カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » r. » タイマン東西戦のブック

1戦目

殺意の波動 - hotal_s
リビングアーマー1チェーンソー2シャッター4
リビングアムル3ナパームアロー2スニークハンド2
アモン1ムラサメ2ターンウォール1
ケットシー3スパイクシールド2ドレインマジック3
シグルド2リアクトアーマー1ホープ4
シャラザード2 ポイズンマインド2
ティアマト4 マジカルリープ1
バードメイデン2
フレイムデューク3
スクリーマー3
クリーチャー24アイテム9スペル17
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

(決勝ではリープ1→ポイズン1)

火の侵略特化型
メイン本でトーナメント、フリー対戦通して一番安定していました
侵略型ですがただ殴るだけでなく走りに切り替えたり、制圧ではなく1点突破型に切り替えたり、色んな形に派生する事が大切
この本に限った話ではないのですが、タイマンのポイズンマインドは敵の武器や防具、キーカードを割るだけでなく、山札からドレインの有無を確認し天トラへ繋げる事に活用します

試合では殴りつつ16R辺りから1200Gを意識して調整したりしていました(はりうたさんもそれを見越して事前にランドレで妨害したりといった水面下での光景が見られます)
ただ、土地を削りまくっていたので踏む可能性はあまり高くなく、この辺はやっぱりリープがあった方が便利です

試合終盤、はりうたさんがあの絶望的な状況から勝ちの目を作る流石のプレイをしてきたものの

・27R ホープ&お互いのポイズンマインドによる加速の影響(ブックの残りが極僅か)でTWが引かれてしまう可能性が高かった
このタイミングで引かれない場合でも

・ゲート目(マカラ横のティアマト移動)
・右二つのアーチン直踏みでチェーンソー

↑が駄目でも横移動ギア連鎖切りで伸びきりとなり(TWもその間に多分引かれる)高確率で逃げ切れなかったので、はりうたさんの筋は見た目以上にかなり厳しい状況だった気がします

 

2戦目

不知火 - hotal_s
デコイ4 アステロイド4
バードメイデン3 シャイニングガイザー2
スラストブロウ2
ターンウォール3
ドレインマジック4
フィロソフィー4
ポイズンマインド2
メタモルフォシス4
クラスターバースト4
スウォーム4
フリーズサイクロン4
バリアー4
マーシフルワールド2
クリーチャー7アイテム0スペル43
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

(決勝ではフリーズサイクロン1→リバイバル1)

1番手なら16R目にバリアー
2番手なら15R目にバリアー

全体焼きを見せつつ相手の配置を抑制し、アステロイド・ドレイン・スラストブロウで総魔力勝ちを狙います
ネタブックに見えるかもですがフリー対戦で8勝あげているガチブックです

敗因は

・トーナメント序盤にはりうたさん相手にフリー対戦で1回使ってしまった事(一回経験している事でプレイングでのケアが丁寧だった&多色で対処されてしまった)
当初は練り込みも浅い本だった事とその後に私がトランス本や殴り本等を使っていた事もあり「焼きは単なるハッタリで決勝で使ってくる筈がない」と考えるかと読んでいたのですが、そんな事はなかったorz

・1番手になってしまった(最終ターンにアステロイドが打てない)
・デコイの配置タイミングの疑問手
・デコイ移動タイミングを間違えた

 

3戦目

Circle - hotal_s
リビングアーマー2ブーメラン2シャッター3
リビングアムル3スパイクシールド2スクイーズ1
ロックタイタン2マグマアーマー1スニークハンド2
ウッドフォーク4ウォーロックディスク1ドレインマジック3
グレートタスカー4 ホープ4
シルバンダッチェス4 ポイズンマインド4
スクリーマー3 マジカルリープ1
セージ2
モルモ2
クリーチャー26アイテム6スペル18
このブックをRevoltPosseに送り、新たなブックの元とする→Branch this book

火の殴り型を意識しています 地に対しても強い
クリーチャーが多い為、ポイズンマインドによるドロー加速との相性が他の本と比べて抜群

蓋を開けたら密命だらけでビックリしたんですが、lv2を量産したりしていて間違いなくフラット本の動きなので準備が整う前にトランスで逃げ切ろうと決意
この場合投入されているであろうフラットランドやホームグラウンドよりも厄介なのはこちらの天トラに刺さるフラクシオンとなります

フラクシオン・フラットランド・ホームグラウンド(タイニーアーミー・ロングラインはクリのラインナップ的に多分なさそう)

密命は複数のカードがある場合50音順にソートされる為、一番左のカードを1-2枚割っておけばOKという事になります
50音順でどうなるかという事と「未達成で2枚引くカードはホムグラとロングラインだけだっけ??フラットランドは確か復帰だった筈」と必死に考えていました

密命・密命・密命・密命

この場合、3枚目の密命でカードを2枚ドロー(ホムグラと推定)した場合、4枚目は高確率でホームグラウンド(もしくはロングライン)という事になります
3枚目の密命でブック復帰が発動(フラットランドと推定)した場合は、1-2枚目は恐らくフラクシオン。フラットランドがもう1枚あるとすれば2枚目or4枚目
ハンデスはここを目安に打っていきたい

中盤、侵略によりフラットランドのベースラインを下回ったはりうたさんがフラット戦略からトランス戦略に切り替えて来た(流石に巧い!)ので私も早く伸ばしてトランスしにいかなければならないと焦ります
マーシフルが無意味になっているのでピンポイントに削ってもいいのですがトランスのが確実

しかし

W砦右横に着地した時、次ターンHW6によりlv2オドラデク踏みlv5トランスしようと考えたのですが、序中盤の密命で頭がこんがらがっていた事もあり魔力調整を間違えてしまう、、

その次ターン素ダイスでタスカーに着地。6歩先にサボテンがいるので今度こそ確定トランス出来る!と思っていたんですが、その後の進路やブックの残りを考えていたら時間切れでHW6を捨ててしまうという致命的なミスorz

「これ多分負ける時のパターンかも、、」と嫌な予感がしていたのですが、lv5を踏み抜くミラクルダイスを出す事が出来、ダッチェスおばさんが高額奪取してくれました

あのタイミングで踏み抜けなかった場合はどちらが勝っていたか全くわからない状況だったので(土地は私の方が多いのではりうたさんの方が着地天トラを決める確率が高くスペル面でも有利そう ただ土地削り面では私のが有利)かなりダイスに助けられた試合だったと思います

 

その他

候補にしていたサブ本です
上記の3ブックに比べると練り込みは浅いですが普通に戦える面白い本だと思います
ただ安定はしないので本番では選択しませんでした

 

・柳本
こちらを先に踏ませようとしたり柳踏みトランスしてくる相手にはドレインとメテオで対処
中盤以降、態勢が出来てさえいれば、仮に敵に一個高額柳を落とされたとしても、進路先に更に2の矢を用意しておく事で防波堤を築きます
柳は交差点に置くのが理想ですが、適当な隅に置いて周回を妨害しアステロイドで30R総魔力勝ちを狙ってもOK

 

・ガルデュポン
タイマンで風本はないだろうとたかをくくった頃にやってくる
大量の防具により火の殴りを意気消沈させる
スレイプとハーレクインを駆使して隙間からこんにちは
火本と違い、中盤までは殴る事や削る事よりも自分の配置を優先して動きます
一人ガルーダで80~100を目指し、これだけあればタスカーやエラントも射程範囲になります

 

・グーバトランス本
グーバとリビングアムルを配置してトランスする本です
武器を全部割ってしまえばグーバもアムルで無敵
スクイーズは敵のアムルを消してバーニングハートで特攻したり、魔力調整に
スクリーマーはクイサン等を上書きする為の保険で侵略する意図はあまりないです

 

・フラットランド本
初期の頃はりうたさんと対戦した時に使っていた水フラット本(私が刺し切られて負け)を参考に組んだ本
土地を8個(7040)保持した状態でフラットを打ちつつlv3→lv4にしてリーチをかけるか、土地9個(7920)で上がります
上手く決まると相手と全く関わり合いになる事なく一人廻しをしているような気分になれます

 

色々と絡め手を用意していたんですが、個人的にはりうたさんは一筋縄でいかない手強い相手と認識していた(昨日のはりうたさんのプレイを観ていた人なら頷くと思う)ので、柳本等を持ち込んで変な負け方をしてしまうよりは、少数のブックを練り込んで

①ブックとプレイの精度をとにかく上げる
②苦手な本相手にも対応出来るようにする

方向に
1試合20-30分で終わる事と4人戦よりも集まるのが早いという事もあったとはいえ、一ヶ月ちょっとで100戦程やりましたw
(東軍の方とは序盤だけで申し訳なかったですが)沢山対戦してくれてありがとうございましたm(_ _)m

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown