カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » 森陽 » ~剣乱舞踏祭反省録~『秘剣・鶴嘴ノ舞』

朧月の晩。
夜道を歩きながら、異形の者は、胸の内に蟠る暗い感情に苛まれ続けていた。

鎖国された国、圧政下に竦む小物ども。
蛇を前にした蛙が如き無抵抗なやつばらに、
己が故郷の伝統武器を振り翳し、振り下ろしてはまた振り翳す。

――つまらぬ。

どれもこれもが己の相手に相応しからぬ力しか持たないというのに。
この国の雇い主は口を揃えて
「このくらいで満足しておけ。」
「欲深は仕損じる。」
「身の程を知れ。」
などと己を抑え付け、隣国から招かれたという亡国の将とやらばかり優遇をする。

――それほどに腕力が重要か。

確かに、自分にはあの将ほどの突破力は、ない。
しかし誰にも真似をすることのできぬ、鍛えに鍛えた業が、秘剣が、ある。
その力を思うがままに抜くことができたのなら、己は――

その時、
闇の底から声が毀れた。
(それ程に欲するか……)
(ならば与えてやろう……)
(貴様の剣に相応しき舞台を……)
(相応しき剣闘士を……)

前触れも無く。
異形の者の身の内から、沸々と力が湧いてくる。
そして捉えた、闇より飛び出す獲物の巨大な影。
振り向きざま咄嗟に繰り出した秘剣は、あろうことかその巨影を一刀の元に両断した。

常ならぬ剣の冴えに、全身の毛穴が開く。気勢が迸る。
苦労しながら残心の型を保っていると、満足げな表情を浮かべる男が独り……
「これはよい剣じゃ。これならば、我が悲願。成し遂げてくれるやもしれぬ。」
「これは貴殿が仕業か。己はまだ何も――」
困惑を吐きだす異形に、男はニヤリと笑い、
「尾は口ほどに物を言う……」

見ると、巨影の地で濡れた地面に幾つもの穿穴が。

無意識の内に動いていた己が尾を摘み、異形もまた、口を笑みに歪ませる。
「今宵の鶴嘴は血に飢えておるわ――」

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

はい、そんな訳でして。
アヴァさん主催、GPチェーン」-剣乱舞踏祭-予選、
マトックテイルことカンガルーブックを使ってました。

ティラニーで厄介な援護持ちやらを麻痺らせ、ブーメラン持たせて特攻する日々。
運良く勝ちを拾ったりしながらも、やはり限界を感じるわけです。
「このままでは……ダメだっ!!」

私が欲しいのは、チェーンという戦闘マップで連鎖を維持できる継戦能力と、
マジックブーストにも負けない――爆発力。

で、途中でバイタリティとテレキネシスをぶっこんだカンガルー本に切り替えたところ、
思いの外チャンスメイクできたりして……
運良く2勝挙げ、決勝に進むことができたのです。

目指せ! 夢の二段階LvUp!

そして迎えた-剣乱舞踏祭-決勝、第一戦。
お相手はヨシさん(火)、素破さん(水)、knatsuさん(地)。

(私の使用ブックはttp://colo.culdcept.net/Contest/14/room/3から見れますヨ)

序盤はknatsuさんの土地呪いスペルが飛び交い、なかなかにカオス。
ヨシさんはドローに苦しみ、クリーチャー配置で大きく出遅れます。
そんな中、粛々と連鎖を組んでいく素破さんが一歩リード。
私は一歩遅れて追随。

中盤、素破さんからセプトったHW8で素破さんの拠点(三叉路)をドレイクで奪取。
続いて、アワーグラスを持っているために落とせないknatsuさんのバンパイアLv4を、偶然手持ちが9Gになった隙に、タイミングよくHW8で踏み抜いてニンジャフュージョン。
更に、素破さんの拠点をテレキでどかしてバ=アル配置などなど……高額地奪取を3度決めて、独走状態に。

い、……いけるでぇ。このまま逃げ切り勝利、ありうるでぇ……!

などと浮ついている間に、辛抱強く現金を持ち歩き連鎖を繋ぎ続けたヨシさん、マジブで高額地を作って一気に追い上げ、さらにイケイケ(笑)な侵略でアイテムを愚かにも使い果たしていた私の拠点・マトックテイルたん(Lv4才)に、パワーブレスレットをつけたフレイムロードさんでオシオキ。大人げない超火力ッッ!! 哀れ調子に乗ったカンガルーは一瞬で消し炭に。

あ~ん、マト様が死んだ~と涙目な私は、その後
knatsuさんから奪ったLv4ニンジャ(地)
素破さんから奪ったLv4バ=アル(水→火に地形変化済)
を立て続けにknatsuさんに奪われます。積んだ。完璧に。

トップから一気に転げ落ちた私を余所に、4位から一気に追い上げたヨシさん達成間近。40Rまで残りはあと1~2ラウンド。
これは勝負あったか、というところで、素破さんがマジブで上げた三叉路Lv5をknatsuさんが踏んでしまいます。通行料3000G発生し、総魔力でヨシさんを逆転。

最終盤のダイス勝負で勝利した素破さんが決勝卓進出を決めました。

いやぁ、大惨敗を喫しましたが、実に面白い試合でした!
優勝決定戦でもヤマトさんがHW8→砦→移動侵略で勝利をものにしましたが、このマップってHW8を遣った侵略がすごく強力だとわかりましたね。
予選でも何度かそれで勝ったりしたのですが、特に終盤はイロイロと考えることが多すぎて、対戦相手のマス目までには注意が行き届かない。分岐等を用いればかなりフレキシブルな軌道ができるので、相手の意識外からの直踏み・移動侵略が可能なのです。

素晴らしい大会を企画・運営して下さったアヴァさん、
そして動画アップロードで大会を盛り上げて下さった皆さんに感謝!
この大会に参加できたことで、カルドへのモチベーションが一気に高まりました。

0

この記事への反応

  • knatsu (2012年11月27日)

    大会のせつはお世話になりました。
    序盤バンパイアが落ちてから、逆転の目はまだあると分かっていつつも、
    冷静に対応できず、悪手を打ち続けてしまったのが反省点でした。
    場を荒らしただけの結果になってしまって申し訳なかったです。

    また機会があれば(というか日曜日対戦しましたね 汗)、対戦よろしくお願いします。
    ありがとうございました。