カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » 石の中にいる » 多色のすゝめ 3

土地を4つ持っていても全て色が違えばさすがに戦えません。

土地4つというのは、単色ブックが上がりを目指すうえで必要最小限の土地数と言えます。

2800G注ぎ込めば全ての土地をレベル4にできるので、総土地魔力は6400Gになり、達成が見えます。

この4つの内訳が

火2

水2

いわゆる2色2連鎖だったとしましょう。

2800G注ぎ込んで、いずれのレベルも4である場合、総土地魔力は4800G。さすがに4連鎖の総魔力には及びません。しかし、4連鎖を作る過程で自力地変にコストを要していたらどうでしょう。上記の2色2連鎖の状況から600G使って火を4連鎖にした。レベル上げに使えるコストは2200Gとなり、全ての土地のレベルを4にすることは不可能です。

火4連鎖側が2100G使ってレベル4を3つ。その場合の総土地魔力は5000G。

ここで、火土地を取って5連鎖になったとしましょう。総土地魔力は5720G。

さらに火5連鎖に火土地を加えて6連鎖。倍率は5連鎖で打ち止めなので伸びはわずか5940G。

一方、2色2連鎖(すべてレベル4)も火土地を1つ増やしました。

その場合(火3、水2)総土地魔力は5460G。

さらに、

火土地を増やした場合(火4、水2)は6000G。

火ではなく水土地を増やした場合(火3、水3)は6120G。

 

3つの例いずれも土地の数が6つで6連鎖側が最も低い総土地魔力となりました。そして、大きな違いは6連鎖側はレベル4が3つ。2色側はレベル4が4つ。踏み期待が大きいのは2色側ですね。

しかし、これは単色を否定するものではありません。単色で連鎖を組むのなら、どれだけ安いコストで連鎖を構築するかが肝になるのです。強引な自力地変で連鎖を増やすぐらいならインフルエンスやチャリオット、クリーチャーの移動能力を活用するべきです。4連鎖がすべて素ダイスで取れたなら、いわずもがな2色を突き放す総魔力の伸びが期待できるのです。

 

 

結論 土地4つの状況からどのような手段、コストで連鎖を増やしたかによってこの結果に違いは生じますが、多色のままレベルを上げても単色に引けを取らない総魔力の伸びが期待できると結論付けてもいいように思えます。

 

 

マジックブーストの効果

これまでのカルドセプトでは、連鎖していない土地のレベルを上げても総魔力は上がりませんでした。連鎖なし(1連鎖)の連鎖倍率が1倍であるため、倍率による上澄みが期待できないのです。

手持ち魔力から1500Gをつぎ込むと、総魔力が1500G減り、投資によって土地価値が連鎖倍率1倍上昇するので、投資額そのままの1500Gが増えます。

★総魔力4500G-投資額1500G+連鎖倍率1倍で1500G上昇=4500G

 

護符を買っていれば、護符魔力は上がりましたが、聖堂の無いマップでは通用しない話です。

 

ところが、3DS版に登場したマジックブーストはこの常識を覆します。

上記の式がマジックブーストによって以下のように変わるのです

★総魔力4500G-投資額750G(1500G投資とみなす)+連鎖倍率1倍で1500G上昇=5250G

実際にはマジックブーストのコストが引かれるので結果はやや少なくなります。

 

これの意味する所は、連鎖が無くてもマジックブーストを使えということです。連鎖の有無に関係なく必ず利益が出るスペルなのです。当然踏み期待も加味します。しかし、重要なのはタイミングです。打てる機会に打たなくてはマジックブーストのような強力なカードは破壊されてしまうのです。セフトで奪われるなどもってのほかです。

 

これを踏まえ、

単色ブックと多色ブックでのタイミングの違い

単色でインフルエンスを仕込んでいないブックの場合、1歩先の土地が意図した連鎖と違う色であった場合、まずは地変が先になります。そうでなければマジックブーストで作ったその高レベル土地を自力地変するコストが必要になるためです。この時点でマジックブーストのタイミングではありません。仮にインフルエンスを仕込んだブックで、次のターンに打てるとします。しかし、必ずしもそれを許してもらえる展開になるとは限りません。セフトやシャッターでインフルエンスを失ったら、色のあっていない高レベル土地が野ざらしになるのです。

多色ブックではどうか

目の前の土地が何色だろうと打てばいいのです。インフルエンスなんか入れてません。しかし、今後その色で連鎖を増やせばいいのです。

とは言え、さすがにクリーチャーと土地の色は合っていた方がいいでしょう。クリーチャーと土地の色を合わせた配置というのは基本中の基本です。どの土地に止まってもその色にあったクリーチャーを出せる。それが多色ブックの狙いです。そのようにして色の合ったクリーチャーが盤面にいくつもいれば、マジックブーストを打てるチャンスも多くなっているはずです。肝心なのは、その土地の連鎖数は全く問わないという点です。

 

 

結論

単色は 地変してからマジブ

多色は マジブしてからその色で連鎖を増やす

こうです。

0

この記事への反応

ユーザー情報

nussansan 石の中にいる
@nussansan
1848-2581-2369

君も!効率的なカルドの向こう側へ

このユーザーの最新の記事

このユーザーのリンク集