カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » ウェザリング » 主催者から見た女神杯

カルドセプトリボルト女神杯、たくさんのご参加ありがとうございました。
多くの方が大会レポートを書いてくれて嬉しかったので、おれも書いてみることにしました。

事前準備

プリンターの調子が悪く、赤の印刷が綺麗に出ません。名札は当初こんなデザインの予定でした。

仕方なく別デザインに。まあこれはこれで。

ケルピーさんに作ってもらった優勝賞品、特製New3DSLLカバーを持って車で出発。

会場入り

前泊し、オリセンに到着。8時30分開場と同時に入りたいと思って会場前に行くと、既に会場前に人影が。なんという早さ。1人は初対面の星野さん。もう1人は……テラーメアさん?

星野さんがテラーメアさんのことを好きすぎて、ついに暗黒魔術か何かをリアルに習得して召喚しちゃったのかと思ったら、フードを被って顔にメイクをしたまま電車に乗ったというひろよしさんでした。

星野さん、ひろよしさん、そのあとから来てくれた人達にも手伝ってもらってテーブルを並べ、某所から入手した特製テーブルクロスをかけ、名札を並べると何だか大会っぽい雰囲気になってきます。

いろんな方々からお菓子の差し入れがありましたが、一番気が利くなぁと思ったのは外鴨なきくさんのお茶の差し入れでした。素敵!

スタッフをお願いするRexさんと如水 (わちょーい) さんが登場し、見学予定のメルさんも現れ、参加者も全員揃いました。1人リザーバーが必要だったのでメルさんにお願いしたところ、何人かの参加者から「公式大会経験者がリザーバーとか聞いてないんだけど!」という抗議の声があがりましたが無視してスタートです。

大会レギュレーション

さてここで大会レギュレーションの話。マップは事前アンケートも参考にしましたが、その上でひとつひとつの選出に理由を考えました。

ジャンクションは多くの人が対戦に慣れてて、いちばん地力が出やすいという理由で採用。1回戦にしたのは、ただでさえ緊張しやすい大会で、不慣れなマップから始まると多くの参加者の方が実力を発揮しきれずに終わってしまう可能性があったからウォームアップも兼ねて。

ゴールドバグは、ジャンクションとは違う戦い方が求められるマップを採用したかったので。2回戦後に昼休憩を挟みたかったので、早く終わりそうなマップを採用して時間的な余裕を作りたいという意図もありました。

アンカーは宝石マップが1つは欲しかったのでチョイス。ちゃんと練習した人とそうでない人の差が出やすいので、予選突破の最後の希望になるマップとしても相応しいかなということで3回戦採用。準決勝も同じく、決勝にはちゃんと練習した4人が残ってほしいということで採用。

決勝はゴールドバグ10000G。手順ゲーになりやすいゴールドバグ8000Gが、10000Gになったことで対戦者同士のインタラクション (相互作用) がぐっと起きやすくなるという面白さを味わってもらいたいし、見応えのある試合になってほしいという想いを込めて採用しました。

1回戦

さて1回戦。試合はそれほど遅れることもなくはじまり、フィラさんのおかげでプロジェクター投影や配信も可能になって、大会っぽくスタートできました。

それはいいんですが、受付では事件が。事件というかなんというか……ここで、わちょーいさんが気を利かせて集計用スーパーエクセルを作ってきてくれたことが判明。すごーい!

こんな用紙を使いながら手集計しようと思ってたので (といってもエクセルは使う予定でしたが)、ぱぱっと集計できるスーパーソフトのおかげでホントに助かりました。

おかげで1回戦終了後、予想以上にスムーズに2回戦がスタートできることに。感謝、感謝です。

2回戦

2回戦はゴールドバグ。メルさんがゴールドバグ用のブックを持っていないとのことだったので、Rexさん・如水さんと相談して、おれがリザーバーとして入ることになりました。対戦相手は0084さん、santaさん、たかしさん。

0084さんは静かに集中するタイプ。santaさんは明るく気さくに話しながらプレイするタイプ。たかしさんは……喋らないと死んじゃうタイプ。対戦の中身はたかしさんのパウダーイーターブックから飛び出したミスティーワールドのおかげで妨害スペルが使えず、苦しかったですが、対面して話しながらのカルドセプトを久々に心から楽しむことができました。

試合はそのまま妨害らしい妨害を受けずにたかしさんが逃げ切って勝利。おめでとうございます (舌打ち)。

2回戦の途中からRexさんと如水さんに昼食に行ってもらい、戻ってきたところを交代する形でおれも昼休憩に入りました。

なお昼休憩の途中、体調不良で無念の欠場となったヨシさん (通称90000Gの人) から連絡が入り、3回戦のアンカーで勝利した人を教えてほしいとのこと。なぜ? と聞いたら「アンカーが一番自信あるので、女神杯でアンカーで勝った人に対して、妖怪首置いてけごっこしたい」という答えでした。さっそく晒し者にしました。

3回戦

さて3回戦アンカー。大会規定によって、1回戦と2回戦を2連勝した人は準決勝進出確定となり、3回戦免除です。該当者は16bitsさん、ふみひこさん、さるたにさんの3人。残るは32名。1卓減って8卓構成となります。

3回戦と準決勝は両方アンカーなので、3回戦免除の3人は当然、見学に回ります。16bitsさんはメモを取るしたたかさ。こういう本気で勝つためにあらゆる手を尽くしてくれる人、大好きです。

ここで前作カルドセプト3DSの全国大会準優勝者ジャックさんがふらっと遊びに来てくれました。メルさん、Rexさん、如水さんが暇そうにしてたので、空いた1卓を使ってジャックさんと一緒に遊んでもらうことに。

そして3回戦も半ばを過ぎた頃、海外版カルドセプトリボルトの発売を間近に控えて忙しいはずの武重プロデューサーが来場。相変わらずフットワーク軽すぎます。会場内では3回くらい「日本語版のロゴを久しぶりに見た」と言ってました。

そういえば、国内版と海外版とで対戦できるのかどうか聞くの忘れました。聞いておけば良かったなぁ。

準決勝

準決勝の準備が整ったところで、あらためて武重プロデューサーにご挨拶いただきました。

女神杯優勝者にマップ作らせてくださいとお願いしましたが「無理」。まあそうでしょう。先日発売されたリボルトのサントラを伊藤氏が全面的にレコーディングし直したという話や、海外版の話で北米版は昔あったけどヨーロッパはどうなるかドキドキしている、けどドイツとかボードゲームが流行ってる国が多いから受け入れられるんじゃないかと期待している、みたいな話が聞けました。

世界大会やってくださいとお願いしたら「きみがやってよ」と言われたので、しょうがないので来年あたり、カルドセプト世界選手権をウチの近所かどこかでやろうかと思います。

さて大会のほうは、成績上位15名と、残る参加者の中で、いずれかの試合で1勝した1名が準決勝進出というルールでした。該当者は、かよさん、星野さん、ライトニングさん、めかゆいさん、まなさんの5名。武重プロデューサーにクジを引いてもらい、選ばれたのは……かよさん!

準決勝は次の組み合わせとなりました。

A卓 (配信):ひろよし、たかし、さるたに、かよ
B卓:16bits、でー、しろくま、秋元真夏 (ひでちゃん)
C卓:破魔矢、外鴨なきく、ふみひこ、aprio
D卓:テッドロア、ディオ、saiko、ヨシュア

準決勝A卓の配信は次の通り。一度切断となって、再戦は18分頃から。

準決勝の途中、対戦している人がちらほら。朝早くから出かけてきて、2試合見学というのも辛いですよね……。大会としては準決勝+決勝という昔のGP方式をやりたかったので、今回はこれを受け入れてほしいのですが、優勝争いとは別の部分で、もうちょっとみんながもう1戦ずつくらい遊べるような仕掛けを何か作れば良かったなぁと反省。

たとえば準決勝進出者16名にちょっとした粗品をあげることにして、準決勝の裏番組で、それ以外の人たちも対戦してもらって、その試合で勝った人にも同じ粗品をあげるとか。

こういうのとか用意すれば良かったですね。

決勝

そんなわけで決勝戦。動画は17分くらいから対戦開始。

開始からしばらくすると、16bitsさんが盤石の体制を築くことに成功。領地も揃い、手札も充実。見守る会場の面々も口数少なく、このまま逃げ切るんだろうな……と静かに見守ります。

そんな中、ひろよしさんが16bitsさんのレベル5アクアデュークにバインドミストをかけてからの直踏みティアマト侵略に成功し、一気に目標魔力を超えて光り、ゲートに飛び込むだけに。会場は一気にヒートアップ!

その後、テッドロアさんのアステロイド引き撃ち→ひろよしさん再び光る→破魔矢さんのアステロイド引き撃ち、など大盛り上がりの展開となりますが、幾多の妨害を乗り越えて逃げ切り、ひろよしさんの優勝が決まりました。おめでとうございます!

試合を終えて

19時終了予定→19時半から懇親会という予定でしたが、皆さんに後片付けを手伝ってもらったおかげで、18時半から懇親会スタート可能に。すると追加の参加者が現れて全部で30名になり、オリセン内のレストランのほうも早めの開始&人数追加OKとのことでしたので、懇親会に移動しました。

小さなテーブルを多数組み合わせて、ぎゅうぎゅう詰めのテーブル2列になりましたが、なんとか詰め込むことに成功。たかしさんの白ワイングラスとおれのビールグラスを乾杯したら割れてしまうというハプニングからスタートしましたが、徐々にあちこちで話が盛り上がり、席を移動する人もどんどん出てきて、うまい具合に盛り上がってもらえて良かったです。

世界大会の話をしていたら、なぜかタッグマッチとなり、しろくまさんがアラスカの人を連れてきてアラスカ代表として出場、ぱんださんが中国の人を連れてきて中国代表として出場することに決まりました。あとはメンバーそれぞれ、知り合いの外人を何人か連れてくれば、それっぽい雰囲気が出せそうだね……みたいな話をする酔っ払い達でした。

あと、今回はじめて参加してくれた某氏の実家がウチのものすごい近所ということが判明したり、いつのまにか白ワインのボトルが何本も追加されていたり、正直けっこう疲れていたのでどんなことを話したか細かいことはあまり覚えていませんが、楽しかったことだけは覚えています。

懇親会終了後、半分以上はここで帰りましたが、飲み足りない帰りたくないどうしようもない人たちが、ぱんださんの導きで参宮橋駅前の焼肉屋に流れる展開に。ホルモンが豪快に火を上げたあたりで体力が限界を迎えたので電車で宿まで帰りました。

翌日

懇親会でお酒を飲んだので、オリセン内に置いたままとなった車を取りにいくため電車でゴー。そしたら前日あれだけ遊んだのに、翌日もオリセンでカルドセプトしてる人たちがたくさんいました。ほんとに好きなんだなぁ。

そんなお前らが好きです、と思いながら帰りましたとさ。おしまい。

あー、あと、なんか刺激されて久々にカルドセプトをちゃんとやろうと思ったので、しばらく対戦しまくろうと思います。カードも覚えて、練習もする。ランキングに突入したり (アリーナポイント100位ですが)、Twitterやカルスタで募集しようと思うので、見かけたら遊んでやってください。よろしく。

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown