カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ。

トップページ » 森陽 » 【タイムテーブル】変身能力とアイテム破壊能力

変身(クリーチャー/アイテム)能力 ⇛ 戦闘開始時能力(ミラーワールド) ⇛ 援護(もしくはリビングクリーチャー)→クリーチャー能力による能力値変動→土地呪い効果→アイテム効果→応援効果

 

前回、上記の通り「変身能力は、クリーチャー能力に先んじる」と述べました。

しかし記事を書きながら何かがおかしい、と感じていたんです。変身がクリーチャー能力の前に来るのはおかしいという前提があって、その前提を自分の中で常識に変えていた現象があったはずなのに、と。

 

その違和感の正体が、ようなくわかりました。

答えは簡単、グレムリン+ドラゴンオーブorネクロプラズマ。

ネクロプラズマはリリースを使わなければ使用できませんが効果は絶大。相手のアイテムを破壊した後にスケルトンに返信し、ST50の巻物攻撃を仕掛けるので、先制以外のMHP50以下の敵拠点は軒並み落とせてしまいます。

このコンボを知っていたからこそ、上記のタイムテーブルがおかしいと感じていたのです。

試しに、防御側での発動順はどうなるのか検証するため、例のごとく3DS二台でグレムリン対決をしたところ――攻め手のグレムリンが手札破壊発動後、次に防御側のグレムリンの手札破壊が発動。攻め手の変身効果が発動する前にの攻め手の変身アイテムを破壊してしまいました。

 

と、いうことは。

「アイテム破壊能力」は、タイムテーブル優先順位で変身能力より先に発現することになります。つまりは、アイテム破壊能力はクリーチャー能力(ステータス変動系)とは別だと考える必要があります。

タイムテーブル細けぇ!!

 

と、いうことで。

今までの記事で記入したタイムテーブル、再び改訂しまーす。

 

アイテム破壊能力⇛変身(クリーチャー/アイテム)能力 ⇛ 戦闘開始時能力(ミラーワールド) ⇛ 援護(もしくはリビングクリーチャー)→クリーチャー能力によるST/HP値変動→土地呪い効果→アイテム効果→応援効果

 

そして、上記タイムテーブルの最上位に、アイテム『ウォーロックディスク』が来る、ということですね。

なんかまだ穴がありそう……お気づきのかたは訂正おねがいいたします。

 

 

雑記:最近の発見

 

防魔のかかった土地に、クリーピングフレイムの秘術で移動できない

 

防魔の土地にマジカルリープできないのは知っていましたが、クリーピングフレイムもダメだったとは! ……まぁ、よくよく考えるとチャリオットやスレイプニルの秘術移動が効かないのと同じですよね。防魔=秘術を一切受け付けない(アーチビショップの能力除く)。

防魔ってすごいなー。

 

追記:

おもしろいブックができたので公開します。

ドラゲナイ - shin_yoh
リビングアムル2チェーンソー1エアーシフト1
デッドウォーロード2ストームシールド1サンダークラップ1
スクリーマー2スパイクシールド1スクイーズ1
クラウドギズモ1スフィアシールド1スニークハンド2
グレムリン4ドラゴンオーブ4ターンウォール1
ナイト3 フィロソフィー2
パトロナス2 プロフェシー2
ブリーズスピリット2 ポイズンマインド2
マッドハーレクイン3 マジカルリープ3
ブリードカード2 シュリンクシジル1
ディジーズ1
ディスエレメント2
クリーチャー23アイテム8スペル19
グレムリン+ドラゴンオーブ。
低STの風中心で組んだところ普通に殴り負けて勝負にならなかったのでナイトを入れてみました。
これが大正解。デッドウォーロードやマッドハーレクインの応援で更にパワーアップ、土地をガンガン落としてくれます。土地を奪った後はドラゴンオーブで先制ST50出るので、けっこう守れますし。ナイトがジャブ、グレムリン+オーブが必殺の右ストレート、という感じ。
ブリードドラゴンはST、HP応援を各一枚が大吉。

ST応援に拘るのは、グレムリン+ドラゴンオーブでティアマト・テュポーンを落とすため。最低でも地形効果無視の土地呪いとからめて確定で落ちるようにしたい。と、いうことでデッドウォーロードやスクリーマー、ディスエレメントを入れています。シュリンクシジルやディジーズ、サンダークラップをつまんでいるのもその布石。

ただ、アイテム破壊持ち(特に危険なのがシルバンダッチェス)にはグレムリン+オーブが効かないので(変身前にアイテム破壊される)ターンウォールでなんとか……できたらいいなぁ。あとは配置される前にクラウドギズモやスクイーズ、ポイズンマインドで潰すかですね。

クラウドギズモの他、HP20しかないパトロナスも入れています。こいつの秘術は超有能なので、ぜひ活用していきましょう。ドラゴンオーブのおかげで低ステータスクリーチャーも守りやすいのですが、逆に手札破壊されるとほとんど守れないので。

実戦ではグレムリンよりもむしろナイトの方が活躍したのでブック名もそんな感じに。

風はST出ないので殴り合いには他属性に負けるイメージですが(テュポーン除く)……ナイトのことすっかり忘れてました。今作は強打能力のバーゲンセールみたいな攻撃力のインフレ具合ですが、大型クリーチャーが増えた分、ナイトが光る環境になってたんですねぇ。

ディスエレメントからのナイト手出しのノーアイテムで、応援含めてST120叩きだしてきっちり敵拠点を落とした時は、アドレナリンがケチャップドバーでした。

この記事への反応

  • ShinYohShinYoh (2016年10月31日)

    追記:貫通効果は変身効果より後ろに発動順が設定されているようです。
       ナイトメア+ドラゴンオーブで貫通ST50を期待したのですが、先に変身したため貫通は不発。残念です。

       貫通能力持ちはやはりファイアービークの一人勝ちという印象です。

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown