カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » 森陽 » コープ#12 結果

コープ戦で同盟相手が来るまで、1-1キラ付け作業に耽る日々。

地元縁の艦むすがみんな強くて胸が熱いクマー!

 

そんなわけで、今回も一日1~2戦の頻度で協力戦を行いました。 

参加者の皆さん、お疲れ様でした&私と組んだ方有難うございました/すみませんでした!

今回は足を引っ張ってしまった試合も多々。細かい判断ミスが命取りに…… 

対戦内容:

マップ:チェーン  目標魔力:10000G  協力戦

 

ゼネス(ハンデ5)……周回ボーナス+25% 通行料 +100%   初期配置 3ヵ所(グレートフォシル×3)

バルベリト(ハンデ7)……周回ボーナス+50% 通行料+100%    初期配置4ヵ所(ジェネラル=カン、ラストクローラー、コダマ、ガン=ジィ:地形合致 火水風地 各1)

 

ハンデのついたゼネバルコンビでございます。

両方通行料2倍な上、 クレイモア、ガセアス、グレアム(ゼネス)やらストームコーザー、ヘルブレ、ホリグレ(バルベリト)と強力なアイテムをざくざく引いてくる。 戦闘面では攻守にわたって隙が殆どありません。

また、最低でも火水風地1個ずつ保有した状態からスタートゥ!なため、両者お得意の地形コスト付クリーチャーが初手から出し放題。グレートフォシルが火に配置されれば、なんと1Rからドラゴンが火を噴いちゃうぞ☆

しかも、二人のブックそれぞれにダメージスペル(イビブラ)が入っております。呆れるほどの高火力すなぁ(^q^)

他、ゼネスのシャッターやバルベリトのテレキ・ドレマジには要注意。手札管理、魔力&高額地の配置状況に気を配る必要があります。

 

前回のハンデ戦(ナジャ&セレナ)とは難易度が段違い。「マトック入れてアイシクルで殴れば良い」などといった、判りやすい攻略法はありません。AI両者とも、4属性どこでも拠点作れるという全色ブックを使っている上、拠点が絞れないのでコレといった高額地攻略の手段がありません。

通行料が高いのは言わずもがな、周回ボーナスも多いので(特にバルベリト)うかうかしていると3週目には達成してしまいます。

今回は、どんなブックにするか流石に迷いました。困ったときは……対戦相手のブックデータを整理・分析!

 ストロングポイント:クリーチャー・アイテム性能高し。どの属性でも拠点にできる(そのため、配置数が異様に伸びる)。

 ウイークポイント:土地呪いがない。セプター呪いが少ない(ヘイスト、ウェイストくらい)。

ものすっごく簡単に書くと、以上の通り。とにかくゼネバルコンビはクリーチャーを置きまくり、アイテムが強いのでなかなか侵略成功しない。制圧型の見本のようなブックを使っております。その代償として、セレナやナジャランのブックのような土地呪い、セプター呪いは少ない。

ウイークポイントから見れば、シニリティのような土地呪いが非常に有効だということがわかります。守りはリフレクションで……ということも同様に考えられますが、イビルブラストやテレキネシスが飛んでくるので過信は禁物。土地呪いスペルは有効だということは判りましたが、シニリティを拠点にかけたとして、そこを確実に踏める保証はない。もう一つ、相手を抑止する手段が欲しい……と考えた結果、ストロングポイントに目が行きました。初期配置を含め、クリーチャーをぽこじゃか置きまくる上、高性能アイテムを揃えているとなると、とあるスペルが非常に効果的になってきます。というわけで考案したブックがこちら。

クサリクビル(by 森陽)
コロッサス4ウィンドアムル2ウェイスト4
サムライ2グレムリンアムル1テレポート2
バンディット4 ドレインマジック3
ブラスアイドル3 ピース2
ウィッチ2 ファインド1
スレイプニル2 ホーリーワード84
ナイト3 ランドドレイン4
ナイトフィーンド1 リフレクション2
ホーリーラマ2 リンカネーション2
クリーチャー23アイテム3スペル24

相手の手持ち魔力への攻撃、をコンセプトに組みました。

まずはランドドレイン。これは鉄板で、このレギュならばどのブックにも4枚入ると思います(ライフォブックは除く)。1週目ならば相手の配置妨害もできますし、拠点候補の土地(バルベリトの初期土地4つですね)を早めに売り飛ばさせることもできます。

そして目玉がウェイスト。これは、「配置数が異様に伸びる」上に、「強力なアイテム」を多数保有する両社にだからこそ効いてくるスペル。しかも、ヘイストを引かれない限りは解除されない。ここ重要。

理想は、1週目からどちらかにかけて配置妨害することですが……中盤・終盤でも、ランドレやウィッチ、バンディッドとの合わせ技で手持ち魔力をガンガン削り、アイテム使用不能の状態に追い込むことも可能。

一番重要なのは、手なりで土地保有数の多い方に打ち込むとか、相手の手持ちをマイナスにできるからというだけの理由で打ち込むことをぐっとこらえ、”相手の手持ちをアイテム使用不能な値まで下げること”です。

ドレインマジックが同盟相手の手札にある状態ならいざ知らず、特に終盤で相手の魔力をマイナスにするのは多くの場合悪手となります。実際、相方さんがランドレ乱れ打ちした結果、天然トランス効果で土地売り⇒投資⇒土地売り⇒投資の繰り返しで、あっという間にゼネバルコンビに達成されたことがありました……(涙

相方さんにしてみれば、「惜しかった」「高額地へ侵略できなかったから負けた」という感じだったのかもしれませんが、敗因は無計画なランドトランスなんですョ……! ということを、アイコンチャットでは伝えられないのでした。

私も条件反射的にやっちゃったりしたので、自戒の意味も込めて。

 ランドドレインは計画的に!

 

追いつけない反省を踏まえて…… 

メタるだー(by 森陽)
コロッサス1ガセアスフォーム1シニリティ2
オールドウィロウ2パワーブレスレット4シャッター2
コンジャラー2 テレポート2
バーンタイタン4 ドレインマジック2
パイロマンサー2 ファインド1
G・イール3 プロフェシー1
フェイト2 ヘイスト3
ブラッドプリン3 ホーリーワード84
ホーリーラマ2 ランドドレイン4
ランドプロテクト1
リフレクション2
クリーチャー21アイテム5スペル24

こちらは足止めブックですね。もう、足止めは嫌いだのと四の五の言ってられないッ!

アイテムは攻守に使えて、ヘルブレ対策にもなるパワブレを中心に。無効化アイテムを引かれても、一応シニリティ入れてますので……

肝心の柳の置き場所ですが、これは個人的に西砦横の火土地がベストだと思っています。なぜかというと、ここを上げればAIは延々と南を回ってくれるからなんです。あとはランドレで魔力を削りお通夜状態にして、高額地にシニリティをかけていけば事故が起こる可能性が無くなります。

たまに、城横にオールドウィロウを置いて上げる方がいますが、これは間に合わなくなることが多いのでオススメしません。ヤツラは二人合わせて周回魔力2000~2500G手に入れますから、総魔力7000G代で城横の柳を上げようとしても間に合いません。6000G代でも黄信号、レベル2~3の通行料が入っても危ないレベル。

実戦では、狙い通り西砦横に柳を置き、ゼネバルコンビを完封。二人の手持ち魔力が常に2桁という状況なので、イビブラを引かれようとテレキを引かれようと無問題。相方さんが上手かったこともあり、コツコツ魔力を溜めて悠々と達成できました。

ボイラーズさんありがとうございました。

 

聖杯崩し(by 森陽)
バトルギアα1カタパルト1クイックサンド1
リビングスピア1クレイモア1シミュラクラム3
イクストル4ファルコンソード2シャッター3
グラディエーター4ブーメラン1テレポート2
コンジャラー2ボーパルソード1ドレインマジック2
バーンタイタン2 ファインド1
パイロマンサー2 プロフェシー2
スレイプニル2 ヘイスト2
ホーリーラマ2 ホーリーワード84
ランドドレイン4
クリーチャー20アイテム6スペル24

最後に、侵略ブックを一つ。

相手が無効化アイテムを保持していることに注目して、イクストルブックを組んでみました。

無効化アイテムを持っていない場合でも、シミュラクラムをかけて無理矢理無効化させる荒技もOK。同盟相手のブックを見ても、素直に殴って倒すタイプのブックはあんましなかったので(ほとんどシニリティ型)、この方法でも問題なかろうなのです。

実際は、グラディエーターの方が役立ってくれました。リビングスピアやカタパルトをしっかり保持し、侵略した後にシミュラをかければ立派な拠点にもなってくれます。あとは安定のランドドレインですぜ!

 

他にもちょこちょこブックを試してみたのですが、感触良かったのは以上三つ。前回のように「コレだっ!」というブックはできなかったのですが、苦しい中、相方さんと力を合わせてゼネバルを追い詰めるのは中々に楽しい体験でした。

戦績は、45戦26勝、勝率57%。

序盤はけっこう勝ててたのですが、ブックを試行錯誤するうちにこんな感じになりました。自分のミスで負けた試合(アイテムを無駄に使って魔力切れになったり、土地上げの手順を間違えたりetc…)もぽろぽろあったので、これは今後の課題ですね。しかしAIの空き地回収能力&重要地点侵略能力は異常。そんなにクリティカルなダイスばかり、毎試合出すなよーウボァー!

 

最後に。同盟相手の中で一番印象に残ったのは、「粉カタスカオスブック(!)」を使われた方。

パウダーイーター+カタスはよく見るのですが、それにカオスパニックを合わせているのが非常に珍しい。私はたまたま2回ご一緒して、そのどちらもライフォブックを使ったのですが(笑)、要所要所でこちらに使用許可を求めつつ使用されたカオスパニックが、まぁ綺麗に決まること!

粉を空き地に飛ばしつつ、危険な手札を持つゼネバルコンビを遅延させ、2連続で完璧な逆転劇をもたらしてくださいました。ちゃんと使用許可を取ったり、妨害スペルをピンポイントのタイミングで使用してくださる方って貴重。しかも、私がずっと実戦で使いたいなぁと思っていたカオパニをここ、チェーンで決めてくるとは! 感動しました。

なるほど、同盟戦だからこそ光る妨害スペルもあるんだな、と目から鱗。

これだからコープ戦は止められないゼ!

 

この記事への反応

  • unknown155 (2013年10月6日)

    お久しぶりデース。てーとくセプターが他にもいてうれしいキソー。
    呉鎮で遊んでるので、機会があればカルドともどもよろしくお願いしますね。
    ではでは~

  • ShinYohShinYoh (2013年10月7日)

    お久しぶりデース!
    呉鎮いいなぁ。私はカタカナサーバーなのです。(ラバウル)
    いつかは球磨・不知火・川内・潮・長良を鍛え上げて……と考えてますが
    未だ3-4、4-4突破できず。入渠入渠で資源もマッハ。潜水艦はよ。

    たまにはランクマやコープやるのもいいですよ~
    かんこれでもカルドでも、これからもよろしゅうな!です。

  • ShinYohShinYoh (2013年10月7日)

    今ふっと思いついたのだが、艦これからカルドにユーザーを引っ張ってこれないものだろうか。

    艦むすもカード(?)として入手する設定があるような感じだし、
    「カッコよくてキレイなコ達を集める、対戦型カードゲームがあるんだけど」
    という流れで一つ。

    しかしジャンルが違いすぎる!
    対戦型戦略ボードゲームという高い垣根を越える為には萌え擬人化のテコ入れでもしなければならないか。
    「なんと、あのミノタウロスが美少女になって帰ってきた!」
    既存のセプターの離脱が予想される展開。アカンこれ。

    (でもケットシーやブリンクスの擬人化は見てみたい……)

  • unknown155 (2013年10月7日)

    3-4は平均60越えの艦隊でも平気で途中大破するんで、
    気長に回数こなすしかないですね。
    (旗艦の扱い変更+対潜水強化のアップデート前に
     潜水艦で楽して3-4突破しただなんて言えない)

    潜水艦は5-3で活躍が期待できますね。
    ただ、潜水艦削りは疲れるので
    駆逐2入れて決戦艦隊のボスルート確定の方を採用してます。

    九州由来の艦むすは多いですよね。霧島、日向もいますもの。
    バランスの良い艦隊が組めますね。
    僕の地元だと戦艦『土佐』がこない限り由来のありそうな娘がいません。
    今は、仕方なく第六駆逐艦隊と瑞鳳、祥鳳を育ててます。
    ええ、仕方なくですからね!

    >>艦むすもカード(?)として入手する設定があるような感じ
    カードという設定はほぼ死んでますよね。
    カードから召喚せずとも、みんな当たり前のように鎮守府で生活してるんで。

    艦これからカルドに誘導するのは難しいですね。
    任天堂の『2本ソフトを買ったら1本無料ダウンロード』のキャンペーンに
    カルドも含まれているので、それで一時的に人口が増えるかもしれません。

    対戦ゲームは相手がいる分、対戦中のやりとりで問題が発生するので
    艦これみたいな他人とは緩い繋がりで行うゲームとは相性が悪いと思います。

    カルドの萌え擬人化…。
    初期カルドの仄暗い雰囲気がdsでマイルドに、
    3dsだとライトノベル風となったので、やらかすかもしれませんね。
    そのときは、完全に別ゲーとして捉えてプレイしてると思います。

    ケットシー、ブリンクスはケモナーほいほい。
    擬人化すれば、カルドからケモナーがいなくなってしまう恐れが…。
    マイノリティ過ぎる問題だw

コメントを残す