カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » Dump » 今更ですが:京都オフ優勝までの経緯2

京都オフ第2戦。マップはCHAN-PON。3人戦。

本来は4人戦の予定だったのですが、当日は急遽欠員が1名出たため

抽選の結果、自分は3人卓に入ることになりました。

 

正直なところ、自分はCHAN-PONに関しては戦略を全く考えていませんでした。

というか、それまでは護符無しマップでの侵略戦術ばかりを考えていたので、

この時は護符マップに関する知識はまったくと言っていいほどありませんでした。

…だってなんか、メンドくさいし。護符。

というわけで、下手に護符買いを意識したブックで行くのは得策でない。

そもそも、大会でなくオフ会なので、そこまでガチな空気でもない。

なので今回も自分が最も得意とするアレスブックを持っていきました。ケマゾツ入りで。

 

出てきたのは無のゴブリンブック、それから王道のコンジャラー火ブック。

場にはリフレクションのついたブラスが早い段階で置かれ、ブラス場が固まりました。

俺は北側の護符を買っていたものの、北の火土地がデコイで埋まり投資できず。

無ブックの人はスパルトイなどで高速でクリーチャーを展開していくものの防具が薄く、

俺がそれを片っ端から潰していく形に。結果手札破壊は殆ど火ブックの人の方へ飛び、

ブラス場にもかかわらず全員土地が守れない状況が発生。

結局、中盤までは全員投資先が定まらないままウロウロ。

 

中盤。

俺は南の火土地にアレスが置けたのをきっかけに投資先を乗り換え、南で連鎖を組みなおします。

火の方は北で火土地を上げていましたが、俺がニンジャでちょっかいをかけて高額を落としたり落とされたりを繰り返し、安定しない。

無の方は自分の侵略が刺さりあまり伸びていなかった気がします。

 

終盤。

俺は相手のブックに見えたシニリティを怖がりながらもアレスをLV5に。

…が。

引かれましたよシニリティ。そりゃブラス場だもん、引くよね。

しかもアレスの横にはバ=アル先生。

相手はこちらの交換を見切ってか即打ちこそしなかったものの、

直踏みorバ=アルが動かせる次ターンには確実撃つだろう雰囲気。

正直どうなる、と思いました。

が、次ターン、同じくこちらにもブラス場の恩恵。

俺はスクイーズをトップデック!いや、カルドだとトップブックか?

ともかく、なんとかシニリティを破壊することができ、

あとはそのまま相手を抑えて目標達成と相成りました。ヤッター!

 

 

…3人戦。

いや正直、3人戦だったおかげだよなあ…

多分相手3人でブラス場だと妨害は刺さらなかったし、

単純に考えた勝利の確率が4分の1から3分の1になってたってのもでかい。

ほんと運がいいとしか。うん。

 

というわけで、第3戦に続きます。

 

使用ブック

[クリーチャー] 23枚
コロッサス×4
ニンジャ×4
アレス×3
ケマゾツ×2
ジェネラル=カン×3
パイロマンサー×1
ブラッドプリン×2
マスターモンク×4

[アイテム] 6枚
カウンターシールド×3
トンファ×2
フュージョン×1

[スペル] 21枚
アンチエレメント×2
シャッター×4
スクイーズ×1
チャリオット×1
ティラニー×2
ホーリーワード6×2
ホーリーワード8×4
ランドドレイン×3
リフォーム×2

0

この記事への反応