カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » hariuta » カルドラリーグの振り返り

 

スパイダーの練習ブック

スパイダー 風 ミストウイング - hariuta2
リビングアムル2カタパルト1エアーシフト3
リビンググローブ4チェーンソー1ギフト4
ミストウィング3ブーメラン1シャッター1
ランドアーチン1ストームアーマー1スニークハンド3
グレムリン3スパイクシールド1ドレインマジック1
シルフ2スフィアシールド1マジカルリープ3
テュポーン4スペクターローブ1バインドミスト2
マッドハーレクイン3グレムリンアイ1ホーリーワード83
クリーチャー22アイテム8スペル20
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

ランドアーチンとミストウイングは、風の弱点であるMHPの低さと、防衛能力の低さを補うために入れていました。あまり総魔力を増やしたくないMAPなので、複属性土地やそれぞれの色に配置して、1連鎖状態で魔力投資できるのは助かります。

対戦していて感じたことはマッドハーレクインが狙われやすく、踏まれた際に侵略する理由が強いカードなので、目立たないように立ち回るプレイングをするうえで邪魔になるカードでした。代わりにランドアーチンとデコイを増やしたいです。

二つ目は、ランドアーチンとミストウイング、それぞれの色もしくは複属性土地で高レベルにすることが多いことです。交差点に配置して、複属性のままレベル上げは、順位を上げずに魔力投資できる点が、ギフトの効果を高めたり、少なからず対処の優先度を下げてもらえていたと感じます。

スパイダーは、二つの十字路のおかげで踏み回避できるので、踏みで試合が決まるということがなくて個人的には好きなMAPでした。加えて、荒れやすいMAPは立ち回りがより重要になるので、勝てた時は盤面をコントロールできた感が出て達成感も大きいです。

 

ゴールドバグ

ゴールドバグ 練習 - hariuta2
リビングアムル2ストームアーマー2ウォーターシフト3
リビンググローブ3ストームシールド1エスケープ1
G・ノーチラス3スパイクシールド1ギフト4
カイザーペンギン3スペクターローブ2クインテッセンス1
ヘルグラマイト1チェーンソー1スニークハンド1
マカラ3 セフト1
ミストウィング3 ドレインマジック1
グレムリン3 バリアー1
ヘイスト1
ホープ2
ホーリーワード81
マジカルリープ4
ランドトランス1
クリーチャー21アイテム7スペル22
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

侵略もできるかもしれませんが、早々に諦めて走りブックに。しかし、侵略要素0だと中盤以降の巻き返しが難しく、プレッシャーも与えられません。それを解消するためにグレムリンを入れてます。

グローブが強くなりやすいMAPなので、ウォーロックディスクの採用数が多く、グレムリンが無力化されることが多かったです。 また、ウォーロックディスクを持っていなかった人の高額を落とせても、横移動でディスク侵略されうることが多く、いろいろ悩まされることが多かったです。

ラントラとまとめて破壊するためにレイオブロウを入れるべきですね。

 

ラクーン

ラクーン ホームグラウンド  - hariuta2
リビングアムル3グレムリンアイ1ギフト4
G・ノーチラス1ストームシールド1クイックサンド1
キロネックス2スパイクシールド1クインテッセンス2
グルイースラッグ2スペクターローブ1ヘイスト4
ゼラチンウォール3ゼラチンアーマー1ホープ2
フェイト2ダイヤアーマー1ホームグラウンド4
マイコロン3 ホーリーワード84
マカラ2 リミッション3
ミストウィング2
クリーチャー20アイテム6スペル24
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

・練習の途中からリミッションを使い始めたので、手札に一枚しかない場合の、最善の使用タイミングがわからないままでした。下砦に回らないと土地が取れず、ホームグラウンドの達成状況すら満たさないことが多々ありました。しかし、足スペルが無い状況で下砦に回ると、宝石屋に立ち寄れず、無駄にターンを浪費してしまうこともありました。

・クインテッセンスは妨害としても使える以上に、水土地に置いた自分のクリーチャーに打って、ホームグラウンドの条件を満たすために使えたりで便利なカードでした

・侵略ブックにはかなり弱いと思います。ホームグラウンドを使用した後にレベルを上げていたのでは間に合わないので、属性が一致していない土地に配置されたクリーチャーのレベルを予め上げなければいけないためです。

しかし、侵略ブックが勝利しにくいMAPだと思いますので、侵略ブック対策は捨てて、走りブックに走り勝つためにと考えてブック構築をしていました

 

 

 

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown

ユーザー情報

hariuta hariuta

このユーザーの最新の記事

このユーザーのリンク集