カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » ヨシュア » さらば国王杯 来たれよ王女杯

 切断があまりにも多すぎたので結果は見えていたが、国王杯順位は

798位と散々な結果に終わった。上位陣の「10連勝は当たり前」という

スタイルは、もう別のゲームをやっているとしか思えないぐらいだ。、

 

 さて、国王杯はもう過ぎ去った思い出にするとして、次は王女杯。

やっと護符だよ。やっと護符戦だよ。バロン大歓喜! ケツマゾ大喜び!

 

 マップ説明には城・聖堂周囲に拠点を置こうなどと書いているが、この

マップのポイントはそうじゃないだろうと。ジャンクションに比べエリアが

2つに分かれており、片方の属性土地は3つずつしか無いので、地形変化

スペル無しに5連鎖を組むことが困難で、ランドトランスも厳しいものに

なるだろう。拠点を作ることより、連鎖を作り維持する方向に重点を置いた

方がいいのではないか。

 

 リコールがジャンクションほど強くないので欲しい土地に都合良く止まれるか

というと期待は出来ない。ドリアード・ホーリーラマ・コンジャラーあたりが

活躍するだろう。特にコンジャラーはエリアを跨いで召喚出来るので、どこに

置いても強い。火ブック以外で採用しても問題無いだろう。

 

 聖堂が丁度城から最も遠い位置にある為、護符を買おうとしたら魔力が

無かったという事態が想定される。とは言えパーミッションで周回数を稼げる

マップでも無く、魔力の運用については国王杯以上に慎重にならなくては

ならないだろう。また購入してから城に到着するまで長い隙が発生するので

ピルグリムを使われようが使われまいが相乗りされ護符ボーナスが手に入らない

ケースも多々発生すると思われる。城到着直前にピルグリムを使えれば問題

無いが、そこまで魔力を維持出来るだろうか…。反時計周りに回れば西エリアの

砦で150G得てから城まで4マスなので狙いやすくなるやも知れない。

 

 慎重に行き過ぎても問題だ。なぜならレギュレーションに問題がある

為だ。聖堂マップのクセに目標魔力が7000Gしか無いのだ。決まる時は

速攻で決まる。20R以内にも決まってしまうかも知れないのだ。魔力稼ぎも

悠長なことを行ってられないのでコーングース・タイタングースあたりは

必須と言っていいだろう。地ブックだろうが水ブックだろうがコーングースは

絶対欲しい。誰だ、バサルト置いたヤツ!!

 

 2エリアに分かれているのでテンペストからの片面スウォーム焼きも戦術的に

狙っていく余地がある。逆にプレイグあたりはやりにくくなったかも知れないが

ランプロ外しの手段として運用するのも悪くない。

 

 コンジャラー等の領地確保役と属性変化スペルがどちらも事故った場合

欲しい属性を1つ確保するのにも十数ラウンド以上発生する危険があり、

土地条件付きのクリーチャーの割合が多いと事故が事故を呼ぶ惨事に成り

かねない。ゴールドアイドルを置ければいいのだが…他のセプター全員笑顔

アイコン出してくれるんじゃないか?

 

各属性の何となく予想

 

●無属性

クリーチャーのコストマネージメントと配置条件の面では最も使いやすい属性。

相乗りをしていけば自分から拠点を積極的に作る必要は無いので、安価で

落ちにくいクリーチャーをバラ撒くのが良いだろう。スパルトイもgood。

複属性土地を巧く確保して相乗り先の属性に変えていき、ここぞという時に

Lvを上げていこう。

相乗り相手からはコラプションが飛び、相乗っていない相手からは一石二鳥

メテオが飛んでくるので、これをどう捌くかが課題。時には相手の拠点にも

ランドプロテクトをかけていく柔軟な対応が求められる。アイドルも積極的に

使っていくべき。

 

●複色

こちらも相乗りメインで、無属性をメインにしつつ各属性の拠点候補を入れ

リリーフ等を使って巧く属性を合わせていくのが有効。マジックブーストも

使い、護符価値を急騰させるタイミングを見極めよう。

或いはライフォブックにして場を領地数で圧倒しつつ、有り余る魔力を護符に

ぶち込むスタイルも強い。その場合ドレインマジック・コラプションが怖すぎる

のでグラニットアイドルは必須。ついでにアイボリーアイドルも置いてみよう。

拠点候補にケットシーやグリマルキン、バロンを使えばメテオも怖くない。

 

●火属性

コンジャラーで召喚されたバ=アルがそのまま拠点候補になるので城隣接の

火土地を確保していき着実に連鎖を増やしていく堅実なスタイルになるだろう。

ただし安定感のある有力なカードの多くは配置条件付きなので事故った時が

怖い。ガスクラウドやパイロマンサーは勿論、マーネスもランドプロテクトの

使用を前提にすれば強い。ケットシーはメテオ対策で絶対欲しい。

バーンタイタンは最序盤での火土地の奪い合いや、中盤以降のグース要員と

扱いやすい。アベンジャーも便利。

 

●水属性

連鎖構築力が無いのが致命的だが、そこはコンジャラーで補おう。コスト

マネージメントの関係でコロッサス採用率が減った場合シーボンズ+ランプロが

鉄壁。配置条件が無く安価で堅いクリーチャーが多いのが強み。ネッシーも

安いので使いたいところ。マイコロンブックも検討する価値がある。

 

●地属性

DS全国大会でのバロン祭りを知っている人ならこの属性が護符戦に強いことが

理解出来るだろう。バロンにはメテオもアースシェイカーも効かない。さらに

安価で堅く配置条件の無いクリーチャーが豊富で、連鎖構築力も随一。

問題は人気が高くなりすぎて色被りが頻発する危険があること。全員地ブックも

あり得る。アンチマジックやバリアーでコラプションを回避するのも有効。

風ブック使いがいたら絶対にダンピール入れていると想定した方がいい。

ブラックスミスやターンウォールも余裕があれば入れておきたい。

 

●風属性

地ブックの人気次第ではガルーダは完全封印。ダンピール4積み推奨。

ホーリーラマ・コーンフォーク・ナイトあたりは欲しい。事故が怖いので

ナイキーの運用は考えもの。全体的にコストが高いのでコーングースを

確実に決めて流れに乗り遅れないようにしたい。フェアリーライト採用もアリ。

レベラーやペガサスも使える。

 

 

0

この記事への反応