カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » ウェザリング » 北米版リボルトで遊ぶ方法

久々の海外版カルドセプトとなる、北米版リボルトが発売になりました。

常々「海外のセプターと戦ってみたい!」と思ったので、これを機に北米版リボルトを購入してみました。無事遊べるようになりましたので、やり方を備忘録としてメモしておきます。

全体の流れは次の通り。

  1. 北米版の3DS本体を購入
  2. 初期設定、自分のMiiを作成
  3. ニンテンドーアカウント作成
  4. eshopでダウンロード版を購入
  5. オンライン対戦

順番に説明します。

北米版の3DS本体を購入

3DS本体には「リージョンコード」が設定されています。世界各地が複数のエリアに分かれていて、日本とアメリカは別々のエリアに設定されているので、日本の3DS本体では北米版3DS用ソフトは動かず、逆の組み合わせも同様に動きません。

そのため北米版リボルトで遊ぶには、北米版の3DS本体が必要になります。本体の入手方法はいろいろありますが、アメリカのAmazon.comから購入するのが簡単です。おれは3D機能のない「2DS XL」を購入しました。

https://www.amazon.com/dp/B071KWZ8L9/

基本は選んでポチるだけですが、いくつか注意点を。2017年10月現在、上記商品を日本から買うときは本体購入に加えて「有料補償の有無や種類」と「届くまでのスピード」を選択できます。

補償は条件がよく分からないので、おれは壊れた時はそれまでと諦めるつもりで「No Thanks」を選びました。届くまでのスピードは3種類選択でき、早く届くほど送料が高くなるので、どれだけ待てるかによって好きなものを選んでください。なお最速でも1週間以上かかります。

初期設定、自分のMiiを作成

まずは初期設定を行います。やることは国内版とほとんど同じですが、北米版なのでメッセージはもちろん全て英語です。それほど難しい英語は使われてないので、自力で読むか翻訳サイトを使うなどして設定を進めましょう。正直ここで苦労するようだと、ゲームプレイが困難だと思います。中高生のときに習ったことを思い出しながら頑張ってください。

地域については、日本は存在しません。アメリカ人が日本に長期間留学や転勤するような事態は考えていないようです。どれを選んでも良いと思いますが、おれは無難にUnited Statesにしました。本体設定でZip Codeを入力する場面があったかどうか覚えてませんが、たしか10001 (NYのマンハッタン) を入力した気がします。時計設定は普通に国内時間に合わせました。

(追記 : 地域設定で United States 以外を選ぶとeshopが利用できないケースがあるようです。United States を選びましょう)

あと、Miiがeshopやフレンド対戦時に必要になるので適当に作っておきます。操作は国内版と全く同じです。

ニンテンドーアカウント作成

北米版3DSで他のソフトも含めて延々遊ぶなら別ですが、国内版と混ぜたくなかったので、別のアカウントを作ることにしました。メールアドレスが必要になるので適当なGmailなどを用意しておきましょう。確認メールが届くので、あとでURLをクリックしておきましょう (確認完了ページはなぜか日本語でした)。

本体設定と同様に地域設定があるのでUSを選択。Zip Codeは10001。タイムゾーンは東部時間 (冬期は UTC-5 / サマータイム時は UTC-4) を選びました。Zip Codeが必要なのは、州によって税金が異なるからでしょう。正直ゼロが良いのですが、小銭のためにウダウダやるのもアホらしいので諦めましょう。おれは山形県マンハッタン村に住んでいるので、マンハッタンに税金を納めることにしました。

クレジットカードを登録するとオンライン購入が楽なので、VISA か Master のカードを1枚用意します。これは別に国内版アカウントと同じカードを利用しても大丈夫なようです。おれは国内版と同じカードを登録しました。

eshopでダウンロード版を購入

めでたくeshopに新規ニンテンドーアカウントが連携できたら、北米版リボルトのダウンロード版を購入します。検索ボックスに「Culdcept」と入力すれば出てくると思います。

購入ボタンを押して、アカウントの残高がゼロなので必要な金額だけチャージし、購入し、すぐにダウンロード。この流れは国内版と全く同じです。なお事前にクレジットカード情報を登録してない場合はZip Codeを聞かれます。おれは10001 (NY / Manhattan) を選びました。

ダウンロードが終わったら、普通に起動し、普通にプレイするだけ。メッセージが英語である以外は基本的に国内版と同じようなので気楽に遊びましょう。メニューの位置などは国内版と全く同じなので、すでに国内版に慣れている人なら、英語を読んで理解する必要もなく普通にプレイできます。

オンライン対戦

だれでも対戦 (Free Match) とフレンド対戦 (Friend Match) があります。だれでも対戦では、発売日である日本時間10月4日早朝時点では、ビギナーフロア、ノーマルフロア、スペシャルフロア (協力戦) の3フロアがオープンしています。ランキングフロアが登場するかどうかは、公式サイトに記述がないので不明です。フレンド対戦は国内版と同様に、フレンドコードを相互登録すれば対戦できることと思います。

なお、国内版リボルトと北米版リボルトでは、オンラインのフレンド対戦でもローカル通信対戦でも対戦できません。フレンドコードを交換して相互フレンド状態になっているのですが、どちらも部屋が見えないため対戦部屋に入れません。事前の予想通りでしたが残念です。海外プレイヤーと対戦するには海外版リボルトを購入するしかないということが確定しました。

仕方ないと割り切って、気を取り直して北米版セプターと交流していきたいと思います。もし興味がある方がいらっしゃいましたら、ぜひ一緒に遊びましょう!

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown