カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » holst » スペクタースペキュレーション~邂逅~

 

この物語はノンフィクションですが、一部修正を加えております。

スペクターと巨像 完 …そして、

前回、スペクターの検証を終えた僕は疲れ果てていました。

「61分の1を見るのになんで150回もかかったんだ…運悪すぎるだろ…orz」

悔しかったので150回分のメモをデータにして集計してやろうと思い立ちます。この時は平均値がいくつか見たかっただけでした。

その時、ある考えが浮かびます。

「あ!もしかしたら70とか極端な数値はでにくいのかもしれない!」

そこで散布図を作成することに。

 

当初、もしかしたらこういうグラフになると思っていました。40に近い数値がでやすく、端に行くほど低くなるなら、150回かかっても不思議ではないからです。

 

しかし結果は予想を超えていました。

 

 !?

あきらかに不自然です。なぜか、しましま模様になってます。

「こんなものを見せられても、私にどうしろと言うのだ…。スペクターは一体何を訴えているのだ…。私の理解を超えている…。そうだ、きっと頭が良くて心が優しく奇特なセプターが解読してくれるはずだ。」

そこで助言を求め、twitterにアップロード。

「すごい!大発見!」     「なるほどー乱数が…」    「どういうことなんですか?」

      「ケットシーの爪痕?」    「あなたはどこまで行ってるんですか」

予想以上にちやほやされてちょっと恥ずかしかったです。

しかし頭が良くて心が優しい奇特な解読班はいない模様…と半ば諦めていた時、とある最強セプターからお便りが。

「2EXでは、このようになっているようです。」

という文と共に一筋のURLが添えられており…

http://zephyr888.blue.coocan.jp/baldan_2nd/bal2_specter/specter02.html

※詳しく知りたい方は是非全文を読んでください。この先も理解しやすくなると思います。

 

 

こ…ここ…この御方は!?

前々回バルダンダース207回変身で深く敬意を表し、前回でもスペクター特集の第2講義をしっかり復習した、バルダンダース大学の高橋UFY校長先生!!

まさか貴方だったとは…。

※注:差出人≠高橋UFYさんです

第2講義はしっかり予習したのに、見逃していたことをどうかお許しください…。そして、この場を借りて転載を許可してくださったzephyrさん、本当にありがとうございます。

先人から学ぶ

高橋UFY校長先生はなんとカルドセプト セカンドエキスパンションにおいて、スペクターのST・HPの(予想)相関図を完成させていました。「根拠のない予想にすぎない」と仰っていますが、同時に「反例は出ておりません」とも述べています。

 

その予想をプロットしたものがこちら

素晴らしすぎます…。かつて一度このコラムを読んだ時、僕は頭がついていけず理解不能でした。しかし、今なら理解できます!この散布図の素晴らしさを!

そして感動した僕は、先生に深い敬意を払いながら、同じ道を辿ることにしました。

 プロットしてみる

まずは同じようにプロットしてみます。ツールなんてないので、手作業でやってみました。デザインは比較しやすいよう、あえて真似ています。

 

その結果がこちら

 

 不備がありST/HP表記がありませんが、左上が始点で縦軸がST/横軸がHPとなっております。

緑の点は誤測と判断し、今後取り除きます。ご了承ください。

なんか似ているけど微妙に薄いというか細いというか…。そんな感じになってますね。

 

そこで先生のプロットと重ねてみました。

※この画像は合成・加工を加えてあります。

■:2EXの予想 ■:3DSのプロット ■:2点が重なった点

頭の良い方ならもう見えてきているかもしれませんが、僕にはまだ理解不能です。

ただなんとなく分かるのが、下に下がってきている感じ横に伸びてる感じです。

少なくとも2EXとは違うことが分かります。

予想してみる

次に予想図を作ります。その前にもう一度見てみましょう。

5本+小さい1本の筋があることが分かります。まずこれを大直線と考えます。

次に注目していただきたいのが中央やや左テトリスのL字のようになっている部分があり、さらにその左右には離れた点があります。

ここを起点とし、ちょうど1つの長さと接点ではないかと睨み、6点ずつの小直線として考えます。

そしてそれを延長し、他の大直線もそれに倣ってプロットしていきます。

 

完成品がこちら

 ■:実測点 ■予想点 

 なんかすごいのができました。

我ながらキレイな図ができました。

僕の力では150回もデータを取ってL字ができなければ作れなかったかもしれません…。

早速先生のプロットと重ねてみましょう。

 

■:2EXの予想 ■:3DSの予想 ■:2点が重なった点

キレイに対応している!

予想図の規則性と、この重ねた点での規則性から見るに、予想図の信憑性は高いでしょう。

算出してみる

実際これがなんなのかというと、『スペクターの数値はSTをランダムに決めた後、それに対応したHPを算出している』ということです。

その算出方法も先生に倣って考えてみました。

  1. STを10~70の範囲で、ランダムに決定する。
  2. STに5をかけ、23を加える
  3. 61で割り、その余りに10を加える
  4. ランダムに0~5を加える

 これでHPが求めることができます。

例えばSTが59になった場合、59×5=295、295+23=318、318÷61=5余り13、13+10=23。この23が小直線の左端です。振れ幅は+5なのでHPは23~28に決まります。

同様に表も作成しました。長いのでスクロール推奨。

ST HP
10 22 23 24 25 26 27
11 27 28 29 30 31 32
12 32 33 34 35 36 37
13 37 38 39 40 41 42
14 42 43 44 45 46 47
15 47 48 49 50 51 52
16 52 53 54 55 56 57
17 57 58 59 60 61 62
18 62 63 64 65 66 67
19 67 68 69 70 10 11
20 11 12 13 14 15 16
21 16 17 18 19 20 21
22 21 22 23 24 25 26
23 26 27 28 29 30 31
24 31 32 33 34 35 36
25 36 37 38 39 40 41
26 41 42 43 44 45 46
27 46 47 48 49 50 51
28 51 52 53 54 55 56
29 56 57 58 59 60 61
30 61 62 63 64 65 66
31 66 67 68 69 70 10
32 10 11 12 13 14 15
33 15 16 17 18 19 20
34 20 21 22 23 24 25
35 25 26 27 28 29 30
36 30 31 32 33 34 35
37 35 36 37 38 39 40
38 40 41 42 43 44 45
39 45 46 47 48 49 50
40 50 51 52 53 54 55
41 55 56 57 58 59 60
42 60 61 62 63 64 65
43 65 66 67 68 69 70
44 70 10 11 12 13 14
45 14 15 16 17 18 19
46 19 20 21 22 23 24
47 24 25 26 27 28 29
48 29 30 31 32 33 34
49 34 35 36 37 38 39
50 39 40 41 42 43 44
51 44 45 46 47 48 49
52 49 50 51 52 53 54
53 54 55 56 57 58 59
54 59 60 61 62 63 64
55 64 65 66 67 68 69
56 69 70 10 11 12 13
57 13 14 15 16 17 18
58 18 19 20 21 22 23
59 23 24 25 26 27 28
60 28 29 30 31 32 33
61 33 34 35 36 37 38
62 38 39 40 41 42 43
63 43 44 45 46 47 48
64 48 49 50 51 52 53
65 53 54 55 56 57 58
66 58 59 60 61 62 63
67 63 64 65 66 67 68
68 68 69 70 10 11 12
69 12 13 14 15 16 17
70 17 18 19 20 21 22

変移とひとつの予想

では2EXと比較して、スペクターはどう変化したのでしょうか。

うまく説明しづらいですが『1つのSTに対応したHPの幅がなくなった』と考えると分かりやすいです。

視覚的には赤い点(2EX)を左右に圧縮したのが青い点(3DS)であると思われます。

※このへんは僕もよく分かってません;間違ってたらゴメンナサイ。

そこで平均値を計測しましたが、どちらも平均は40/40でした。

つまり、『実際のところ変わってない』です。まぁ当然ですね。

しかし、細かいところに注目してみましょう。

たとえばST50の時、HPは2EXでは[37,41,45,49,53,57]でしたが、3DSでは[39,40,41,42,43,44]

同様にST31の時、2EXでは[11,15,19,23,64,68]3DSでは[10,66,67,68,69,70,]

となり、落ち着いた数字を出すようになりました。

すなわち、『スペクターはちょっぴりクールになった』のです。

もしくは、『スペクターは力を制御しつつある』のでしょう

 

さらに、まだ変わったところがあります。

2EXでの最弱ステータスはST17/HP10でしたが、3DSの最弱ステータスはST19/HP10です。

『スペクターは弱点をほんの少し克服した』のです。それはもう、6歳の子供がほうれん草を食べられるようになるくらい。

 

では最強ステータスはどうでしょうか。2EXでは68/70でした。

なんと3DSでも最強ステータスは68/70です!

 

そして僕はひとつの予想を考え、このレポートを締めくくりたいと思います。

 

宮ソフトは最強のスペクターを基にグラフを作っている』

と。 

注意してほしいこと

この結果はただの予想にすぎませんし、僕自身高橋UFYさんほど精巧にできた人間ではないので、間違っている可能性も大いにあります。

それと算出方法が分かったからといって、実戦でスペクターの出る数値が分かるわけではありません。

分かるのはあくまで『出うるステータス』ですが、だからといって実戦中および感想戦などで

「あそこでスペクターがこんな値だったら!」

という人に対し、冷めた意見を言うのは野暮だと思います。たしかにデータ上『10/10のスペクター』『70/70のスペクター』存在しないことになります。しかしそれでも人は『10/10のスペクター』『70/70のスペクター』という夢を追いたくなるものです。なのでここでの話は絵空事だと思ってもらってかまいません。

これからもスペクターを使役する際は『祈って』ください。『愛して』ください。スペクターはあなたの想いが強いほど強くなると思ってください-(バルダンダースもいるけど)-

こんな記事まで書いた僕ですが、冒頭の平均値はST38.12/HP38.42でした。まだまだ愛が足りないようです…。

おまけ

前回の記事冒頭にあった某動画の制作者は75回戦闘を行ったらしいのですが、動画内では3つのサンプルしかあげられていませんでした。この3つのサンプル(カルドセプトサーガ)をプロットしてみると…。

■:サーガのプロット

なんと2EX・3DSどちらとも重なっていません。しかし大直線から近い位置を示しているように見えます。このことから恐らくサーガにはサーガの法則があると思われます。流石に僕はもうやりません。奇特なセプターがいましたら、どうか検証してみてください。

この記事への反応

  • weatheringweathering (2013年3月5日)

    もし攻略系同人誌「カルドセプト マニアックス」を出版することになったら最初に声をかけさせてください。

  • alphaalpha (2013年3月5日)

    ST・HP計算式が線形合同法っぽいもので作られてますね。
    何か関係あるのかな?

  • holstholst (2013年3月6日)

    weatheringさん>
    なんですかそれw

    alphaさん>
    長らく数学触れてないのでもうサッパリですorz
    これ以上の考察は僕にはできませんorz

ユーザー情報

holst holst
@gustavholst4
4038-7047-2323

カルド覇道を突き進む中級者中の中級者。戦闘タイムテーブルが得意。

ウィジェットが設定されていない場合、ここが表示されます。

  • セプタータグ(Revolt) 静的
  • セプタータグ(3DS)
  • セプタータグ(DS)