カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » ヨシュア » 【女神杯予選】仙台オフ対戦記(2)

第ニ章 きみは、来ない

 

 

チェーンによる第一回戦がスタートしました。決して勝率は良くなかったですが
チェーンは何度も練習したマップ。高ポイントを狙うならここが一番です。

先立って自分の使用ブックを公開。 

「チェェェェン」 Written by ヨシュア
チェーン 7000G 4人戦 を想定
Creature 20 Item 5 Spell 25
コロッサス 2 アースシールド 1 ドレインマジック 3
ニンジャ 4 カウンターシールド 1 ピース 4
パイロマンサー 3 フュージョン 1 ファインド 2
ブックワーム 2 ヘルブレイズ 2 フライ 3
グリマルキン 2     ホーリーワード6 3
サクヤ 3     ホーリーワード8 4
ジャッカロープ 2     マジックブースト 3
ドリアード 2     ランドプロテクト 2
        リバイバル 1

[ブックの詳細を表示]

 

比較的穏やかな地走りブックで、ニンジャ巻物が機能する確率はブックワームが
機能したとして3割程度。それまで『カルコロ』にてずっと使用し続けていた
ブックを若干アレンジしました。色々弱点はありますが、このマップで自分が
一番やりたいことを体現したブックです。

 

どくびんさんは水ブックでネッシーやアンダインが見えます。
くうねるさんも水の様ですが…なんだか物騒な武器カードが見えます。
「ラ」で始まり「ラー」で終わる、あの武器です。おまけにグレンデルさんが

ニヤニヤしています。超天敵じゃないか!?

そしてudonさんの手札には…ソン=ギョウジャとアンゴスツーラ!? どうやら
猿ブックの様です。猿はいいんですが、その妙な柑橘系の植物をなんとかして
いただきたいのですが…こっちみんな丸のみだよ。

その後udonさんがリンカネーションでアンゴを送ってくれたので一安心したが
今度はクリーチャーが出ない
チェーンだと何故か高確率でクリーチャーが
序盤で事故る。幸いファインドをすぐ
ドローしたのでニ倍の回転で回す回すが、
出るのはランプロ・ピース・ヘルブレ・
フライ・HW8……これには皆さんも失笑。
クリーチャー20枚ってそんなに少なかったかしら……とほほ。
結局クリーチャーが出始めたのは10R以降になり大きく出遅れてしまいます。

そうしている間に水連鎖を着実に稼ぐくうねるさんとどくびんさん。udonさんも
連鎖は少ないですが各地に猿をバラ撒き、手札にゼラチンウォールを持って牽制。
ゼラチン! そういうのもあるのか。猿ブックは奥が深いと感動しながら自分も
連鎖を増やしていきます。高速周回で魔力が余ったので、とりあえず西砦横に置いた
グリマルキンをLv4にあげて追いつきます。
お前がいないとブック名が意味不明に
なるんだからな、頼んだぞ。

穏やかな流れだった中盤、いきなり事件発生。周回後のどくびんさんが付近のアンダインを
一気にLv4に上げ……って、えぇえええええええ!? 激しく動揺する私。
横にいるクリーチャーの属性と、その持ち主の手札を憶えていればそこ上げるのは
ちょっと…と思ってたら、早速実行に移した隣人のくうねるさん。隣のアンダインを
移動侵略させ「ラ」で始まり「ラー」で終わる、あの武器で見事陥落!!
見逃し多いですよね、アンダインの水属性無効

水の二人が激しい攻防をする中、火連鎖を組み、北の分岐点二つをそれぞれ拠点化する
udonさん。ケットシーLv4に対しパイロマンサーをけしかけたいところだが、udonさんの
手札にはスモークトーチ。巻物ブックの自分にダイレクトに刺さり過ぎです。

そしてそのケットシーを踏んでしまったのがくうねるさん。しかし手札にはG・イールと
グレンデル、そしてがあります。
こ・れ・は! と思ったが何故かくうねるさんG・イールで侵略。確かに70届きますが
これにはudonさんスモークトーチでしっかり防御。グレンデル使っていれば
r無双出来たというのに……

終盤魔力はどくびんさんがややリードして私とudonさんが追うという状況。拠点構成を見て
巻物侵略はまるで無理なので、こちらはピースで守りと逃げ路線に走ります。
こちらの高額拠点を何度も素ダイスで通過せざるを得ない状況が続いていたので
「踏むのは時間の問題だな」と睨み、素ダイスで南砦付近を通過しようとするudonさんの
眼前のサクヤを一気にLv4に上げます。ここは土地価値が高いので通行料も高い。

さあ踏んで、さあ踏んでと期待の死線…もとい視線をudonさんに送りまくる私。
しかしその前にどくびんさんがサクヤのお隣のアンダインをLv5に上げた!!
通行料驚きの3000Gオーバー! udonさん攻め落とす手段も足もドロー出来ず
絶望的なダイスを振る。

その結果は………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どくびんさんのLv5アンダイン!!

 

これはもう追いつきようが無く、どくびんさんアッサリとリコールでお帰りになり
試合終了となりました。

どくびんさんは一度拠点を奪われましたがしっかりと連鎖を維持し、領地の上げ時を
しっかりと見定めていた感がありました。

中盤しっかり5連鎖を確保しピースで領地維持にも成功させ、踏みも起こさなかった
自分のプレイングの反省点としては12Rあたりでリバイバルを使ったことでしょうか。
速く出過ぎた足や巻物を復活させたいという狙いだったのですが、結果として3枚入れた
マジックブーストのドローを遅らせてしまい、展開を長引かせてしまったのが
干渉手段に乏しい走りブックとしては致命的でした。

さて、仙台オフでは2,3戦目のマップが直前の試合のクリーチャーの色で決まる
ルールになっているのですが、既に終わった卓の方に聞いたところ、どうもチェーンでは
水が多かったようです。実際私が『カルコロ』で戦っていた時も水が多かった気がします。
水の場合、次マップは「まがたま」になります。聖堂マップには昔は苦手意識が
ありましたが、チェーンに飽きた今の私にはレベルアップに最適の良いマップです。

開始がかなり遅れた配信卓では、はーじーさんが途中回線が切れてしまっており、実質
3人戦状態。内容は配信を見ていただきたいですが、きむさんが1位に決まりました。

各自昼食を取り、ニ回戦は13:00過ぎの予定。私は集中力アップの為シュークリームを
たくさん頬張っておりました。

マップはやはり「まがたま」に決定。ブックをあらためて確認。
実を言うと、このマップ一度もやったことがありません。
王女杯開始より少し前に襲った台風により回線が不安定になり、オンライン対戦
そのものが不可能になったので参加出来なかったのです。今度は逆に皆さんと
練度が離れてしまったが、他のマップも結局対戦経験が無かったので、この際
自分のセプター基本能力値に懸けてみます。

事前に組んだブックはドリアードとコンジャラーで無難に連鎖を組むグラニット入り
走りブックだったのですが、「これじゃダメだ」と直感が働き大改造しました。

aduさんが「目標魔力は7000Gですよ~」という強調の仕方に、何か不安を感じたのです。


そして13:00。またもトラブル発生。午後参加予定のヨシエルさんが来ない&連絡が
取れないとのこと。仕方なく抜きで続けることになったのですが、aduさんはここからは
参戦しないとのことで、配信卓がなんと一人VSオンライン組3人になってしまいました。

「何の為のオフ対戦会だよwww」とツッコミが入りまくるなか、卓決めの為の
トランプがやってきました。運よくジョーカーは引かずに済み、udonさんが継続。
そこにアイツーさんとアイルトンさんが加わり、波乱を巻き起こしそうな卓が爆誕しました。 

 

(へべく)

【女神杯予選】仙台オフ対戦記(3)https://blog.culdcept.net/josyua/201211262059

0

この記事への反応