カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » zack_urchin » セプター競馬部 騎手のこと

1年以上カルドブログ一切更新していなかった。。

セプター競馬部も春のG1ラッシュで既にテンション上がってきたぜー!モードに

なってるかと思うので、皆の回収率アップ(?)を願い、

私の個人的な気持ちも若干含めた騎手の特徴を書こうと思います。

とはいえ、騎手も100人くらいいるし、すべてを知るはずもないので

リーディング(順位)のいい者中心に適当に。

騎手よく分からん!向け。知ってる人はもう知っとるぞなので、流し見でいいかも。

 

川田将雅

代表馬:クリソベリル、ダノンプレミアム、ファインニードル、スーニなど

・現在の日本人最強ジョッキー。大体上位人気なのでとりあえず何も考えず買っていい。

・昔はダート戦や前哨戦の重賞では強いが、芝G1ではイマイチ勝ちきれなかった。

例:2019年重賞15勝上げるも芝G1で勝ち0

現在では芝G1も勝っている。

・中内田厩舎安田厩舎とタッグ組んだりダノン冠(ダノックス)と縁がある。

・特に買いと思うのは、2頭よく騎乗するのがいて

敢えて穴馬と思われるのに騎乗した場合は押さえた方がいい。

(安田記念のダノンプレミアムとダノンキングリーでは1年休み明けのキングリーに乗って勝った)

 

岩田望来

代表馬:ロータスランド、アスクワイルドモア

・実はコレ書き始めた時は2位。ご存知岩田康誠の息子。

・若手騎手の期待株

・20代前半でこの成績は極めて優秀なのだが、何故か重賞タイトルに縁がなかった。

しかし京都牝馬Sでロータスランドで念願の初重賞勝ち、続く京都新聞杯でアスクワイルドモアも穴を開け勝利。

・平場レースは強いので、平場の時はとりあえず買っておくといい。

 

横山武史

代表馬:エフフォーリア、タイトルホルダー、ウインマリリン

・競馬一族横山典の三男。関東所属。

・2021年のエフフォーリアをきっかけにブレイク、若手期待株というか関東ではトップ。

・完敗した後のレース後インタビューが悲しくなってくる…

・今春では重賞でキラーアビリティやソネットフレーズで人気裏切る走りが続き

去年の勢いが感じられず壁に当たってる感。

 

Cルメール

代表馬:アーモンドアイ、グランアレグリア、レイデオロ、サトノダイヤモンドなど

・毎年年間トップ3に入る

・何買うか分からないって場合はとりあえずルメールを買っておけばいいと言われる

・土曜より日曜の方が明らかに勝ってる。日曜のがビッグレースが多いからと思われる。

・ルメールが乗れば斤量2キロ軽くなるとも言われる

・今年は色々ゴタゴタもあり、4月まで国内重賞勝ち無し!(2着はある)ルメールとしては異例。

・ルメール馬券で楽しメールはいつ来るか。

 

武豊

代表馬:ディープインパクト、スペシャルウィーク、サイレンススズカ、キズナなど多数

・競馬よく知らない人でも知ってる騎手筆頭

・ホープフルS以外のG1は全て勝っている。ホープフルは後出しG1なので実質全制覇。

・去年の春頃は怪我明けでいいところなく終えることが多く、武豊も年には勝てぬと思ったら

秋冬に調子を少しずつ取り戻して来た感。

・買い時は、人気を除くと力あるけど勝ちから遠ざかった馬。甦り率が高い…気がするので

乗り替わりの時は見た方がいいかも。

・ロマン買いは、弟の武幸四郎か同期の蛯名正義関連の馬。

 

よくGⅠで見る騎手をとりあえず書きました。

続編は気が向いたら書くし、別の話題になるかもです。

こんな偉そうに書いてるけど今年はトータルで負けています。

が、例え負けてても宝くじよりは確実に回収しているからセーフ理論で精神を維持してます。

 

計画的に良い競馬ライフを…

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown