カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » インテグラル » まがたま8000G使用ブック①

一周年記念フェスお疲れ様でした。

まがたまはいろいろ試みてはみましたが、安定して高勝率のブックを作ることはできませんでした。まがたまの環境というのはかなり固定化されているから当初は簡単に勝てるだろうと踏んでいましたがうまくいかんもんです。固定化するにはやっぱりわけがあるんですねえ。

 

まがたまの環境はみなさん知ってのとおり。どう頑張っても地形的には地風の2強、護符を買いまくってレベルを上げるというシンプルな戦術がトップメタです。おそらく私が遭遇したのブックのほとんどは実際そうだったと思います。(ここまで戦術が割れているのに勝てないなんて情けない話です)

そういうわけで、いろいろ対抗策を練ったわけですが…。可能性を感じたブックを二つ紹介します。

①護符カタスブック

護符カタス@まがたま(by インテグラル)
ブラスアイドル4 アンチマジック1
ヒートインプ2 カタストロフィ4
ウィッチ4 コラプション4
サブサイド1
ターンウォール3
チャリティ4
ドレインマジック4
バリアー3
ピース4
フライ2
ランドドレイン1
リコール4
リフォーム2
リフレクション3
クリーチャー10アイテム0スペル40

メビウスのときに作った護符ブックに構築は近いですが動きはやや異なります。

メビウスとは違って護符価値が低く相手が簡単に護符買いをできてしまうのがそもそもの問題です。そこで、コラプションで相手の護符買いを抑制してしまおうというのがまず前提。しかし護符買いを抑制しただけでは勝てません。まがたまは護符ゲーであると同時に南土地の踏みも発生しやすいマップであるため、護符買いできなかったセプターは南土地のレベルを上げ始めます。そうなると厳しい戦いは必至。しかもコラプションを見せ札に護符買いを抑制してしまうとブックの残りのコラプションは腐ってしまうというなんともいえないジレンマ…。

そこでカタスの出番、というのがこのブック。つまりメビウスのときはあくまで護符ブックがメインで、カタスはサブ。それに対し、このブックはカタスがメインであるという大きな違いがあります。

しかしあと一工夫足りないというのが正直なところ。なんかいいアイデアありませんかね。オドラデクとか入れればいいのかな?

 

カード一部解説

アンチマジック、バリアー…手札干渉と序盤のコラプションに弱いのでその対策

TW…主にグラニット対策。余ったらジャッカを固める。

リフォーム…主にマジブを消す。

カタス…ブックの核

コラプション…護符買い抑制

ヒートインプ…護符買い抑制。コラプを序盤に引けなくて買いまくられた場合の保険。

0

この記事への反応

ユーザー情報

integral インテグラル
@decoytegral
4270-4499-7536

3dsからカルドセプトをはじめました。ブック構築が好きです。

このユーザーの最新の記事

このユーザーのリンク集