由は、実際に使用したテレコムさんが、大阪オフのバトルワゴンで2戦とも勝利を収めるという結果を出していたから、というのが正直なところ最も大きな要素です。ブックリストを一目見て、無駄がなくとても美しいと思ったのもポイントが高いです。

 

練習期間で構築をいろいろ考えてはみたのですが、バトルワゴンの強いブック・戦術というのはよくわからないままでした。なので、安直が過ぎますが、結果が出せている人のブックをそのまま使うということにしました。

他にも結果を出している人はいるので他の属性を使うという選択肢もあったわけですが、以下でなぜ(パクるにしても)このブックを選択したのか、という点について書いてみます。

 

このマップではクイックサンドやホーリーワード系でのハメ戦術を使ってくる人が一定数いると考えていて、無対策で臨むと大変なことになると思っていました。この戦術への最も簡単なカウンターはスクリーマーになると思うのですが、このマップではスクリーマー入り地ブックというのは個人的にあまり使う気になれませんでした。

  • デフォルトでは分岐スイッチが水風土地方向を向いているので、序盤の地属性確保が大変
  • したがって、序盤は止むを得ず水・風土地やスタート地点付近の複属性(狙い踏みされやすい場所)を確保してアースシフト待ち、という展開が多い
  • なのに、スクリーマーという場持ちがあまりよくない(ヘイトが高すぎて狙い踏みしてでも排除を狙ってくる)カードを採用している場合ではないのでは?(ウッドフォーク・ランドアーチン・カクタスウォール等で固めたい)

と思ったからです。

 

そこでクイックサンド系構築ににらみをきかせつつ、自分の勝ち筋(主にトランス)もしっかり確保したブックを探す必要があったわけですが、こうなると高ST+バインドミストを見せておくとか、グレムリン+チェーンソーなどの搦め手で高額を落としうるギミックを仕込んでおきたいと思いました。

そうなるとだいたい火か風の二択になりますが、今回は分岐スイッチの関係で序盤の土地確保が比較的容易で、序盤上振れからのトランスで逃げ切りが狙えそうな風属性を選択しました。

対戦レポート

対戦相手は、やどぅさん、Bambooさん、うらかすみさん。

やどぅさんは水。G・ノーチラスやアクアデュークなどのいつものセットに加えて、マイコロン・アウトレイジ・シニリティなど油断ならないカードが見えます。走り切られると止めに行くのは難しそうです。

Bambooさんは地。ランドアーチンやシルバンダッチェスなどいつものメンバーに加え、ターンウォールとバタリングラムが見えています。これも油断すれば突然の死が待っているでしょう。

うらかすみさんは火。しかしティアマト山盛りのスタンダードな形ではなく、サルファバルーン+ストームコーザー、シグルド、フレイムデュークなど一風変わった侵略スタイルで攻めてきそうな感じ。特にサルファバルーンの自爆は防ぐのが難しく厄介そう。

 

試合開始。

自分とやどぅさんは序盤から大きなダイスが出て、無事に水風土地ループを回りうまく連鎖を取ることに成功。

しかしBambooさんがスイッチを切り替えたおかげで、うらかすみさんも欲しかったであろう火土地を確保していきます。ティアマト等を出せるようになると面倒なので事故っててほしかった(

 

Bambooさんは出せるクリーチャーが手札になかなか来ず、かなり苦しい状況。

一方、やどぅさんは軽いクリーチャーを主体としていたためかぐんぐん総魔力が伸びていき、あっという間にレベル5土地を天然トランスすることに成功。増資・連鎖の再確保をすれば一気に達成まで見える状態になりましたが、連鎖を守っているのがリビングアムルやマイコロンなど貧弱なクリーチャーが多い上、土地が4つだけ、うらかすみさんの強力な侵略札が見えているなど、増資先に困っている様子。手持ち魔力が2000を超えたままうろうろする状態が続きます。

 

ここで自分がドレインマジックを引き当て、すかさずやどぅさんにぶつけて追いつきます。それを元手にスタート地点付近に置いていたテュポーンをレベル上げしますが、うらかすみさんがシグルドを横付けしてきてかなり困りました。

幸いこちらはすぐにダウン解除ができたのでコーンフォークに交換。しかしその後うらかすみさんはストームコーザーをドローしてきて、手札のサルファバルーンと一緒に侵略されると落とされてしまう状態に。

やどぅさんはゲーム序盤からずっとシニリティを保持していて、いつ打たれてもおかしくない状態でもありました。

ですがここで自分はウォーロックディスクを引き当て、とりあえず一回は土地を守れるようになりました。これはかなり大きい。

 

終盤戦。やどぅさんは連鎖をアクアデューク、G・ノーチラス、オトヒメで確保し、増資先ができたため一気にレベル上げ。総魔力が8000に到達し、ゲートに駆け込めばゴールの状態。

ここで、ずっと沈んでいたBambooさんのターンウォールが炸裂! さらに直踏みダイスからシルバンダッチェス+バタリングラムを叩き込み、レベル5アクアデュークを陥落させます。圧倒的感謝!!

しかしやどぅさんも負けていません。持っていたシニリティをすかさずシルバンダッチェスに打ち込み、隣にいたマイコロンを移動させて奪取。これで再び達成圏内になりましたが、シニリティと防具が1枚消えてくれました。

 

次は自分の手番。このままだとやどぅさんに達成されてしまうので止める手を必死で探しました。「神社行ってないけど神様なんとかしてください! 今度お賽銭弾むから!」

すると、自分のマッドハーレクインの横にいた、やどぅさんのレベル4オトヒメを踏めるダイスが出る。すかさずリビンググローブ+アングリーマスクで侵略! やどぅさんはスペクターローブのST上昇でグローブを倒し切ろうと応戦しますが、ハーレクインの応援もあって届かず、無事奪取に成功します。

これでやどぅさんを止められた! さらに自分の手にはエアーシフトがあったので、先ほど奪ったレベル4に撃てば一気に有利までもっていけそう。

その後誰か(覚えてなくてすみません)が自分のレベル4土地を踏んでしまい、リビンググローブ+グレムリンアイを投げつけてきますがこちらはディスクで防衛。通行料がっぽりで一気に達成が見えてきました。

 

ですが、当然ながら簡単に達成を許してはくれません。次のラウンドにHW8を使えば勝ちという盤面まで持っていきましたが、Bambooさんが手札のバリアーを自分に撃ってそれを阻止。

自分のダイスが腐っている間に、うらかすみさんが先ほどの横付けシグルドのダウンを解除させ、自分のレベル4コーンフォークに侵略。ハーレクインの応援が仇となって、アングリーマスクで落とされてしまいます。うーむ。

さらにやどぅさんが自分のレベル5テュポーンにアウトレイジを撃ち、マイコロンを犠牲にして総魔力を一気に落としてきます。その上うらかすみさんはフレイムデューク+ストームコーザーで自分のレベル4テュポーンに移動侵略。反射的にスペクターローブを使ってしまいますが届かず、陥落。

これでかなり達成が遠のき、うらかすみさんはボーテックスつきナイトエラントのレベルをあげて優位に。(お願い勝たせて……

 

なんとか取り返す方法を考えました。

アウトレイジされたレベル5はあとで移動させればいいとして、先ほど奪われたレベル4風土地にはうらかすみさんのシグルドが鎮座している状態。テュポーンでは手が出ず、アイテムは山盛りで、地形効果がなくても落とすのは難しそう。いったいどうすれば……

 

次のドローは…… グレムリン。

「待てよ、手にあるHW8を使えば、シグルドを直踏みしてハーレクイン応援がついたグレムリンで侵略、で取り返せるじゃん? あ、バリアーかけられてたんだった。なら、気合いで8出すしかないか」

念を込めて、ダイスを振る。こぼれ落ちた目を確認。

 

……たまにはあんたもいいことするね。カルドラ。

 

そのまま達成してゲートに駆け込み、なんとか勝利しました。初戦から28ラウンドという長期戦になってしまい、残りの試合で体力がもつか心配になりました。

 


1試合目だけでこんなに長くなるとは思ってなかった…… 続きは今度書きます。

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown