カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » さるたに » ある日の京都オフ …盤外編

>涅槃門
オフ当日が夜勤明けで職場から直接会場へ向かう羽目になった私。
googleマップで検索した会場への最寄ルートがぐる~ぶさんのツイートで大ウソだったのを知ったお陰もあって、ギリギリで開始予定時間に間に合った…と一安心してたら、新幹線に乗り損ねたというBOMBEEさんや、普段のペースで出遅れてるらしい男の浪マンさんも見事に遅刻してると聞いて安心するやら損した気分になるやら。

「どうせ浪マンさんは仮面ライダーウィザード見てて遅れてんじゃね?」
「なら浪マンさんが今日ブックに入れていいクリーチャーはウィザードだけってことで」
「んでアイテムは貫通とプロテウスの各種リング限定な」
…そんな会話が実現しなかったのは幸運というか残念というか。

>鯉口
「BOMBEEさんを迎えに行ったまそっぷさんがいつまで経っても帰ってこないんだけど」
「…つーか、Twitter見てると二人して迷子になってるように見えるのは気のせい?」

と、開幕前からgdgdの極みにありましたが、その元凶は先に部屋へ入れろと言っても全員揃わないと云々とかゴネたりしてた会場の自遊空間にあるんですけどね。

あと超どうでもいいことですが、お便所の個室にデカデカとエロゲのポスターを貼ってたのは、場所が場所だけにアレしろということなんですかね自遊空間さん。

>栗形
試合の合間にノートPCを持ち込んで偽トロによる動画配信の設定に腐心してたえっくすさん。
努力の甲斐あって同日にヨシさんが開催していた福島オフ勢との同盟対戦も実現したようですが、その後にえっくすさんとペアを組んだ裏霞さんに試合内容を聞いてみたところ、
「何もできずにダイス振ってるだけでした…」
という痛々しいお答え。

ちなみに我らが京都オフ勢代表だった二人は、今回のオフにおける成績が(下から)一位&二位というコンビだったあたり、福島オフ勢との対戦にかける意識の差を思い知らされたりとか何とか。
 
>返角
「…え!? まだ試合やってんの?」「ごめん! もう35Rやから、もうちょい待って!!」
…ごめん、勝ち目はないけど降参するのは嫌やからイクリプスで達成阻止するけど許して!

そんな荒れに荒れたアレすぎる決勝卓の興奮(主に時間的にアウトな点で)も冷めやらぬ中で突撃した二次会会場は、落ち着いた趣きの料亭でありました。

「うわ、すげえいいトコじゃないスか!」
「こんなちゃんとした場所に俺らみたいなのが来ていいの?」

…とか言ってるそばから、

「すみません、トイレは人が一杯で…」
「じゃあペットボトルで」

などと早速えっくすさんがやらかしてくれやがった上、この爆弾発言の意味を即座に理解してしまった店のお姉さんにダメ野郎どもが超反応するという醜態を晒すという救いようのない展開に、さしてアルコールが入ってない段階で既に頭が痛くなる惨状と相成りました。

や、予約から遅れたのと、この問題発言以外でお店に大きな迷惑はかけなかった(はず)ですけどね。
…そんだけ迷惑かけりゃ十分と言われたら、ひたすら土下座するしかないですが。

>鐺
そんなこんなで終始gdgdながらも盛り上がったオフでしたが、二次会が終わった後で時計を見ると家へ帰るにはダメそうな感じだったり。

こりゃカプセルホテルでも探さにゃな…と口にしてみたら、それを聞きつけた裏霞さんが自分の泊まってる宿に電話して私の寝床を確保してくれるという侠気を発揮してくれました。

おかげ様で裏霞さんが泊まってる宿…の予備っぽいマンションの一室を確保してもらって、静かで広くて予想外な京都での一夜を過ごすことができました。

この場を借りて、裏霞さんには本当に感謝…とお礼を述べておきます。

…とはいえ残念ポイントはいくつかありまして、マンションの入り口に「猫が入らないよう戸締りはしっかり」とか書いてある割に猫ごはんを置いてるという絶好の猫くさいシチュエーションでありながら、結局一匹の猫も見かけなかったことと、オフと同日夜に放送していたネットラジオ「ZUNTATA NIGHT」でゲスト出演してたTAMAYO女史の出番を見損ねたのは実に悔やまれます。

つーわけで、当日に「ZUNTATA NIGHT」聴いてた人は当日の様子を私に教えてくれると幸せになります。
…具体的に言うと、国王杯でマッチングしたときにマジブをシャッターするのを一回くらいは控えたりとか。

0

この記事への反応