カルドブログ

だれでも書ける みんなで作る カルドセプトのブログ★

トップページ » ひろよし » 侵略本のにほへと

カルドセプトリボルトは目標魔力を達成すると勝利できるゲームです。

リボルト環境になって目標達成が20R前後になりました。

前の記事でも書きましたが20Rで達成するにはラウンドゲイン、ゲート(周回)ボーナス以外に約1000G必要になります。

「走り」とはその1000Gを自分で稼ぐ戦略。

「侵略」はその1000G分を人から奪う、つまり「人の褌で相撲を取る」戦略です。

「自分で」ではなく「人から」これが侵略本の難しいところです。

しかし高額を落とすのは間違いなく楽しいです。

侵略本の目標

目標魔力8000Gでは

・LV4×2(1120G分)を奪取し、自分の属性にする

・LV5(1200G分)を奪取し、自分の属性にする

です。

もちろんそれだけではなく5連鎖作り、自分でLV5を1つとかLV4を2つ作らないと目標達成できません。しかしそれは20Rくらいにはラウンドゲイン、ゲート(周回)ボーナスで賄えます。

ブック構築

・シフトは基本4枚

侵略の主役はまず神龍(ティアマトテュポーンバハムートヨルムンガルド)、と地シルバンダッチェスあたりが考えられますがWシンボルです。なのでこれらをできるだけ早い段階から配置できると後半有利に戦えます。また神龍以外で高額奪取した時に速やかに地変することによって奪い返されるリスクを軽減できます。

※自力地変は?
LV4の自力地変は600G、それなら自分でLV4(560G)作れます。あまりいい手ではないように思えます。相手を遅延することはできますが。

・マジカルリープも4枚

隙がある時間は短いです。必要な時に直踏み(司令塔)侵略できるように4枚積むのがいいと思います。序盤に出てきたら水領地にティアマトを配置しておくのもいいかもしれません。もちろん普通に周回短縮にも使えます。

・防具より呪いで守る

侵略には手札が複数枚必要な場合が多いです。防具で守ろうとすると手札が圧迫されるのでプラス呪い(ボーテックス、ピースなど)で守る方向で考えましょう。

☆4枚積む意味
4枚必要か?必要ないかもしれません。しかし必要なタイミングで引くことが重要なのです。リボルトで20R決戦になってブックを1周させることはほとんどなくなりました。余ったら捨てたらいいのです。

ブックサンプル

火殴り

主役はもちろんティアマトです。同色メタでパイロマンサーガスクラウド(←横づけしていても警戒されない)を入れています。ターンウォールで出てくる壁は防具使えないので防具たくさん抱えて安心しているセプターに効果的です。
☆女神杯決勝で使用

水殴り

バハムートは火力はないですがハイドがいるのでチャンスが複数回作れます。あとシニリティ+アプサラスのコンボもあります。

地殴り

ヨルムンガルドはちょっと使いづらいです。しかしエースシルバンダッチェスで奪い、サクヤでケアという技ができます。他にはプラックタスカースクリーマー+ディスクなど(こっちもサクヤでケア)のコンボがあります。
☆マガタマーマジカル決勝で使用

風殴り

主役はテュポーン。もし風が被っていない場合、グレムリングローブもかなり強力です。スレイプニルクラウドリズモは侵略を支援してくれます。

プレイング

エースクリーチャー、武器、マイナス呪いなどで手札が一杯になるので防具は少なめです。なので奪ってからの時間が長いと奪い返されてしまうことがあります。ゴールまでの距離、相手の隙などを考えてプレイしましょう。高額奪取してから3Rくらいでゴールできるのが理想です。(3手詰めも覚えましょう)

参考動画(ゴールドバグ10000G)

奪った領地 LV5,LV4,LV3×2
奪われた領地 LV3
※LV1は除く

この記事への反応

コメントを残す

登録ユーザーのかたはログインしてください [ログイン]

unknown