カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » ウェザリング » ラストリボルトまとめ

2019年4月27日 (土)、大会「ラストリボルト」を開催しました。

優勝されたヨシさん、おめでとうございます! 大会は48名の方に参加していただき、大いに盛り上がって無事終了しました。毎度どうもの方、いつもありがとうございます。お久しぶりの方、来てくれてありがとう。今回がはじめての方、楽しんでいただけたでしょうか。

まずは大会結果から。その後に事前決済の話と、最後に御礼など。

決勝ラウンド結果

【優勝】ヨシ

【決勝進出】ひろよし、カマキリ、ボイラーズ

【準決勝進出】アイルトン、たかし、16bits、ヌーン、npz、ぶるうす、まも〜、たまちょん、aprio、かめ、saiko、ひでちゃん

予選順位表

順位 セプター名 勝利 魔力点
1位 ひろよし 3勝 29466点
2位 アイルトン 3勝 29421点
3位 たかし 3勝 25339点
4位 16bits 2勝 29006点
5位 ヌーン 2勝 28641点
6位 カマキリ 2勝 28189点
7位 ヨシ 2勝 27671点
8位 npz 2勝 25685点
9位 ぶるうす 2勝 24672点
10位 まも〜 2勝 23402点
11位 たまちょん 2勝 22029点
12位 ボイラーズ 2勝 21147点
13位 aprio 2勝 20358点
14位 かめ 1勝 27806点
15位 saiko 1勝 27180点
16位 ひでちゃん 1勝 25318点
17位 まそっぷ 1勝 24967点
18位 けいまっと 1勝 24752点
19位 破魔矢 1勝 23929点
20位 Bamboo 1勝 22994点
21位 ergo 1勝 22793点
22位 なの 1勝 22266点
23位 くるたん 1勝 22068点
24位 キセノン 1勝 21977点
25位 ぬくたろう 1勝 21689点
26位 teru 1勝 21607点
27位 えっくす 1勝 21040点
28位 テッドロア 1勝 20991点
29位 星野安住 1勝 20341点
30位 ザック 1勝 19722点
31位 ゆめまくら 1勝 19587点
32位 やどぅ 1勝 15583点
33位 shiro9ma 0勝 30260点
34位 かよ 0勝 21024点
35位 ウェザリング 0勝 21001点
36位 ナオコ 0勝 20665点
37位 さるたに 0勝 20391点
38位 なきく 0勝 20196点
39位 にょろ 0勝 19969点
40位 カイチ 0勝 19737点
41位 すわベル 0勝 19337点
42位 ブライス 0勝 18229点
43位 アシノモリ 0勝 17351点
44位 アセンブルン 0勝 14485点
45位 霧幻のフィラ 0勝 12634点
46位 風騎士 0勝 12232点
47位 ぱんだ 0勝 12229点
48位 淡雪 0勝 8909点

事前決済について

前回大会「代々木リボルト2018」でチャレンジできなかった心残り。それが参加費の事前決済です。PayPal アカウントの準備は終えていましたが、何名かの方に「対応できない」「クレジットカードを持っていない」と言われ、決行に踏み切ることができませんでした。

オフラインの大会を開催する際、当日の現金決済だと、規模が大きくなればなるほど

  • 準備の時点で多額の支払いをする必要がある
  • 参加者がドタキャンした分を主催者が被らなければならない
  • 来るのか来ないのかハッキリしない人の会費分をどうするのか悩ましい
  • 当日大金を持ち歩く必要がある
  • もし金額が合わなかった場合、受付で貰い忘れたのか、それとも誰かが抜いたのか、などという疑いが生じる

など、いろんな「嫌なこと」が発生します。

そして何より、安全面のリスクが生じます。もし多額の現金が集まると分かっている場に、よからぬことを企む人が紛れ込んだら? もし受付中にトラブルが生じて主催者が会場を一時的に離れなければならなくなったとして、途中まで集めた参加費を誰かに預けなければならないとしたら?

昔だったら、これらのリスクを回避する手段はありませんでした。しかし現代ではこうした課題の解決策は用意されており、そのひとつがオンラインでの事前決済です。

PayPal を選んだのは、ニンテンドーeショップでの支払い方法に選ばれるなど、世界中で使われる実績を持っていることと、今後もし次回作が Nintendo Switch で出た場合 (その可能性が大きいと考えているので)、PayPal アカウントを持っていれば、ソフトの購入や追加コンテンツの購入にも使用できることから、将来的に親和性があるのではないかと考えたためです。

これを実際に利用してみて

  • 利用実績を積む
  • 利用した場合に大会運営がどんな風に変化するか確かめる
  • 今後も使い続ける場合の課題を知る
  • 本当に PayPal で大丈夫かどうか確認する
  • どのくらいの割合で「できない」と言う人が出るか確かめる

などを確かめること。これがラストリボルトを開催するテーマのひとつでした。

なぜならおれは、次回作が出たら (出ると信じています)、もっと熱く、激しく、真剣勝負を楽しめる大会を、リボルト時代の今よりもっと大きな規模で開催したいと思っているからです。目標は256人集めること。それが難しくても、100人は絶対に超えたい。

このひとつ前の記事「平成カルドオフ振り返り」でも述べた通り、これまで開催された非公式大会では、Evyさんが開催した「代々木杯」の熱さが最高潮だったと思っています。それを超える大会を実現するのが、おれの大きな夢です。

人数だけ上回れば熱さを実現できるわけではありません。先日、こんなツイートをしました。

人数だけでは決まりません。だけど、人数は絶対に必要です。そしてそれを実現するために、大量のスタッフを確保することが叶わない非公式大会では、運営の効率化は絶対に必要な条件となります。

言葉は悪いけど、皆さんには、おれの夢を実現するための実験台になってもらいました。でも、どうだったでしょうか。すこし強引なところもありましたが、終わってみれば、それほど悪くない取り引きだったでしょう?

もちろんこれが全てじゃないですよ。ラストリボルトを開催した裏側にはいろんな想いがあって、皆さんに完全燃焼する場を楽しんで欲しいという想いとか、準決勝+決勝の形式をもう一度やりたいとか、そういう考えもありました。そのひとつに、将来のための布石という想いもあったという話です。

ご協力いただきありがとうございました。おかげで、できることとできないこと、それから解決すべき課題も見えてきました。そして次こそは過去の全てを超える最高の大会を実現するため、まだ次回作が発表にもなっていない今のうちから、万全の準備を整えていきたいと思っています。

御礼

というわけで、参加してくださった皆さん、スタッフの皆さん、おれのワガママに付き合ってくれてありがとうございました。この御礼としても、ぜひ次回作が出た暁には、最高の大会を作り上げたいと思います。それがひとつの夢です。

そしておれは、その最高の大会で、主催者でありながらの優勝を目指します。それがもうひとつの夢です。

ではでは、また遊びましょう。ありがとうございました。

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown

ユーザー情報

weathering ウェザリング
@weathering
4682-9712-6247

大会を開催する運命にあります。

このユーザーの最新の記事

このユーザーのリンク集