カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ。

トップページ » ヨシ » ラティスにおけるグラニットアイドルについての考察

グラニットアイドルの特徴について

 宇宙一リーグのラティス、健闘及ばず惜敗2位でした。残念。しかし、初めてグラニットアイドルを採用してみた使用感は悪くない。備忘録代わりにこの感覚をまとめておくことにしました。

 基本的にグラニットアイドルはブックに入れた人が損します。効果は全体に及ぶのに、自分のみが60Gの配置コストと維持費(ピース、防御アイテム等)を払わなければいけないからです。領地確保は一応できますが、クリーチャーとして当然備えるべき守備力が備わっていないので、やっぱり苦しい。この損を補ってあまりあるメリットを叩けるブック構成にしておかなければなりません。

 大前提としては自力達成速度が速いブックでないといけません。通常の環境であれば、多少速度が勝った人がいたとしても、シャッターで手順を妨害されたり、ドレインマジックで手持ち魔力を狙われたりします。速い人は妨害され、遅い人は追いつくチャンスを得る。カルドセプトのゲームデザイン上、4人の達成速度は収束する傾向があります。その「速い人への妨害」を大幅にカットするのがグラニットです。代表的なところでは、レベルダウンスペルと妨害地変ぐらいしか妨害が無くなるわけですから、速い人がそのまま逃げ切りしやすい環境になるわけです。そういう環境を自ら作り出すからには、逃げ切りやすい速いブックを使うべきと言えるでしょう。

 次に、グラニットを置くことで一番安定する資産は何かを考えてみます。グラニットがいない環境に比べて、手持ち魔力が極端に安定すると言えるでしょう。ドレインマジックが無くなるので、手持ち魔力を増やすことによるデメリットが殆ど無くなる訳ですから。そうなると、手持ち魔力を極端に増やす手段、例えばランドトランストライアンフなどが使いやすい環境になると言えます。特にトライアンフは、必ず周回ボーナス時に大量の魔力を得る特徴から、手持ち魔力を増やすタイミングを選びにくいスペルでした。リコールなどを使い、ボーナスを得たターンに即増資出来ないとドレインマジックの的になりがちです。ラティスはリコール4積するようなマップでは無いのですが、その問題をグラニットが解決してくれます。

 では次に、手持ち魔力を極端に増やした状態と相性の良い戦術は何か? ピルグリムマジックブーストがその好例だと思います。

 まずピルグリム。ラティスはその形状から、聖堂アクセスを得るのが難しい特徴があります。パーミッションが無ければ16歩も損ですし、パーミッションを撃っても砦ボーナス200Gを得られないことになります。それらを解決してくれるのがピルグリムです。ただし、十分に現金を持っている状態で無いと、その真価を発揮できません。個人的には外周の護符(初期価値12G)を50枚買える魔力、すなわち650G以上持っている状態を作り出してこそのカードではないかと思っています。その状態の時にグラニットでドレインマジックを防止できるのは強いと思います。

 つぎにマジックブースト。これはもともと押しも押されぬ強カードです。さらに、今回ラティスには基本価値150Gの領地が存在しています。レベル5にするために必要な金額はなんと2250G、非常に高額です。ここにレベル5マジックブーストを決めることが出来るとなんと1065Gも節約出来ます。護符50枚持った状態で2連鎖レベル5を作れば、1発で総魔力が6000Gを超えます。まさに、試合を決めかねない威力です。

グラニットアイドルまとめ

  • 達成速度が速いブックと相性が良い
  • 手持ち魔力を急激に増やせる戦術(トライアンフ等)と相性が良い
  • 手持ち魔力を活かした戦術(ピルグリム・マジックブースト等)と相性が良い

 宇宙一リーグ使用ブック「ユートピア」

 

ユートピア(by ヨシ)
グラニットアイドル2カウンターシールド1インフルエンス2
シェイドフォーク1ニュートラクローク1チャリティ1
ガスクラウド2ネクロスカラベ1トライアンフ3
キメラ1 パーミッション4
ケットシー2 ピース1
ゴーレム1 ピルグリム2
コンジャラー3 フォーサイト3
シャラザード2 ヘイスト1
バード2 ホーリーワード84
パイロマンサー1 マジックブースト2
フレイムロード1 マナ2
リコール2
リベレーション1
ローカスト1
クリーチャー18アイテム3スペル29

 基本的には上記を踏まえて作成しました。

 グラニットがあっても刺さるレベルダウンとクインテを捌ける防魔ケットシー、移動能力で唯一エリアをまたげるコンジャラーの存在が決め手で色は火に。グラニット・トライアンフ・ピルグリム・マジックブーストの流れを強く意識しています。

 いざ、こうやって眺めてみると、ドロー回りがもう少し改善できそうです。パーミッションを引くタイミングがわかれば聖堂に寄りやすいと思いフォーサイトを3枚採用しました。しかし、ピルグリムを2枚も採用していれば、わざわざ聖堂に行かなくても何とかなります。トライアンフを後半に決めれば、聖堂に行って護符を売らなくても十分な増資資金を手にすることが出来ます。もう少し必要なものを必要なタイミングでドロー出来るように、リンカネーションなど枚数を多く引けるドロースペルに差し替えてもよかったかもしれません。

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown

ユーザー情報

yoshi ヨシ
@yoshi_gmgn
4055-2758-8407

DS生まれのセプト部育ち。リボルト全国大会がある世界線を探し続けて幾星霜。

ウィジェットが設定されていない場合、ここが表示されます。