カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » さるたに » ある日の王女杯 …その1

気がついたら王女杯始まってるじゃないですかー!
 
4コマイベント遠征やら哭牙やら仕事やらに追われて9月後半からスパーどころかカルド自体をサボってましたが、やっぱ大会には絡んでおきたいってことで慌てて参戦。
クリーチャーは気持ち多めで事故率を下げ、妨害よりも自分用スペル優先という方針で組んだ急増火ブックを引っさげて、いざオンラインの戦場へ!
 
>1戦目
結果は4位。
 
属性かぶった火ブックと延々消耗戦やってたら、のびのびやってた地のはーじーさんがサクっと達成して終了。
終盤に手持ちぎりぎりまでの護符買い&マジブで少しでも順位を上げようと足掻いてみたけど、結局はレベル5踏んで壮絶に爆死したりして。
 
相手の火の人には劣勢の私を殴る手順を水ブックのアイボリーへ向けてほしかったけど、水ブックの人が(私への)移動侵略がしやすい位置にいる火の人のクリーチャーへ執拗に呪いスペルかけてた事を考えると、二人して相手の術中にはまってた感じ。…水の人は途中でAI化してたけど。
 
>2戦目
結果は2位。
 
皆がスタンダードな走りブックで、侵略やスペルでの妨害は控えめというスピード勝負な環境。
二人いた地ブックのうち連鎖数がイマイチに見えた人が護符買いからの連続マジブで一気に達成してしまい、まがたまにおける走り場の怖さを目の当たりにするなど。
 
>3戦目
結果は1位。
 
にょろんぱさん、ヨシさんと遭遇。
だれでも対戦で知ってる人と遭遇するのは「いよう戦友!」って感じで楽しいけど、手強い相手に当たっちまったというゲンナリ感も否めなかったり(笑)。
 
今回は属性がうまく分かれて皆が序盤から土地を確保できた上に、グラニッドアイドルを置かれてセプター妨害スペルが役に立たない強制走り場というべき環境に。
シャッター撃てずにうろたえる私を見てにょろんぱさんが楽しそうにアイコン出してるけど、この状況で露骨にクイサンはめ狙ってるヨシさんを放っとくのはマズくね?
 
…なんて言ってるそばから自領地レベル4へクイサンを施すヨシさんでしたが、このクイサンでホリグレを使う手持ち魔力が足りなくなってニンジャ+フュージョンに成す術がなくなるという惨劇を目の当たりにしてしまい、ご愁傷様というかボイチャOFFなのが非常に悔やまれたりというか。
 
試合自体は護符買いやマジブで順調に伸びた私があっさり達成勝利。
走り場にアイドルブックが混ざると、護符買いとマジブを決めたもん勝ちになっちゃいますね。

0

この記事への反応