カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » Dump » 今更ですが:京都オフ優勝までの経緯3

京都オフ3戦目。マップはジャンクション。4人戦。

絶賛国王杯開催中であり、参加者全員、最も完成度の高いブックを持ち寄るであろうマップ。

ただし、今回の勝負は少々特殊だった。

ブック交換戦という、その時のスコアに基づいて決められた相手に自分のブックを渡し、

自分も同じく他の相手から渡されたブックを使う、という勝負形式だ。

ちなみにスコアは渡した相手と渡された相手の得点がそれぞれに入る。

つまり、自分が負けてもブックを渡した相手が勝っていれば

総スコアの高いプレイヤー4人で行う決勝戦に残れる可能性があるということだ。

 

なぜかしらないが2連勝でスコア1位になっていた自分は、

スコア最下位だったうらかすみさんにブックを渡すことに。

(というか、俺がスコア最下位の人から貰うんじゃないんだな…)

俺は自分のアレスブックをうらかすみさんに渡し、使い方を軽く説明。

次に俺がブックを貰うのは…このオフ会の主催者のまそっぷさん。

まそっぷさんはDumpさんなら、と言って不敵な笑みで怪しげなブックを回してきた。

なになに…よーし、任せておけ。

 

 

数十分後。

そこには2度の枯渇で完全にATMと化している俺がいた。4位である。

すいません、手も足も出ませんでした先生!

貰ったブックはデコイとシェイドフォークでパイエティコイン稼ぎをするブック。

投資先はシーボンズ。それらが4枚づつとアヌビアス2枚、クリーチャーは計14枚。

序盤からクリーチャー引けず盛大に事故り、引けたデコイにもターンウォール。

相手が火と風で拠点を作るとなれば、リコール4と足3枚ではやはり高額地は避けられず、

頼みの綱のターンオーバープレイグも枯渇後に引く始末。

ここまで来るとどうしようもない。くそー見事に負けたー。

 

一方で俺がブックを渡したうらかすみさん。

どうも中盤までは3ケタの魔力でヒイヒイ言ってたらしいですが

アレスと手札破壊で場を荒らし、最終的には1位になっていたようです。

対戦相手からは、「あんなブックを渡したのは誰だ!?」と怒号が飛んでいたらしいですが、

すいません、それ私です。

 

そんなわけで、3戦目の俺のスコアには4位と1位のポイントが入ることになり、

俺は総合成績2位で決勝に残ることになったのでした。

マジでか。

 

つづく。

 

使用ブック

[クリーチャー] 14枚
シェイドフォーク×4
デコイ×4
アヌビアス×2
シーボンズ×4

[アイテム] 7枚
グレムリンアムル×1
ニュートラクローク×1
パイエティコイン×4
ペトリフストーン×1

[スペル] 29枚
インフルエンス×3
エスケープ×2
ターンオーバー×1
チャリオット×1
チャリティ×4
ファインド×1
プレイグ×1
プロフェシー×1
ホーリーワード8×3
マジックブースト×2
リコール×4
リバイバル×1
リフォーム×3
リリーフ×1
リンカネーション×1

 

渡したブック

[クリーチャー] 21枚
コロッサス×4
ニンジャ×4
アレス×3
ジェネラル=カン×3
パイロマンサー×2
ブラッドプリン×2
マスターモンク×3

[アイテム] 7枚
カウンターシールド×3
カタパルト×1
トンファ×2
フュージョン×1

[スペル] 22枚
アンチエレメント×1
ウィークネス×1
シャッター×4
スクイーズ×1
チャリオット×1
ディジーズ×2
ティラニー×1
テンペスト×1
ホーリーワード6×3
ホーリーワード8×4
リフォーム×3

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown